電子交換機(でんしこうかんき)は、蓄積プログラム方式を制御に用いる電話交換機である。アナログ信号で中継交換するため、アナログ電子交換機とも呼ばれる。

歴史編集

米国ベル研究所によって開発され、1965年にNo.1ESSが公衆交換電話網用として実用化された。

日本では1972年にD10形交換機が銀座局で、1973年にD20形交換機が運用を開始した。1997年12月17日、NTT姫路支店管内の曽根別館ビルのものを最後に、デジタル交換機に置き換え完了した[1]

特徴編集

布線論理であるクロスバー交換機と比較して、以下の特徴をあげることが出来る。

  • 蓄積プログラム制御になったため、各種のサービスを低コストかつ短期間で実装出来るようになった。
  • 電磁回路から電子回路による制御になったため、制御動作がきわめて高速になった。また、集積回路を使用することで、制御装置がさらに小型化された。

通話路編集

通話路制御方式として空間分割 (Space Division) を用い、通話路スイッチを多段構成して多くの回線を接続していた。また、通話路リレーとして、初期には小型クロスバースイッチ、後に多接点封止形スイッチ (Sealed Multi-Contact Matrix) が用いられた。

BORSCHT機能を加入者線間で共用している。

クロスバー交換機と同様に、アナログ信号で中継交換され、通話品質が向上したとは言い難い。

制御方式編集

中央処理編集

中央処理装置は、コンピュータそのものであり、蓄積プログラム制御されている。ソフトウェアを書き換えることで機能の追加改訂を行うことが出来る。

入出力編集

加入者線間で共用されているトランクと呼ばれるアナログ回路で、呼び出し音・話中音などの音声信号を発生さて、通話路の監視・信号の処理を共通制御している。

共通線信号線編集

共通線信号No.6に対応していた。そのため、移動体通信・柔軟課金が可能となった。

ソフトウェア開発編集

ソフトウェア開発には、状態遷移図仕様及び記述言語が用いられた。

日本での交換機形式編集

  • D10形 : 大規模局用
    • D10-R1 : 遠隔制御
  • D20形 : 中規模局用
  • D30形 : 小規模局用

開発者編集

エイモス・エドワード・ジョエル(en:Amos E. Joel Jr.)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集