電撃的東京』(でんげきてきとうきょう)は、1978年(昭和53年)6月21日に発売された日本のカヴァー・アルバムコンセプト・アルバムである。近田春夫&ハルヲフォンのラストアルバムである。

電撃的東京
近田春夫&ハルヲフォンカバーアルバム
リリース
録音 1978年
ジャンル ロック歌謡曲
時間
レーベル キングレコード
プロデュース 近田春夫
近田春夫&ハルヲフォン アルバム 年表
ハルヲフォンレコード
1977年
電撃的東京
1978年
テンプレートを表示

概要・略歴編集

1977年(昭和52年)10月から、ニッポン放送深夜ラジオ番組オールナイトニッポン』の「火曜2部」( - 1979年3月)の『近田春夫のオールナイトニッポン』のパーソナリティに就任[1]、放送中の2時間に、自身の独自の視点に基づく解説付きで、大量の歌謡曲をかける[2]ことで知られた近田春夫は、1978年、雑誌『POPEYE』(平凡出版、現マガジンハウス)で『THE 歌謡曲』の連載を開始[3]、「歌謡曲批評家」としても知られるようになった。その流れのなかで、「批評家としてのスタンス」と「ロックアーティストとしてのスタンス」を融合させたアルバムワークが本作である。

1960年(昭和35年)、近田が小学4年生であったときのスリーファンキーズのデビュー曲『でさのよツイスト』から、本作リリースの前年である1977年のヒット曲、森進一の『東京物語』、JJSの『ラストショー』、フォーリーブスの『ブルドッグ』まで、11曲のカヴァーと、唯一のオリジナル楽曲『恋のT.P.O.』が収められている。カヴァーされた作曲家では、筒美京平都倉俊一加瀬邦彦の3名が2曲ずつ、作詞家では、橋本淳阿久悠の2名が2曲ずつ選ばれている[4]

ヴォーカルは基本は近田だが、のちにシングルカットもされた『きりきり舞い』および『東京物語』では、前者が同バンドのベーシスト高木英一、後者がおなじくギタリスト小林克己がつとめた。この2作は1枚のシングル『きりきりまい』として同年シングルカットされたが、このシングルでの『きりきりまい』は、アルバムでの『きりきり舞い』とはヴァージョンが違う。

本作が「ハルヲフォン」の最後のアルバムとなり、近田の次のアルバムはソロアルバム『天然の美』(1979年)であった。

また、歌謡曲カヴァーの本作のほかに、GS(グループ・サウンズ)をカヴァーする企画も存在したが、実現はしなかった。その際に録音した音源は長らくお蔵入りであったが、1994年(平成6年)6月22日に発売された『ハルヲフォン・メモリアル』に『ノー・ノー・ボーイ』や『ブルー・シャトウ』等が収録された[5]

1989年(平成元年)以来、4回にわたって、シングル『ロキシーの夜』およびそのB面曲『闇にジャックナイフ』をボーナストラックに収めたCDが発売されており、現在でもこの全曲を聴くことができる[6]。また、シングルヴァージョンの『きりきりまい』は、1999年(平成11年)に発売されたオムニバスCD『キング・ニューロック・シングル集 ファンキー・ダッコNo.1』で初めてCD化された。

収録曲編集

  1. ついておいでシャープ・ホークス1966年
  2. 恋の弱味郷ひろみ1976年
  3. 東京物語森進一1977年
  4. きりきり舞い山本リンダ1973年
    • 作詞:阿久悠、作曲:都倉俊一、編曲:近田春夫
  5. 真夜中のエンジェル・ベイビー平山三紀1975年
    • 作詞:橋本淳、作曲:筒美京平、編曲:近田春夫
  6. ラストショーJJS、1977年)
  7. でさのよツイストスリーファンキーズ1960年
  8. 情熱の砂漠ザ・ピーナッツ、1973年)
  9. 気になるお前沢田研二、1973年)
  10. ブルドッグフォーリーブス、1977年)
  11. 人間狩りピーター1974年
  12. 恋のT.P.O.(オリジナル)
    • 作詞・作曲・編曲:近田春夫
  13. ロキシーの夜(1978年のシングルA面) - CDのみのボーナストラック
  14. 闇にジャックナイフ(1978年のシングルB面) - CDのみのボーナストラック
    • 作詞:島武実、作曲:筒美京平、編曲:佐孝康夫

関連事項編集

編集

  1. ^ オールナイトニッポンのパーソナリティ一覧」の項の記述を参照。
  2. ^ ムード歌謡GSアイドル歌謡などを並列に分析、紹介。
  3. ^ 近田春夫」の項の記述を参照。
  4. ^ #収録曲の項の記述を参照。
  5. ^ #外部リンクYahoo! ミュージック「ハルヲフォン・メモリアル」の項の記述を参照。
  6. ^ #外部リンクYahoo! ミュージックの各項の記述を参照。

外部リンク編集