電撃G's Festival! COMIC

電撃G's Festival! COMIC』(でんげきジーズフェスティバル コミック)は、KADOKAWA アスキー・メディアワークスが発行する日本漫画雑誌。『電撃G's magazine』増刊[1]

2007年11月26日に『電撃G's magazine』の増刊である『電撃G's Festival!』より派生する形で発刊。Vol.2からVol.7は、ほぼ季刊ペース、Vol.8以降は隔月ペースで刊行されている。『G's Festival!』本誌と同様に付録の内容で価格が前後し、平均3500円前後と漫画雑誌の中では高価な部類に入る価格設定が特徴。

掲載作品は『G's』本誌で連載されている作品の番外編・移籍作品・美少女ゲーム漫画化作品が中心となっている。表紙や付録の題材となる特集作品は、基本的には掲載する漫画の中から選ばれるが、Vol.23以降は漫画掲載のないアニメ作品を特集する号もある。

Vol.27からアニメ作品のコミックアンソロジーが増え、Vol.33 - 39では収録作品の中核をなしていた。

Vol.42をもって刊行を終了し、連載中の漫画は『電撃G'sコミック』へと移籍した。

目次

各号の内容編集

号数 発売日 表紙 付録
Vol.1 2007年11月26日 CLANNAD 戦国ランス』上杉謙信描き下ろし抱きマクラカバー、『CLANNAD』マウスパッド、『ToHeart2 AnotherDays』携帯クリーナー
Vol.2 2008年4月26日 FORTUNE ARTERIAL 『FORTUNE ARTERIAL』千堂瑛里華湯上がりマイクロファイバータオル、『夜明け前より瑠璃色な』フィーナ姫携帯クリーナー、『FORTUNE ARTERIAL』東儀白パスケース
Vol.3 2008年7月26日 リトルバスターズ!エクスタシー 『リトルバスターズ!エクスタシー』マイクロファイバータオル、『CLANNAD』B2おやすみポスター、『リトルバスターズ! エクスタシー』A6メモ帳
Vol.4 2008年10月25日 俺たちに翼はない 『俺たちに翼はない』玉泉日和子特大マイクロファイバータオル、『SHUFFLE!Essence+』芙蓉楓携帯クリーナー、『マリッジロワイヤル』美久&美宇マウスパッド
Vol.5 2009年1月26日 夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle- 『夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-』MOONLIGHT BOX(フィーナ湯上りマイクロファイバータオル、エステル携帯クリーナー、ミアパスケース)
Vol.6 2009年4月25日 D.C.II 〜ダ・カーポII〜 『D.C.II 〜ダ・カーポII〜』朝倉音姫等身大抱きマクラカバー
Vol.7 2009年7月25日 ToHeart2 『ToHeart2』向坂環等身大抱きマクラカバー
Vol.8 2009年10月26日 戦国ランス 『戦国ランス』上杉謙信フィギュア
Vol.9 2009年12月26日 真・恋姫†無双 〜乙女繚乱☆三国志演義〜 『真・恋姫†無双 〜乙女繚乱☆三国志演義〜』劉備等身大抱きマクラカバー
Vol.10 2010年2月23日 マリッジロワイヤル 『マリッジロワイヤル』秋田小町新婚初夜抱きマクラカバー
Vol.11 2010年4月26日 真・恋姫†無双 〜乙女大乱〜 『真・恋姫†無双 〜乙女繚乱☆三国志演義〜』曹操ドS抱きマクラカバー
Vol.12 2010年6月26日 真剣で私に恋しなさい! 『真剣で私に恋しなさい!』川神百代最強抱きマクラカバー
Vol.13 2010年8月26日 戦国ランス 『戦国ランス』お風呂上がり上杉謙信マイクロファイバービッグタオル
Vol.14 2010年10月26日 Angel Beats! 『Angel Beats!』“天使”のほほえみ抱きマクラカバー
Vol.15 2010年12月22日 Angel Beats! 『Angel Beats!』小悪魔♥ユイ抱きマクラカバー
Vol.16 2011年2月23日 真剣で私に恋しなさい! 『真剣で私に恋しなさい!』まゆっち美尻抱きマクラカバー
Vol.17 2011年4月26日 Rewrite 『Rewrite』神戸小鳥放課後の戯れ…♥抱きマクラカバー
Vol.18 2011年6月23日 ロウきゅーぶ! 『ロウきゅーぶ!』湊智花“どきどきYシャツ”抱きマクラカバー
Vol.19 2011年8月26日 ロウきゅーぶ! 『ロウきゅーぶ!』香椎愛莉“お帰りなさいませご主人様♥”抱きマクラカバー
Vol.20 2011年10月26日 真剣で私に恋しなさい! 『真剣で私に恋しなさい!』川神百代“猫耳しっぽ”抱きマクラカバー
Vol.21 2011年12月26日 アイドルマスター2 『アイドルマスター2』星井美希マイクロファイバービッグタオル
Vol.22 2012年2月27日 あっぱれ!天下御免 『あっぱれ!天下御免』徳河吉音“暴れん坊姫様”抱きマクラカバー
Vol.23 2012年4月24日 アクセル・ワールド 『アクセル・ワールド』黒雪姫シャワータペストリー
Vol.24 2012年6月26日 恋と選挙とチョコレート 『恋と選挙とチョコレート』東雲皐月“いけない放課後”抱きマクラカバー
Vol.25 2012年8月25日 ソードアート・オンライン 『ソードアート・オンライン』アスナ マイクロファイバービッグタオル
Vol.26 2012年10月26日 リトルバスターズ! 『リトルバスターズ!』来ヶ谷唯湖“いっしょにシャワー”タペストリー
Vol.27 2012年12月26日 リトルバスターズ! 『リトルバスターズ!』三枝葉留佳“いっしょにシャワー”タペストリー
Vol.28 2013年2月26日 リトルバスターズ! 『リトルバスターズ!』西園美魚“いっしょにシャワー”タペストリー
Vol.29 2013年4月26日 ラブライブ! 『ラブライブ!』南ことり 水着で誘惑♥シャワータペストリー
Vol.30 2013年6月26日 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』高坂桐乃 抱きマクラカバー ネコ耳Ver.
Vol.31 2013年8月26日 ロウきゅーぶ!SS 『ロウきゅーぶ!SS』袴田ひなた 抱きマクラカバー 浴衣Ver.
Vol.32 2013年10月26日 ラブライブ! 『ラブライブ!』高坂穂乃果&南ことり シャワータペストリー
Vol.33 2013年12月26日 ソードアート・オンライン 『ソードアート・オンライン』アスナ シャワータペストリー 水着Ver.
Vol.34 2014年2月26日 ラブライブ! 『ラブライブ!』西木野真姫 シャワータペストリー
Vol.35 2014年4月26日 ラブライブ! 『ラブライブ!』矢澤にこ シャワータペストリー
Vol.36 2014年6月26日 ラブライブ! 『ラブライブ!』絢瀬絵里 シャワータペストリー
Vol.37 2014年8月26日 ソードアート・オンラインII 『ソードアート・オンラインII』シノン シャワータペストリー
Vol.38 2014年10月27日 ソードアート・オンラインII 『ソードアート・オンラインII』アスナ シャワータペストリー
Vol.39 2014年12月26日 結城友奈は勇者である 『結城友奈は勇者である』東郷美森 抱きマクラカバー
Vol.40 2015年2月26日 ラブライブ! 『ラブライブ!』園田海未 シャワータペストリー
Vol.41 2015年4月25日 ラブライブ! 『ラブライブ!』星空凛 シャワータペストリー
Vol.42 2015年6月26日 ラブライブ! 『ラブライブ!』東條希 シャワータペストリー

掲載作品編集

番外編編集

漫画化編集

コミックアンソロジー編集

オリジナル編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 電撃姫』や『電撃ホビーマガジン』『電撃萌王』増刊である場合もあるが、内容には影響しない。
  2. ^ 単行本第1巻発売記念として、第1 - 3話を掲載。
  3. ^ 単行本第8巻発売記念として、第1話を掲載。
  4. ^ 「出張版」として『電撃G'sコミック』Vol.4掲載の第1話を、終盤の展開を追加した形で収録。
  5. ^ 単行本第9巻発売記念として、第1話を掲載。
  6. ^ 以降、『電撃G's magazine』へ移籍。
  7. ^ a b c d 『電撃G's magazine』本誌より移籍。
  8. ^ Vol.32の次号予告には掲載されていたが、そのまま中断した。
  9. ^ 月刊コミック電撃大王』連載の同作画担当によるコミックのプロモーションコミック。
  10. ^ 『電撃G's magazine』の最終掲載分では、本雑誌に移籍するような旨が書かれていたが、本雑誌での掲載はVol.2のみであり、次号以降の掲載告知は掲載されていない。紙面の単行本広告でも、Vol.2掲載の原稿まで収録された第1巻を以て「全1巻」とされている。
  11. ^ Navelのブランドマスコットキャラクターが『俺たちに翼はない』『SHUFFLE!Essence+』を紹介するプロモーションコミック。
  12. ^ 単行本には『真剣で私に恋しなさい!after party!!』と副題が付されているが、連載は主題のみのままである。
  13. ^ 全編描き下ろしの単行本第1巻から第1話を掲載。
  14. ^ 単行本には『リトルバスターズ!エクスタシー 朱鷺戸沙耶 〜SCHOOL REVOLUTION〜』と副題が付加された。
  15. ^ 2006年に休刊した『電撃帝王』からの移籍。再刊された単行本には『キョウハクDOG's -Another Secret-』 と副題が付されているが、連載は主題のみのままである。
  16. ^ Vol.20までは次回予告に掲載されていたが、そのまま中断した。
  17. ^ Vol.1のみ『出張版』として7ページコミックを掲載。Vol.2以降は4コマひとつの『番外編』となる。Vol.4からは目次に載らず、担当者または読者コーナーの一部扱いになった。