電機メーカー(でんきメーカー)とは、家電と呼ばれる軽電製品(テレビ洗濯機電気調理器具空調機器照明デジタルカメラなど)や重電製品(発電機変圧器電池などの電力設備)、コンピュータ製品・オフィス機器(スマートフォンパーソナルコンピュータサーバプリンターコピー機)、医療機器(MRICTなど)、電子部品(LSIなどの半導体モーターなど)、産業用電気製品(産業用電動機産業用ロボットなど)、電動輸送機器(電車昇降機など)、自動車船舶用の電子機器、航空宇宙機(民間用航空機人工衛星宇宙探査機ロケットなど)用の電子機器、兵器(軍用機、ミサイルなど)用の電子機器等、これらの電気製品をどれか一つでも手掛けているメーカーのことである。電機とは電気機械の略である。

概要編集

電機メーカーの製品は、最終製品部品中間財)か、個人消費者向け企業や社会インフラ向けか、などの分類ができる。また、その製造形態においては、垂直統合水平分業といった区別ができる。製造業は第三次産業と違い、製品が「見える」ことから、家電製品や自動車など消費者がよく目にする製品のメーカーは一般における認知度が高い。しかし産業用設備や電子部品の製造業者になると、たとえ世界市場におけるシェアがトップクラスであっても一般の認知度が低い。上述の製品のうち多くの分野を手掛けているものは、総合電機メーカーといい、主に家電製品を手掛けているメーカーは家電メーカーと呼ばれる。さらに、電力機器メーカー(重電メーカー)や電子部品メーカー、その他の電機製品を手掛けるメーカーなどが存在する。

電力産業は、電球の発明によりガス灯を置き換えるべく、19世紀に始まった。これ以降、様々な電機製品が発明されていくことになった。 蓄音機はその初期の発明であり、続いて電話ラジオテレビの送受信機が開発された。また20世紀に入ると、様々な家電製品が発明された。最初のデジタル・コンピュータは1940年代に開発され、1990年代にはパソコンが一般に広く普及するようになった。21世紀に入って、電機製品の多くは電子機器によってデジタル制御されている。2010年代には、インターネットにつながるIoT、またOSAIを搭載したスマート◯◯がバズワードとなっている(機械化→電化→デジタル化→ネットワーク化・スマート化の流れ)。このため、近年では、家電やコンピュータ製品だけでなく、自動車や重工業も電化、プログラム化されてきているため、電機メーカーやソフトウェアメーカーの範囲が拡大してきている(多くの製造業が電機・ソフトウェアを扱っていると言える)。

大学や企業研究所の基礎研究の成果を製品化につなげるには様々なノウハウの蓄積が求められる。要素技術を地道に積み上げ、生産ラインを改善し、不良品率を減らし、安定した品質・性能の製品を量産し、企業の収益につなげるには、基礎研究とは違った難しさがある(死の谷も参照)。

幅広い製品の製造や研究開発などの視点から多額の資金および多数の従業員が必要なため、自動車メーカーと並び一般に非常に大規模な企業が多い。日本企業(全業種)の連結従業員数で上位企業の多くを自動車メーカーと電機メーカーが占める[1]。こういった点からも日本の基幹産業であるという事実がうかがえる。ここで従業員とは、正社員だけでなく、契約社員・嘱託社員・派遣社員・パートタイマー・アルバイトなどの非正社員も含んだ企業の全被雇用者を言う[2]

歴史編集

電気産業の歴史は、150年ほど昔に遡ることができる。19世紀後半にトーマス・エジソンが電球や発電所・電線などの送電システムを発明し、電気産業が誕生した。日本では、明治維新により欧米の制度や技術導入を国策(脱亜入欧)とした明治時代、1882年に東京で初めての電灯が灯され、東芝などこの頃に創業された企業も存在する。

戦前には電話やラジオなどの送受信機も作られ、1925年にはシャープが日本で初めてのラジオを発売した。戦後、日本の電機メーカーは白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫といった「三種の神器」や、「3C」と称された自動車・クーラー・カラーテレビなどを生産し、人々の生活と高度経済成長を支えてきた。1970年代以降も、日本の電機メーカーは欧米と比べ安い為替や長い労働時間を背景にした高い品質保証力・技術開発力を活かし、DVDレコーダーやデジカメ、半導体メモリなど、様々な分野で世界トップの売上高を誇っていた。(参照

日本の電機メーカー編集

事業領域によって便宜上以下に分類する。そのため、事業分野を直接明示していない企業も含まれることに注意されたい。

事業領域が以下の分類において複数にまたがっているものについては、収益の高い分野に分類する。併記の売上高は、特筆がない限り2021年3月期決算(連結)

電気機器の製造を中心事業とする売り上げ上位10社は、ソニー日立製作所パナソニック三菱電機富士通キヤノン東芝日本電気(NEC)、 シャープリコーの順である[3]

総合電機メーカー編集

家電などの家庭向け製品に加え、電力機器や輸送機器、産業機器などの社会インフラ系の電機製品、重工業を手がけることが特徴である。ただし海外企業との競争激化により家電部門を海外企業に売却するなど事業再編の動きも見られる。

  • 日立製作所(売上高: 8兆7291億円)- 電力機器・輸送機器・産業機器・医療機器・家電・ITサービス
  • 三菱電機(売上高: 4兆1914億円)- 電力機器・輸送機器・産業機器・住宅設備・車載装置・家電・人工衛星
  • 東芝(売上高: 3兆3898億円) - 電力機器・輸送機器・半導体製造装置

家電メーカー編集

中韓企業との競争が激しい分野であり、競合相手として韓国企業のサムスン電子LGエレクトロニクス、中国企業のハイアール美的集団などが挙げられる。シャープは台湾フォックスコン・テクノロジー・グループホンハイ傘下である。

かつて存在した家電メーカー

  • 三洋電機 - 「サンヨー」ブランドは家電以外でも知られ、コインランドリー向け業務用洗濯機では国内でトップシェアを誇っていた。2011年(平成23年)4月1日付でパナソニックの完全子会社となり、両社で重複する冷蔵庫部門はハイアールとの合弁企業、洗濯機部門はハイアールへ売却され、それぞれが改称、会社分割、吸収合併を経て統合され、「アクア」となった。

情報・通信機器メーカー編集

  • 富士通(売上高: 3兆5897億円)- 通信機器・サーバ・スーパーコンピュータ・ITサービス
  • 日本電気 (NEC)(売上高: 2兆9940億円)- 通信機器・サーバ・スーパーコンピュータ・人工衛星・ITサービス
  • 沖電気工業(売上高: 3520億円)- 通信機器 (2022年3月期)
  • 日本無線(売上高:1429億円)
  • FCNT(売上高:965億円)(2021年3月期)-富士通の携帯電話事業が独立し設立された企業

音響・映像機器メーカー編集

パイオニアおよびディーアンドエムホールディングスは海外資本傘下となっている

かつて存在した音響機器メーカー

光学機器・精密機器メーカー編集

重電メーカー・電力機器メーカー編集

照明器具メーカー編集

空調機器メーカー編集

かつて存在した空調機器メーカー

ゲーム機器メーカー編集

重工系メーカー編集

自動車メーカー編集

メカトロニクス系メーカー編集

電子部品メーカー編集

ほか

信号機及び道路・鉄道交通関連機器メーカー編集

日本以外の電機メーカー編集

製品の設計のみを自社で行い、製造は外部に委託するファブレス企業も含む。

アメリカ編集

ドイツ編集

フランス編集

オランダ編集

フィンランド編集

スウェーデン編集

スイス編集

イギリス編集

トルコ編集

韓国編集

中国編集

台湾編集

関連する団体編集

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集