メインメニューを開く
艦歴
計画 1896年度[1]
起工 1897年11月[1]
進水 1899年1月28日[1]
就役 1899年4月25日[1]
その後 1909年12月16日沈没[1]
除籍 1910年9月15日[1]
売却 1910年9月16日[1]
性能諸元
排水量 305t(公試)
全長 68.4m
全幅 6.26m
吃水 1.58m
機関 レシプロエンジン2軸、6,000馬力
最大速 31.0ノット
兵員 55名
兵装 8cm砲×2、6cm砲×4
45cm魚雷発射管×2

(いなづま)は、大日本帝国海軍駆逐艦で、雷型駆逐艦の2番艦である。同名艦に吹雪型駆逐艦(「特III型、暁型」)の「」がある為、こちらは「電 (初代)」や「電I」などと表記される。

目次

艦歴編集

1899年4月25日、竣工。同月26日に出航し[2]、同年6月25日、横須賀に到着。

1904年(明治37年)に日露戦争が勃発した際には第1艦隊第2駆逐隊に所属していた。同年2月8日旅順港奇襲攻撃にも参加している。同作戦中、第2駆逐隊からはぐれてしまい、後続の第3駆逐隊(薄雲Ⅰ漣Ⅰ東雲Ⅰ)と共に攻撃を行った[3]

1909年(明治42年)12月16日午後5時30分、高速試験終了後に函館を目指していた電は函館南方の葛登支岬北西約2マイルの海上で千島汽船の商船錦龍丸(660t)の前方を横切ろうとし、右舷後部が錦龍丸の船首と衝突。その後錦龍丸に曳航を頼み函館へと向かおうとするも浸水が止まらず、午後8時に函館港より4マイルの地点で沈没した[4]1910年(明治43年)夏に浮揚後、9月15日除籍。

艦長編集

※艦長等は『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

艦長
  • 吉島重太郎 少佐:1900年6月22日 - 1903年4月12日
  • 篠原利七 少佐:1903年4月12日 -
駆逐艦長
  • 和田博愛 大尉:1905年12月12日 - 1906年1月25日
  • 富永寅次郎 大尉:1906年1月25日 - 1907年11月22日
  • 山根米吉 少佐:1907年11月22日 - 1908年7月11日
  • 鎌倉義喜 大尉:1908年7月11日 - 12月10日
  • 堀田文雄 大尉:1908年11月20日 - 1910年1月15日

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『日本海軍史』第7巻、284頁。
  2. ^ 『官報』第4744号、明治32年4月28日。
  3. ^ 『物語日本史』第10巻、学習研究社、47-48頁。
  4. ^ 駆逐艦電沈没一件(1)アジア歴史資料センター Ref.C06092324100

参考文献編集

  • 高村暢児『物語日本史』第10巻「日清日露戦争・太平洋戦争」、学習研究社 、1967年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。

関連項目編集