霊薬

不老不死の薬

霊薬(れいやく)とは、飲食すれば不老不死となるといわれた宗教上のである。

神話の神などが食べたり飲用したりするものとされる。後に錬金術煉丹術)においては実際に作成可能として研究の主目的物質であった。

名称編集

錬金術ではエリクサー賢者の石、煉丹術では仙丹金丹)、日本では変若水(おちみず、をちみづ)、古代ギリシャではネクター、インドではアムリタソーマなどである。

主にこれらは伝説上の王者達が欲した夢とされている。