霞が関ビルディング

東京都千代田区霞が関三丁目にある超高層ビル

霞が関ビルディング(かすみがせきビルディング、略称:霞が関ビル)は、東京都千代田区霞が関3丁目にある地上36階、地下3階、地上高147m超高層ビルオフィス・商業複合施設)。所有者は三井不動産。ただし、34階に入居する霞会館は現在も敷地の一部と10階、11階部分を所有している。

霞が関ビルディング

Kasumigaseki-Building-01.jpg

情報
用途 事務所、店舗
設計者 三井不動産山下設計[1]
施工 鹿島三井建設共同企業体[2]
建築主 三井不動産、霞会館
構造形式 鉄骨造(一部SRC造RC造[3]
敷地面積 16,326.40 m² [3]
建築面積 3,561.20 m² [3]
延床面積 165,692.33 m² [3]
階数 地上36階、塔屋3階、地下3階[3]
高さ 147m[3]
エレベーター数 29基(ほかに人荷用など6基)[3]
駐車台数 500台[3]
着工 1965年3月18日[3]
竣工 1968年4月12日[4]
所在地 100-6090
東京都千代田区霞が関3丁目2-5
座標 北緯35度40分17秒 東経139度44分50秒 / 北緯35.67139度 東経139.74722度 / 35.67139; 139.74722 (霞が関ビルディング)座標: 北緯35度40分17秒 東経139度44分50秒 / 北緯35.67139度 東経139.74722度 / 35.67139; 139.74722 (霞が関ビルディング)
テンプレートを表示

概要編集

一般に日本最初の超高層ビルとして知られ[注 1]1970年(昭和45年)3月に竣工した世界貿易センタービル(建て替えのため2021年閉館)に抜かれるまで2年弱の間、高さ日本一の座にあった。

複合高層ビルの先駆けとして、36階に展望台(のちに閉鎖)、下層階に郵便局(霞が関ビル内郵便局)や診療所さらに周囲を公開緑地とすることで、「街」としての機能を取り込んだ。柔構造を実現するため、素材では大型H型鋼を全面的に採用したほか、スリット入り耐力壁による強度の異なる地震への対応、さらに揚重機械であるタワークレーンの「セルフクライミング方式」、床版工事における「デットプレート捨型枠工法」など、工法・工程管理の累積的な改善が、さまざまなレベルで行われ、中央監視、自動起動・停止など無人運転による新しい自動制御方式も採用された[3]。工事費は163億6300万円[2]

1972年(昭和47年)にビル照明を制御して、アポロ計画における有人月面着陸を祝し、外壁にメッセージを描くウィンドアートを行ったが、これは日本で初めて霞が関ビルが披露したのものである。

空調・給水や情報通信といったインフラストラクチャーの更新や、後述する周辺再開発などのため、約470億円を投じて3度の大規模改修(1989年、2000年、2009年)を実施[5]東日本大震災後の2014年(平成26年)には防災対応能力を強化した[6]

沿革編集

 
霞が関ビルディング遠景

1959年(昭和34年)秋ごろ、東京倶楽部向井忠晴会長(元三井総元方理事長)から当地にあった倶楽部ビル(敷地2000坪)の建て替えについて、三井不動産の江戸英雄社長に協力が求められ、立地条件も良いので、共同ビルを建設することで合意した[7]。だが、着工直前に景気が悪くなり、政府からビル建設ストップ令が出て、着工の1年繰り延べを勧告された[8]。ストップ令が出ている間に、東京倶楽部の有力メンバーで、同倶楽部との話の橋渡しをした寺島宗従から、隣接する霞会館(敷地約3000坪)でも、共同開発を希望しているとの情報が入った[8]。江戸がさっそく、細川護立理事長と徳川宗敬副理事長のもとを訪ね、自分の考えを伝えたところ、「それはいい考えだ。一つよろしく頼む」との賛同を得て共同開発に参加してもらえるようになった[8]。これで東京倶楽部と霞会館の敷地統合の話が進んだ[8]。しかし、この5000坪に従来どおりの31メートル以下(いわゆる百尺規制)のビルを建てると、敷地いっぱいの平面的なビルになり、長い廊下、採光の悪さなどの欠点が出て、都市美観上も好ましくなかった[8]

ちょうどそのころ、建築行政の面で新しい動きが出ていた。旧建築基準法でも周囲に広い道路空き地があれば、31メートル以上のビルを認める特別の緩和制度があり、この特例を利用して、16階のビルを建てることを計画したが[9]河野一郎建設大臣諮問に応えて、1962年(昭和37年)10月、日本建築学会が高さ制限を撤廃し、代わって容積制限制度を導入すべきとの答申を出した[9]。さらに建築手法の上で、従来の剛構造理論にかわって画期的な柔構造が確立されつつあった[9]。おりしも当時、三井不動産では超高層ビル建設への関心が強まっていたことから[1]、61年末、柔構造の超高層オフィスビル(30階)と周辺開発の青写真が描かれ、62年6月に霞が関ビル企画室、次いで10月には建設委員会が設けられた[1]。他方、63年7月には学会の意見に基づき、高さ制限を撤廃する建築基準法の改正が実現した[1]。ところが、全体計画が進行中のとき、東京倶楽部から、「64年秋の東京オリンピックまでに、新ビルを完成させたい」との強い申し入れがあり、やむなく霞が関第一期工事として、地上6階建ての東京倶楽部ビルを先行して着工させることになった[10]

オープン編集

超高層ビルの建設は特定街区の手法を活用し、北側に隣接する増築を計画中であった会計検査院(2007年中央合同庁舎第7号館に新築移転)の敷地との間で使用権交換が行われ、64年8月になって、建設省から3ヵ所を統合した特定街区の第1号となる「東京都市計画霞ヶ関三丁目特定街区」の指定を得た[1][11]。ビル設計は、山下寿郎設計事務所に依願され、施主である三井不動産と鹿島建設(のちに三井建設も参加)の2社が、設計から竣工まで緊密に協力する体制を構築し[2]、その後、ビル建設委員会には、武藤清高山英華吉武泰水ら建築学者も参加する協力体制のもと[2]1965年昭和40年)3月18日に起工、1967年(昭和42年)4月18日に上棟し、1968年(昭和43年)4月12日にオープンした。

日本におけるはじめての高層ビルの建設のため苦労も多く、そのエピソードはNHKテレビ番組プロジェクトX〜挑戦者たち〜』でも取り上げられた[12]。竣工当時、13階は縁起の悪い数字のため、テナントではなくビル内の空調機器をまとめて配置する機械室として用いられた。非常階段は中央共用部に設置され、火災の際に煙が溜まらない構造となっている[13][注 2]

ビルは建設中から、見物人が大挙して現場に押し寄せ、その完成は人々を驚かせ、開館後、最上階36階の展望台「パノラマ36」は大盛況となった[14]。この展望台は最上階機械室のまわりの空間を回廊式にしただけのものだったが、連日、虎ノ門交差点あたりまで長い行列ができ、入場料だけで数階分ビルの家賃に匹敵する収入があった[14]。しかし、高層ビルが珍しくなくなった1989年(平成元年)にフロアはオフィスへと改装された。展望室の閉鎖後、35階でレストラン宴会場会議室を運営する東海大学校友会館が[15]、一般客が利用できる最上階となったが、 2020年(令和2年)8月から休館となった[16]

ビルの総容積は約50万立方メートル(総重量約10万トン)あり、東京ドームが竣工する前は莫大な体積を表現する際に「霞が関ビル何杯分」という表現がよく使われていた[17]。かつてはGoogleで「東京ドームを霞ヶ関ビルで」と検索すると、「1東京ドーム = 2.48 霞ヶ関ビル」と換算が表示される機能が実装されていたが[18]2018年(平成30年)時点この機能は削除されている。

リニューアル編集

平成年代に入り、IT化などを踏まえ、断続的に設備のリニューアルを実施した。特に、2001年(平成13年)からの霞が関三丁目エリアの再開発(「霞が関コモンゲート」)に併せ、隣接する霞が関ビルでも低層部の増築や改装などが行われ、ビル単体に止まらず地域全体の付加価値の向上が図られた。この再開発計画によって、2007年(平成19年)に竣工した霞が関コモンゲート西館(175.78m)及び東館(156.67m)は、霞が関ビルの高さを上回っている。また先述の東京倶楽部ビルも建て替えられ、同年竣工した[19]

 
霞が関ビルディング(中央左)の航空写真。霞が関コモンゲート(中央右)、東京倶楽部ビルディング(中央下)に隣接している(2009年4月27日撮影)

難航した資金調達とテナント探し編集

昭和40年不況にもろにぶつかり、資金調達とテナント探しはいずれも難航した。建設には150億円もの巨額資金を調達する必要があったが、金融難の折から、三井系大企業の再建に追われていた三井銀行三井信託銀行を全面的に頼ることはできなかった[20]日本開発銀行が「超高層ビルの技術開発」のためとして、60億円の融資を約束したが、大蔵省が待ったをかけ、この話も流れてしまった[20]。弱りきった江戸が面識のあった第一生命の村上兼次副社長のもとを訪ね窮状を訴えると、村上がほかの生保にも呼びかけてくれることを約し、生保5社で融資団を結成、75億円の資金を集めてくれた[21]。さらに、銀行5行の融資団もでき、合計100億円の融資のメドがついた[21]

テナントはビルが完工する1年前から受け付けを開始した[21]。日本最初の超高層ビルということで、マスコミは早くから大きく取り上げ、2、3階、それに地下1階のショッピングゾーンは、またたく間に成約をみたものの、オフィス部分は打診はあっても、ビル不況のときで、なかなか成約に結びつかなかった。このため江戸がトップセールスでテナント探しにかけずり回った[21]。 テナント候補企業のなかには、超高層ビルは地震のとき危険だという先入観を抱き、二の足を踏むところもあった[22]。そこで安全性を科学的に説明した映画をみせたりして、PRに努めた[22]。そうした熱心な売り込みが奏効し、竣工年の秋には満室となった[3]

受賞編集

1968年に日本建築学会賞業績部門賞、69年に第10回BCS賞を受賞[14]、03年にはDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選定。

主な入居企業など編集

その他編集

  • ビル名や所在地名は「霞が関」であるが、最寄り駅としては地下鉄の虎ノ門駅霞ケ関駅より近い[23]
  • 霞が関ビルや周辺ビルに勤めるワーカーを対象に、情報誌『リエゾン』を発行していたが、2021年春号を以って休刊した。
  • ビル専用の郵便番号「100-60xx」が設定されている(末尾2桁は階数を示す、地階および階数不明の場合は100-6090)。
  • エレベーターロビーのあるフロアは2階(Lbと表示されている)である。1階は飲食店ゾーンである。外からエレベーターロビーに直接入られるため、35階建てのように見える。
  • 同じ霞が関3丁目(特許庁の隣接地)には、近鉄不動産が手掛けた「近鉄霞が関ビル」(「近鉄霞が関ビルディング」ではない)が所在する。

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 超高層建築物には種々の定義があり、ホテルニューオータニ(1962年竣工、17階、73m)やホテルエンパイア(1965年竣工、21階、68m(尖塔高93m)を日本最初の超高層ビルとする説もある。
  2. ^ なお、この構造は停電時に自分の位置が分からなくなる可能性があり、また煙の滞留性にも不安が残ったため、後年竣工した京王プラザホテル新宿三井ビルディングでは非常階段の一部を外部に剥き出しにする構造が採られている[13]

出典編集

  1. ^ a b c d e 日本経営史研究所 2012, p. 67.
  2. ^ a b c d 日本経営史研究所 2012, p. 68.
  3. ^ a b c d e f g h i j k 日本経営史研究所 2012, p. 69.
  4. ^ “霞が関ビル点灯”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1968年4月19日)
  5. ^ 「レストラン街、あったらいい店、霞が関ビルに 三井不動産明日改装開業」『日本経済新聞』東京版 15頁 2009年4月9日
  6. ^ 霞が関ビル 進化続け50年/緑地整備・複合化…再開発スタイル確立『産経新聞』朝刊2018年4月12日(経済面)2018年4月28日閲覧。
  7. ^ 江戸英雄 1994, p. 194.
  8. ^ a b c d e 江戸英雄 1994, p. 196.
  9. ^ a b c 江戸英雄 1994, p. 197.
  10. ^ 江戸英雄 1994, p. 198 - 199.
  11. ^ 江戸英雄 1994, p. 200.
  12. ^ プロジェクトX 挑戦者たち 霞が関ビル 超高層への果てなき闘い〜地震列島 日本の革命技術〜 2001年5月15日放送 - NHKアーカイブス
  13. ^ a b 池田武邦「聞き書きシリーズ 超高層から茅葺きへ 第54回」2009年7月7日付『西日本新聞』朝刊6面
  14. ^ a b c 江戸英雄 1994, p. 209.
  15. ^ “校友会館が開館50周年”. 東海大学新聞. (2019年8月1日). https://www.tokainewspress.com/view.php?d=1776 2022年4月3日閲覧。 
  16. ^ 【お知らせ】東海大学校友会館の休館について”. 東海大学 (2020年6月17日). 2022年4月3日閲覧。
  17. ^ 「霞が関ビル」竣工50年、色あせぬ存在感 日本初の超高層ビル、今も“進化中”
  18. ^ Google、電卓機能を強化、「東京ドームを霞ヶ関ビルで」検索可能に”. SEMリサーチ. 2018年4月6日閲覧。
  19. ^ “霞が関エリアのオフィス・商業複合開発『東京倶楽部ビルディング』 竣工 商業施設「霞ダイニング」10月25日オープン”. 三井不動産. (2007年9月26日). https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2007/0926/ 2022年4月3日閲覧。 
  20. ^ a b 江戸英雄 1994, p. 203.
  21. ^ a b c d 江戸英雄 1994, p. 204.
  22. ^ a b 江戸英雄 1994, p. 205.
  23. ^ 霞が関ビル・アクセス(2018年4月28日閲覧)。

参考文献編集

  • 江戸英雄 『三井と歩んだ70年』朝日文庫、1994年7月。ISBN 978-4022610270 
  • 日本経営史研究所編 『三井不動産七十年史』三井不動産、2012年3月。 

関連項目編集

外部リンク編集