霧隠忍術旅』(きりがくれにんじゅつたび)は、1935年(昭和10年)製作・公開、並木鏡太郎(各務二郎)監督による日本サイレント映画である。綾小路絃三郎の改名第1作であり、エトナ映画社製作、敷島興行配給作品である。

霧隠忍術旅
監督 各務二郎
脚本 野村雅延
原作 桐葉亭豊念
出演者 綾小路絃三郎
水原洋一
小川雪子
撮影 岸雅夫
製作会社 エトナ映画社
配給 日本の旗 敷島興行
公開 日本の旗 1935年1月27日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

略歴・概要編集

1934年(昭和9年)9月、旧マキノ・プロダクション御室撮影所に設立されたエトナ映画社の第2回作品である。監督の「各務二郎」(かがみ じろう)は、鏡二郎、つまり並木鏡太郎監督の変名である。市川右太衛門プロダクションでの浅香麗三郎、河合映画製作社での燕東三郎は、本作をもって「綾小路絃三郎」と改名した。

本作は、明けて1935年1月27日大阪市千日前・敷島倶楽部(現在のTOHOシネマズなんば・別館)を皮切りに公開された。

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

外部リンク編集