メインメニューを開く

露西亜通信社(ろしあつうしんしゃ、1926年2月11日[1]-)とは、日本の機密費によってソ連の状況調査を行っていた通信社である[2]

露西亜通信社
本社所在地 満州国の旗 満州国
哈尓浜市買売街
設立 1926年2月11日[1]
業種 情報・通信業
事業内容 通信社
テンプレートを表示
日蘇通信社
本社所在地 日本の旗 日本
東京市丸ノ内ビルヂング
設立 1934年6月25日 (露西亜通信社より改称、日露通信社を吸収)
業種 情報・通信業
事業内容 通信社
テンプレートを表示

満州ハルピンに本社があり、日本内と満州内に支社を置いていた[3]。また、露西亜通信社の通信網は、日本・満州・中国・ソ連・トルコのイスタンブールラトビアリガポーランドワルシャワフランスパリドイツベルリンに広がっていたとされる[3]1934年6月25日に、日露通信社(Ничиро Цусин)を吸収して、日蘇通信社へと改称した[1]

1938年より日蘇通信社は陸軍省新聞班の援助の下で国防思想の普及を目的とした巡回講演を行った[4]

役員編集

発行書籍編集

  • 日刊邦文「露西亜通信」[5][3]→「日蘇通信」[1](日ソ両文)
  • 日刊露文「露文通信」[3]→同上
  • 日刊漢文「蘇聯通信」[3]
  • 日刊邦文「露西亜通信」内地版[3]
  • 露西亜事情」(旬刊パンフレット)[3][5]→「蘇聯邦事情」[1]
  • 「露西亜事情集」(三カ月に一回発行)[3][5]
  • 「ソヴエート現勢資料」→「日蘇年鑑」[1]
  • 「月刊ロシヤ」
  • 「蘇聯邦年鑑」

関連項目編集

出典編集