メインメニューを開く

露館播遷(ろかんはせん、ろかんばんせん[1]朝鮮語: 아관파천ロシア語: Бегство Коджона в русскую миссию1896年2月11日 - 1897年2月20日)とは、李氏朝鮮の第26代王・高宗ロシア公使館に移り朝鮮王朝の執政をとったことを言う。韓国でも古くは日本語での表記と同じように「露館播遷」と呼ばれたが、最近では俄館播遷がかんはせん「がかんはんせん」とも)[注釈 1][4][5]と呼ばれることが多い。俄館露遷がかんろせん[4]との記述もある。

露館播遷
旧ロシア公使館塔(ソウル)
旧ロシア公使館塔(ソウル)
各種表記
ハングル 아관파천
노관파천
아관노천
漢字 俄館播遷
露館播遷
俄館露遷
発音 アグァンパチョン
ノグァンパチョン
アグァンノチョン
日本語読み: がかんはせん
ろかんはせん
がかんろせん
文化観光部2000年式


英語
Agwan pacheon
Nogwan pacheon
Agwan Nocheon
Korea royal refuge at 
the Russian legation
テンプレートを表示

高宗がロシア公使館で政務を執り行った結果、ロシアは年表に示す利権を獲得し、他の欧米列強も同等の利権を獲得することになった。 また、これは国としての自主性を放棄するのに等しい行為であり、後に日露戦争時に中立を宣言したが日露両国から無視されるような結果となった。

関連年表編集

1895年(明治28年)編集

10月8日
閔妃殺害事件(乙未事変)。
11月28日
春生門事件
露米両公館に潜伏していた李範晋李学均李允用李完用、侍衛隊教官アメリカ人ダイ、アメリカ人宣教師等は高宗を奪い 金弘集総理らを殺害しようとしたカウンター・クーデターを計画。親衛隊大隊長の李軫鎬の内通により、失敗に終わりロシアの公使館やアメリカの公使館に逃げ込む[6]

1896年(明治29年)編集

1月31日
儒生李弼熙の檄文[注釈 2]乙未義兵[注釈 3]
2月5日
李範晋はロシアの指示で春川忠清道で暴動を起こし、日本の電信線を切断[8]
2月10日
ロシア 107名の水兵 20名の食料担当兵 大砲一門を漢城に搬入。ロシア兵150名となる。
宮女ゲン(元?)金明載より「各大臣等日本兵が密かに国王を廃位しようとしているので甚だ危険なり。速かに露館に播遷し回避されたし」旨の書状を高宗に届ける。
2月11日
高宗と世子(純宗)が宮女用のかごに乗り、ロシア公使館へに逃げ込む。
高宗勅令[9]で。
  1. 閔妃殺害事件の犯人として特赦された趙羲淵[10]禹範善[11]李斗璜[12]李軫鎬李範来権濚鎮の首を持ってロシア公館に持参せよ。
    閔妃殺害事件についての再調査も実施され、漢城で発行されていた英文雑誌に調査結果が掲載された[13]
  2. 新内閣の公示。
    総理大臣に金炳始、内部大臣に朴定陽、軍部大臣兼警務使李允用、法部大臣に趙秉稷、学部大臣に李完用、宮内大臣に李載純を命じる[注釈 4]
    在朝ロシア公使はスペール。
    趙羲淵[10]兪吉濬、張博[14]、李軫鎬等は日本に亡命。
    前総理金弘集と前農工商大臣鄭秉夏は亡命せず、警務庁前で暴徒に捕まり惨殺、遺体は焼却[15]
2月18日
仁川で4000余名の暴徒が蜂起し官衙官宅を毀壊[16]
2月21日
各地に起こる暴動のうち 、内部参書官徐相潗と申大均は騷優地方坡州開城驪州利川等に乱民鎮撫に関する勅諭頒示の為に向かう。
2月22日
内閣体制の更新。
李範晋は法部大臣兼警務使となり大院君派の粛清を開始[17]
3月16日
大院君一派の人々、漢城府観察使金経夏、呂圭亨等従犯等数十名を逮捕、裁判へ。
3月27日
アメリカ、雲山の金鉱採掘権[18]京仁線敷設権[19]、漢城の電灯・電話・電車の敷設権取得。
4月22日
ロシア、慶源鍾城両処の鉱山採掘権を取得。
5月14日
日本・ロシア間で朝鮮問題に関し、第1次日露議定書調印[20]
5月22日
流刑10年に処せられた閔泳駿(後に閔泳徽と改名)、赦免となる[21]
6月9日
日本・ロシア間で朝鮮問題に関し、第2次日露議定書調印[22]
6月12日
ロシア、月尾島西南地段(44,316m2 年銀貨361元)租借契約を取得。
6月22日
李範晋、在米国公使へ。
7月
フランス、京義線敷設権を取得。
8月20日
機械厰でのロシア技士雇傭契約(機械士官Remnevに每年銀貨200元)。
9月
ロシア、豆満江上流地域・鴨緑江上流地域・鬱陵島茂山の森林伐採権を取得。
11月21日
旧臣ら、高宗に還宮請願計画(未遂)。

1897年(明治30年)編集

1月
ロシア人N・ビルコフ(N. Birukov、Н. Бируков)をロシア語教師として雇用。
2月13日
機械厰でのロシア技士雇傭契約(雇傭期間3年、俸給毎月銀貨260元、路費500元、帰路費800元、退職金2,000元)。
2月20日
高宗、慶運宮に還宮。
10月12日
大韓帝国へ国号を改める。
10月20日
高宗の第7男子李垠誕生(母は露館播遷で同行した女官厳氏(厳妃))。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ロシア(俄)公使館に移る(播・遷)、あるいはロシア公使館に移り(遷)政務を行う(播)の意。また、「俄」はによるロシア漢字表記の「俄羅斯(아라사)」の略[2]で、播遷は王などが「遠くさすらうこと」[3]
  2. ^ 断髪令に反対する檄文。
  3. ^ (前略)国民の反日感情が、断髪令をきっかけに爆発して抗日義兵が起きるようになった。義兵運動はその前から西洋との交渉、特に日本との条約締結に反対し、彼らの侵略を警戒することを主張していた儒学者が中心となって起きた[7]
  4. ^ 電受第75号では総理大臣に金炳始、内部大臣に朴定陽、外部兼農工商大臣、宮内大臣に李載純、軍部兼警務使には李允用。

出典編集

  1. ^ 原田環. “金允植”. コトバンク. 2018年11月4日閲覧。
  2. ^ NAVER韓国語辞書
  3. ^ weblio辞書
  4. ^ a b 李 & 常石 2007, p. 143.
  5. ^ 国史編纂委員会・国定図書編纂委員会 2005, p. 226.
  6. ^ アジア歴史資料センター 公文雑纂・明治二十九年・第九巻・外務省一・外務省一 朝鮮京城事変ノ顛末ニ関シ小村弁理公使ヨリ報告ノ件 レファレンスコード A04010020500 5画像目/23画像
  7. ^ 国史編纂委員会・国定図書編纂委員会 2005, p. 225.
  8. ^ アジア歴史資料センター Ref. A04010020500
  9. ^ アジア歴史資料センター『韓国王露公使館ヘ播遷関係一件/1 明治29年2月12日から明治29年2月20日』レファレンスコードB03050313400 明治29年2月11日付電受第69号
  10. ^ a b 閔妃殺害事件の元訓錬隊大隊長
  11. ^ 閔妃殺害事件の元訓錬隊第二大隊長
  12. ^ 閔妃殺害事件の元訓錬隊第一大隊長
  13. ^ アジア歴史資料センター「朝鮮事変ノ公報ト称スル書類ニ関シ京城駐在一等領事内田定槌ヨリ報告ノ件」レファレンスコードA04010025000 明治29年5月19日付公信第98号
  14. ^ 閔妃殺害事件の高等裁判所裁判長
  15. ^ アジア歴史資料センター『韓国王露公使館ヘ播遷関係一件/1 明治29年2月12日から明治29年2月20日』レファレンスコードB03050313400 明治29年2月14日付電受第77号
  16. ^ アジア歴史資料センター『韓国王露公使館ヘ播遷関係一件/1 明治29年2月12日から明治29年2月20日』レファレンスコードB03050313400 明治29年)2月19日付機密第9号
  17. ^ 電受第488号(1896年7月12日発)アジア歴史資料センター『各国内政関係雑纂/韓国ノ部 第一巻/8 明治29年3月25日から明治29年11月13日』(Ref.B03050002300)
  18. ^ 3月27日 奎23195ソウル大学奎章閣韓国学研究院
  19. ^ 契約日4月15日奎23181 一部日本との共同 A Concession for a Railroad to connect Seoul and Chemulpo in favor of James R. Morse Esq. ソウル大学奎章閣韓国学研究院
  20. ^ 通称 小村・ウエーバー協定「2 韓国問題に関する日露両国間協商一件」 アジア歴史資料センター Ref. B03041182100
  21. ^ 「各国内政関係雑纂/韓国ノ部 第一巻/8 明治29年3月25日から明治29年11月13」アジア歴史資料センター Ref.B03050002300 5月23日受 電受第405号
  22. ^ 通称 山縣・ロバノフ協定「 2 韓国問題に関する日露両国間協商一件」 アジア歴史資料センター レファレンスコード:B03041182100

参考文献及び外部リンク編集