霊諍山(れいじょうざん)は、長野県千曲市にある

霊諍山
所在地 長野県千曲市八幡(大雲寺裏山)[1][2]
位置 北緯36度30分58.5秒 東経138度04分56.75秒 / 北緯36.516250度 東経138.0824306度 / 36.516250; 138.0824306座標: 北緯36度30分58.5秒 東経138度04分56.75秒 / 北緯36.516250度 東経138.0824306度 / 36.516250; 138.0824306
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

地理編集

千曲市八幡集落の背後[3]大雲寺の裏手にそびえる[1]稜線はなだらかで、植生スギが主[4]。長野県は1982年昭和57年)9月30日付けで当地(地域名「大雲寺」)9.8ヘクタールを郷土環境保全地域に指定した[5]。範囲は霊諍山山頂付近から北東側、大雲寺の境内(池を含む)あたりまで[6]

大雲寺編集

大雲寺
所在地 長野県千曲市八幡1253[7]
位置 北緯36度31分4秒
東経138度5分6秒
宗旨 曹洞宗[7]
テンプレートを表示

大雲寺(だいうんじ)は、霊諍山のふもとにある寺院曹洞宗禅寺である。江戸時代宝暦3年(1753年)に本堂が築かれた[7]は500本もの(ヒガンザクラ、ソメイヨシノシダレザクラ)、一面の紅葉化粧をしたの木々が美しい[4]

境内編集

  • 本堂
  • 石垣 - 天保5年(1834年)より9年間を費やし完成。古城のような外観を呈する[7]
  • 大雲寺池 - 一面に蓮が植生。蓮の花は夏(7月上旬 - 8月上旬)に見頃を迎える。春は水面に桜を映す[4]

霊諍山の石仏編集

霊諍山の山中、大雲寺自然探勝園内に110体あまりの石仏群がある(北緯36度31分7秒東経138度5分2秒)。修那羅天武の高弟によって開かれたと伝わる[1]

猫神の石仏編集

養蚕業が盛んに行われていた時代、それに関連した神社や石仏が霊諍山に造られた。

1892年明治25年)、蚕影神社茨城県つくば市)を霊諍山に勧請。このとき造られた社殿は現存しない[3]

また、霊諍山の石仏のうち2体はネコの姿をかたどったもの(猫神)となっている。養蚕業を営む農家は、を食い荒らすネズミ害獣と見なしており、その天敵であるネコを守護神として祀った[3]

交通アクセス編集

大雲寺までの行程は下記の通り。

公共交通機関
しなの鉄道屋代駅よりタクシーで10[7]
自家用自動車
長野自動車道更埴インターチェンジから5キロメートル自動車で15分間。普通車5台が駐車可能な駐車場がある[7]

霊諍山の石仏までは、さらに徒歩で20分間を要する[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d さわやか信州旅.net 霊諍山の石仏”. 長野県観光機構. 2017年6月22日閲覧。
  2. ^ 座標は「信州くらしのマップ」にて霊諍山のアイコンの位置に中心十字マークを手動で合わせて得た(検索機能対象外、2017年6月24日閲覧)。
  3. ^ a b c 信州シルクロード 霊諍山の石仏群”. 信州シルクロード連携協議会. 2017年6月22日閲覧。
  4. ^ a b c 『千曲市の残したい自然 ―千曲市の自然を将来にわたって残すために― 平成18年度』11、21ページ。
  5. ^ 郷土環境保全地域指定状況一覧表”. 長野県. 2017年6月22日閲覧。
  6. ^ 信州くらしのマップ 郷土環境保全地域”. 長野県. 2017年6月24日閲覧。
  7. ^ a b c d e f さわやか信州旅.net 大雲寺”. 長野県観光機構. 2017年6月22日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集