メインメニューを開く

青いスタスィオン」(あおいスタスィオン)は、河合その子の3枚目のシングル。1986年3月21日発売。発売元はCBS/SONY(EP: 07SH1748)。

青いスタスィオン
河合その子シングル
初出アルバム『Siesta』
A面 青いスタスィオン
B面 さよならは言わないで
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル J-POP
レーベル CBS/SONY
作詞・作曲 作詞: 秋元康(M-1・2)
作曲: 後藤次利(M-1・2)
チャート最高順位
河合その子 シングル 年表
落葉のクレッシェンド
1985年
青いスタスィオン
1986年
再会のラビリンス
1986年
テンプレートを表示

解説編集

自ら出演した森永製菓『HI-SOFT』CMソング。

秋元康が最初に付けたタイトルは「思い出着替えて」だったが、「フランスっぽいタイトルを付けたい」というディレクターの案で「風のチェルシー」に変更された。しかし、この曲が森永製菓の『HI-SOFT』のコマーシャルに使われることが決定し、「チェルシー」という単語が使えず[注 1]、「青いスタスィオン」に決定した。

「スタスィオン」は「駅(station)」をフランス風に発音した言葉、あるいはフランス語で「駅」を表す言葉であるとされているが、「立つ、止まる」等が主たる意味であるフランス語名詞の "station" は、地上駅の場合は場内信号が設置されていない「停留所」という意味になる。歌詞からすると地下鉄の駅でもないようで、フランス語で一般的な鉄道の「駅」を表す単語では "gare"(ガー)が妥当であろう。 また『クイズダービー』の歌詞あてクイズに出題された際、解答者の篠沢秀夫(仏文学者)は、「ホームがあるならスタスィオンではなくガーだ」とボードに注記していた。

この曲のPVにおいて舞台となった駅は西日本旅客鉄道(JR西日本)可部線今井田駅(2003年に廃止)である(ただし、この曲の発売当時は日本国有鉄道所属の駅であった)。

テレビ朝日特撮ドラマ『仮面ライダーキバ』第10話の劇中で使用された(物語の一部がこの曲の流行った1986年と言う設定であったため)。

記録編集

1986年6月末現在でのシングル売上はレコード会社の公称で55万枚[2]

オリコン調べにおいて、おニャン子クラブ会員が在籍中にリリースされたシングルとしては最も売上が多いシングルである(2位は新田恵利冬のオペラグラス)。河合のおニャン子クラブ卒業当日の1986年3月31日付オリコンチャートで初登場1位。この時の1週間の推定売上枚数137,280枚は当時としては歴代2位の高売上であった。続く4月7日でも111,310枚も初登場2週目の売り上げとしては歴代2位の高売上であった(当時の歴代1位は薬師丸ひろ子の「探偵物語」)。そのため、当時絶大な人気を誇った少年隊の「デカメロン伝説」のデビュー2作連続1位を阻止する形となった。

収録曲編集

  1. 青いスタスィオン
  2. さよならは言わないで
    • 作詞:秋元康、作曲・編曲:後藤次利
    • 河合その子 with おニャン子クラブ

収録作品編集

カバー編集

青いスタスィオン
  • 宮崎美穂AKB48) - アルバム『姉うた-80~90’s GIRL POP NON-STOP COVER-』(2010年6月30日発売)に収録
  • 中島愛 - アルバム『ラブリー・タイム・トラベル』(2019年1月28日発売)に収録[3]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 「チェルシー」は明治製菓(現・明治)の商品名のため。「チェルシー」の語自体はイギリスであり、フランスとは関係が無い。

出典編集

  1. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.38.
  2. ^ 「おニャン子旋風 不況レコード界の“救世主”」『朝日新聞』1986年7月17日付東京夕刊、15頁。
  3. ^ “中島愛が聖子やCoCo歌う本気のカバー集、tofubeatsやNegiccoも参加”. 音楽ナタリー. (2018年11月10日). https://natalie.mu/music/news/307421 2018年11月10日閲覧。