メインメニューを開く

青いパパイヤの香り』(あおいぱぱいやのかおり、ベトナム語題: Mùi đu đủ xanh / 味𣛦𣛭青, 仏語題: L'odeur de la papaye verte, 英題: The Scent of Green Papaya)は、1951年のサイゴンを舞台とした、フランスベトナム共同制作の映画トラン・アン・ユン監督のデビュー作で、カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)[1]セザール賞新人監督賞を受賞したほか、アカデミー外国語映画賞にもノミネートされた。

青いパパイヤの香り
Mùi đu đủ xanh
L'odeur de la papaye verte
監督 トラン・アン・ユン
脚本 トラン・アン・ユン
製作 アデリーヌ・ルカリエ
アラン・ロッカ
製作総指揮 クリストフ・ロシニョン
出演者 トラン・ヌー・イエン=ケー
音楽 トン=ツァ・ティエ
撮影 ブノワ・ドゥローム
公開 フランスの旗 1993年6月8日
日本の旗 1994年8月13日
上映時間 104分
製作国 フランスの旗 フランス
 ベトナム
言語 ベトナム語
テンプレートを表示

出演編集

脚注編集

  1. ^ Mui Du Du Xanh”. Festival de Cannes. 2012年3月1日閲覧。

外部リンク編集