メインメニューを開く

青と白で水色(あおとしろでみずいろ)は、2001年12月1日の13時35分 - 14時30分に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ

日本テレビシナリオ登龍門の2001年度大賞受賞作品で、脚本は櫻井剛HD24Pシステムで撮影された。2007年10月24日にはDVDが発売された。

目次

出演者編集

あらすじ編集

高校2年の内山楓(宮崎あおい)は、今日もクラスメイトのいじめを受けていた。いじめの中心人物は、中学時代は親友だったはずの椎名かすみ(蒼井優)。楓の母・恵子(銀粉蝶)は、娘の学校でのことには全く無関心。追いつめられた楓は飛び降り自殺をしようと何度も校舎の屋上に行こうとしたが、鍵のかかった扉がその行く手を阻んだ。同級生の匠(小栗旬)に屋上の開錠を頼むが、匠は開け方を説明してその場を立ち去ってしまった。そんなある日、大内瑞穂(小西真奈美)という若い女性講師が、楓のクラスの臨時担任になるが…。

スタッフ編集

音楽編集

  • 森田童子「たとえばぼくが死んだら」
  • eastern youth「たとえばぼくが死んだら」
    • カバー曲であり、ドラマのエンディングに使われている。