メインメニューを開く

青の帰り道』(あおのかえりみち)は、2018年12月7日に公開の日本映画である。

青の帰り道
監督 藤井道人
脚本 藤井道人
アベラヒデノブ
原案 おかもとまり
製作 伊藤主税
岩崎雅公
出演者 真野恵里菜
清水くるみ
横浜流星
森永悠希
戸塚純貴
秋月三佳
冨田佳輔
工藤夕貴
平田満
音楽 岩本裕司
主題歌 amazarashi「たられば」
撮影 石塚将巳
編集 古川達馬
制作会社 and pictures
製作会社 映画「青の帰り道」製作委員会
配給 NexTone
公開 2018年12月7日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

おかもとまり原案による群馬県前橋市東京を舞台とした7人の若者の青春群像劇で、監督は『オー!ファーザー』の藤井道人。主演は真野恵里菜PG12指定

あらすじ編集

登場人物編集

スタッフ編集

製作編集

おかもとまりは、大切な友人を失い「生きる道はひとつじゃなかったんだよ」と伝えられなかった後悔をもとに、「誰かの"生きること"への背中をおせたら」と23歳の時に本作原案の執筆を開始。and picturesの伊藤主税プロデューサーへのプレゼンを経て共感を得たことで、映画化へと至った[1]

2016年8月に出演俳優の一人だった高畑裕太が強姦致傷容疑で逮捕されたことに伴い、撮影が中断されていたが、その後、戸塚純貴を代役に迎えて2017年8月4日から同13日まで再撮影を敢行し、完成させた[2]。主演の真野恵里菜によると何度となくお蔵入りの可能性があったという[3]

DVDおよびBDは、2019年8月23日に発売された。

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 岡本麻里 (2018年12月14日). “【映画 青の帰り道について】”. 岡本麻里オフィシャルブログ. 2019年1月23日閲覧。
  2. ^ “あの事件”で撮影中止の「青の帰り道」 監督&プロデューサーが語る、完成までの道のり” (2018年5月15日). 2018年10月18日閲覧。
  3. ^ 真野恵里菜、お蔵入り危機の主演映画初日で2度泣き” (日本語). AbemaTIMES. 2018年12月11日閲覧。

外部リンク編集