メインメニューを開く

青井 陽治(あおい ようじ、1948年3月3日 - 2017年9月1日[1])は、日本の翻訳家、演出家。日本演出者協会理事。

人物編集

神奈川県出身。国際基督教大学中退。1969年劇団四季の演劇研究所に入り、俳優、翻訳者として活動。1976年フリーとなり、アメリカ現代劇やミュージカルの翻訳・演出にとりくむ。

上演作に「真夜中のパーティ」「陽気な幽霊」「ラヴ・レターズ」など[2]

2017年9月1日、膵臓がんのために死去[1]。69歳没。 戒名は、遇劇院釋導陽(ぐうぎゃくいんしゃくどうよう)[3]

共著編集

翻訳編集

脚注編集

外部リンク編集