メインメニューを開く

青函航路(せいかんこうろ)は、青森駅函館駅、もしくは青森港函館港の間に設けられた、津軽海峡を渡る航路の名称である。

目次

概要 編集

公営やそれを引き継ぐ団体が運営する航路編集

開拓使 編集

1873年(明治6年)に開拓使が函館~青森、函館~安渡(現青森県むつ市大湊)間に汽船弘明丸を就航させ、それぞれ月3往復を運航した[1]

鉄道連絡航路 編集

青函連絡船通称された、青森駅函館駅などを結ぶ鉄道連絡航路である。路線名称は「青函航路」。1908年(明治41年)より1988年(昭和63年)まで運航された。

民間船舶会社が運航する航路編集

1861年に青森の滝屋喜蔵が5日1回の頻度で帆船による定期航路を開設したことが始まりである。1873年(明治6年)2月には長州出身の小田藤吉が函館~青森間にブラキストンから購入した汽船マギー・ローダー号を青開丸と改称して1ヵ月4往復の頻度で就航させた[2]

明治12年6月30日に三菱が開拓使の代わりに浪花丸をほぼ隔日で就航させ、開拓使は付属船による青函航路を廃止した[3]

2019年現在、以下の2ブランド3社が運航している。

歴史編集

国鉄による青函航路の歴史については青函連絡船を参照。

  • 1861年 青森の滝屋喜蔵が5日1回の帆船による定期航路を開設。
  • 1873年(明治6年)
    • 開拓使が函館~青森、函館~安渡(現青森県むつ市大湊)間に汽船弘明丸を就航させる。それぞれ月3往復を運航
    • 同年、長州出身の小田藤吉が函館~青森間に汽船青開丸を就航させる
  • 1879年(明治12年)6月30日 郵便汽船三菱会社が青函航路を引き継ぐ
  • 1882年(明治15年)共同運輸参入
  • 1885年(明治18年)郵便汽船三菱会社と共同運輸の合併により、日本郵船の運航となる
  • 1898年(明治31年)日本郵船、青森側の船入場を浜町から青森駅構内に移転
  • 1903年(明治36年)日本郵船の客船東海丸、ロシア船との衝突により沈没。久田佐助船長殉死
  • 1908年(明治41年)3月7日 帝国鉄道庁(後の国鉄)が鉄道連絡船(青函連絡船)の運航を開始
  • 1910年(明治43年)日本郵船、青函航路から撤退
太平洋戦争終戦
  • 1967年(昭和42年)道南海運が函館港-青森港間にフェリー航路を増設
  • 1968年(昭和43年)東日本フェリーが道南海運の函館港-青森港航路を譲受
  • 1972年(昭和47年)東日本フェリー傘下の道南自動車フェリーが函館港-青森港間に貨物フェリー航路を開設
  • 1973年(昭和48年)共栄運輸・笹井海運作業(現・北日本海運)が共同の「青函フェリー」ブランドで貨物フェリー航路を開設。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 国鉄分割民営化によりJR北海道が青函連絡船を引き継ぐ
  • 1988年(昭和63年)3月13日 青函トンネル開通。JR北海道、青函航路の定期運行を終了(正式廃止は同年9月19日
高速化
  • 1990年(平成2年)青函航路初の高速船として東日本フェリーがジェットフォイル「ゆにこん」を導入、1996年まで運航
  • 1997年6月 東日本フェリー、単胴型高速フェリー「ゆにこん」就航
  • 2000年(平成12年)共栄運輸・北日本海運、道南自動車フェリー、一般旅客定期航路事業を開始
  • 2007年(平成19年)9月1日 東日本フェリー、ウェーブピアサー型高速船「ナッチャンRera」就航
  • 2008年(平成20年)
    • 5月 東日本フェリー、ウェーブピアサー型高速船「ナッチャンWorld」就航
    • 11月1日 東日本フェリー、ナッチャンRera、ナッチャンWorld定期運航終了
    • 11月30日 東日本フェリーが青函航路から撤退し、翌日から傘下の道南自動車フェリーが在来船を継承し運航
  • 2009年(平成21年)11月1日 道南自動車フェリーが東日本フェリーなどグループ会社2社を吸収合併し、社名を津軽海峡フェリーに変更

就航船 編集

国鉄による青函航路の就航船については青函連絡船を参照。

出典編集

  1. ^ 函館市史通説2 p839-p841
  2. ^ 函館市史 通説編2 p843-846
  3. ^ 函館市史 通説編2 p877-879

参考文献 編集

  • 函館市史 通説編2

関連項目編集