メインメニューを開く

青地 晨(あおち しん、1909年4月24日 - 1984年9月15日)は、日本のジャーナリスト、評論家。本名は青木滋。最初の妻は寺田寅彦の三女雪子。

目次

人物編集

富山県生まれ、佐賀県育ち。文化学院卒業。1938年、中央公論社に入社する。1944年、横浜事件に連座し逮捕される。戦後、『世界評論』編集長を務め、評論活動に入る。1974年、日韓連帯連絡評議会代表。日本ジャーナリスト専門学校の初代校長。

葉隠武士道で知られる佐賀藩足軽の出身で江藤新平による佐賀の乱、後に日本陸軍の一員として義和団の乱日清戦争日露戦争にも参加した、歩兵第22連隊隊長の父[1]に厳しい教育を受け、その生い立ちと、横浜事件で逮捕投獄された経験をもとに、権力への反逆者・反骨者と冤罪事件に関する著作や言論で知られた。

『冤罪の恐怖』と『魔の時間 六つの冤罪事件』で取り上げた合計11の事件は執筆時点ではいずれも冤罪を訴えて再審請求を起こしたり裁判中だったりしたが、再審請求中に被疑者が死亡した4件(竜門事件帝銀事件丸正事件名張毒ぶどう酒事件)以外全て(免田事件徳島事件仁保事件島田事件松山事件梅田事件弘前大学教授夫人殺人事件)で被告の無罪が確定している[2]

経歴編集

  • 日韓連帯連絡会議(正式名称「日本の対韓政策をただし韓国の民主化運動に連帯する連絡会議」)代表[3]

著書編集

  • ライバル物語 河出新書, 1955
  • 現代の英雄 人物ライバル物語 平凡社, 1957
  • 現代史の曲り角 弘文堂, 1959
  • 叛逆者 日本を支えた反骨精神 弘文堂, 1966「反骨の系譜」と改題、現代教養文庫
  • 天理教 弘文堂新社, 1968
  • 冤罪の恐怖 毎日新聞社, 1969 のち現代教養文庫
  • 野次馬列伝 反骨の十字架を背負った男たち 毎日新聞社, 1971
  • 激動するアジアと朝鮮 日韓民衆の連帯を求めて 共著 世界政治経済研究所, 1976
  • 魔の時間 六つの冤罪事件 筑摩書房, 1976 のち現代教養文庫
  • 日韓連帯の思想と行動 和田春樹共編 現代評論社, 1977
  • 同じことをみずみずしい感動で言い続けたい 社会思想社, 1987

脚注編集

  1. ^ 『反骨の系譜』青地晨 松岡正剛の千夜千冊
  2. ^ 死刑・犯罪文献を考察する
  3. ^ 張明秀 『徐勝(ソ・スン)「英雄」にされた北朝鮮のスパイ―金日成親子の犯罪を隠した日本の妖怪たち』宝島社

関連項目編集