メインメニューを開く

青山 一秋(あおやま かずあき、1979年10月8日 - )は、大阪府箕面市出身の元プロ野球選手野手)、現在は勤め人兼投資家。

青山 一秋
Kazuaki Aoyama
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府箕面市
生年月日 (1979-10-08) 1979年10月8日(39歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 遊撃手二塁手中堅手
プロ入り 2002年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

渋谷高校では1年時から夏の県大会でベンチ入りを果たし以後レギュラーとして活躍、3年夏の府大会2回戦で此花学園に5対6で敗れる 1998年から大阪学院大学に進学し、2年の新人戦リーグ戦でデビュー。

2002年に全国大学野球選手権にチームはエントリーするも自身は3年冬に痛めた腰痛の影響により出場無し。同年12月アトランタブレーブスサンディエゴパドレスコロラドロッキーズの合同トライアウトに挑戦し合格。2月アトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結ぶ。 2002年ルーキー級ダンビル・ブレーブスでプレー。当初内外野守れる守備固めのユースリティプレイヤーとして75試合に出場し、打率282、安打45、盗塁31を記録。シーズン中の7月14日にグリーンビル・ブレーブスに昇格し、15試合に出場した。 シーズン終盤二塁上のクロスプレーで他選手と接触し大学3年時に痛めていた古傷の椎間板ヘルニアを再発。3か月のリハビリの後帰国。

2003年は日本に帰国後リハビリを行うも思うように回復せず、また同年12月実施されたトライアウトに参加するも最終選考まで残るが選ばれず。家族の反対もあり引退を決意。

2003年に知人と中国大連にて法人設立董事長として経営に参画。事業も順調に推移するも家族の健康状態が悪化、日本での通院療養の為帰国及び退職。

帰国後の2005年3月には、不動産のPM管理を行う会社へ入社。2007年4月には能力を買われ不動産投資を行う私募ファンドへ転職。業務は順調であったが、サブプライム問題に揺れる金融不安から社長と意見が合わず退職。その後暫くはフリーランスでビジネス展開。

2009年2月、外資系銀行の東京支店長にスカウトされ大阪出張所開設メンバーとして支店開設に向けた業務に従事。し2年後東京支店へ異動。 2015年9月には同銀行をMLB再挑戦の為自己都合で退職。

その後3カ月トレーニングをしながら知人の証券会社設立のパートナーとして従事。 2016年1月 MLBトライアウトの為渡米。 アリゾナ・フォールリーグでアリゾナキャピタルズにてプレー。接触プレーで左膝靭帯を損傷し現役引退を決意。帰国に至る。

プレースタイル編集

50m5秒8、遠投118m、ベースランニング13秒前半、両打ち、内外野こなすユースリティ性の高いプレイヤーとして使い勝手の良い選手である一方、 バッティングでは投手の利き手に合わせるスイッチヒッターというものではなく、本人の気分、フィーリングで打席を変える変わり者であった様子。 盗塁に関しては癖を見極めるのは不得意であるとの事で、牽制の上手い投手の際には余りベースから離れず戻りやすい位置で勝負していた。

また高校時代に先頭打者ホームランを打った際に親からは全く褒められず、むしろ大振りする選手じゃないのだからと叱られたと語っており、それがきっかけでシングルヒットを中心としたスモールプレースタイルに変更。

打って走って守って金融の知識もあるプレイヤーを目指しての再渡米との事だった。

関連項目編集