メインメニューを開く

青山 二郎(あおやま じろう、明治34年(1901年6月1日 - 昭和54年(1979年3月27日)は日本の装丁家・美術評論家。骨董収集鑑定でも著名であった。

あおやま じろう
青山 二郎
Aoyama Zirou3.JPG
「ピカソ」展にて 昭和26年
生誕 1901年6月1日
日本の旗 日本 東京市麻布区新広尾町
(現東京都港区
死没 1979年3月27日
出身校 日本医科大学
職業 装丁家・美術評論家

概要編集

明治34年(1901年東京市麻布区新広尾町1丁目(現東京都港区)の資産家の家に生まれた[1]。幼い頃から絵画や映画に興味を持ち、自らも画才を発揮した[1]。中学生の頃から焼き物・骨董品蒐集にも興味を持ち、昭和2年(1927年)26歳の若さで実業家・横河民輔の蒐集した中国陶磁器2000点の図録作成を委託されるなど、その鑑識眼は天才的と評された[1]

昭和5年(1930年)舞踊家の武原はんと結婚し、麻布一の橋に所帯を構え、作家の永井龍男が隣りに越してきたのを皮切りに、小林秀雄中原中也河上徹太郎三好達治大岡昇平ら文学仲間が出入りするようになり、青山を中心とする集いは「青山学院」と称された[1]。その他にも北大路魯山人宇野千代白洲正子加藤唐九郎など多彩な面々と交流し、その高等遊民的な生き方は多くの作家によって語られている[1]

 
青山は日本式泳法の一つ水府流を修得していた
大正13年頃)

経歴編集

東京市麻布区新広尾町(現東京都港区)に青山八郎右衛門・きん夫妻の次男として生まれた[2]

明治42年(1909年)4月飯倉小学校に入学[2]。小学校時代、水府流(古式水泳)の泳ぎを習得、毎夏、三浦三崎にて過す[2]

麻布中学在学中から絵画陶器に親しみ、中国朝鮮日本焼き物を探求した。

大正8年(1919年)4月日本大学法学科に入学[2]。しかし大学へは通わず、東京帝大で開かれた奥田誠一主宰の「陶磁器研究会」に通う[2]

若き日に柳宗悦浜田庄司たちの民藝運動に参加するも、やがて柳たちが提唱する民藝理論に矛盾を感じ離れていった[3]

 
疎開先の伊東にて
(昭和18年頃)

大正13年(1924年)以降、柳の甥の石丸重治[注釈 1]と雑誌『山繭』に関わり[注釈 2]、そこで小林秀雄と運命的な出会いをする。骨董を愛玩するなかで鍛えた眼で本質をずばりと見抜き、ときに手厳しい批評を行った。酒席で親友の小林を幾度も泣かせたといわれる。

自宅には小林秀雄、河上徹太郎中原中也永井龍男大岡昇平といった文人たちが集い、「青山学院」と呼ばれた。白洲正子宇野千代なども弟子にあたる。

青山が後見人だった、銀座の美貌のホステス坂本睦子については、自らも彼女の愛人だった大岡昇平がモデル小説『花影』を執筆し、青山がモデルとなった人物も登場する。

晩年は都心の高級マンション「ヴィラ・ビアンカ」で暮らし、静岡県伊東市に別荘を設けた。

昭和54年(1979年3月27日、自宅にて死去。法名は春光院釋陶経。

家族・親族編集

青山家編集

東京市麻布区新広尾町1丁目(現・東京都港区
明治元年(1868年)4月生[6] - 昭和26年(1951年)4月没[7]茨城県平民茅根忠平の長男[4][6]。青山さだ(さた[8])の養子[6]
父・八郎右衛門(本名茅根清十郎)は養子茨城県久慈郡金郷村(現常陸太田市)の出身で、慶應義塾大学の2期生、古川の護岸工事で地所を拡大し、貸家業で多額の収入を得て、『時事新報』の全国50万円以上資産家名簿に名前を列ねていた[2]
作家の大岡昇平によれば「(青山の)親父は『講談倶楽部』の長者番付に出るくらいの土地持ちで、オットセイ丸という怪しげなをつかまされた人がいれば、それは青山のオヤジが売っていたものである」という[9]

親戚編集

著書編集

編書編集

  • 陶經 二郎龍書房[注釈 3](私家版:帙入和装本)、1931年[注釈 4]
    古書肆「国分寺えびな書店」(復刻版・限定三百部)、1989年
  • 甌香譜 工政會出版部 1931年[注釈 5]
  • 濱田庄司陶器集 工政會出版部 1933年。
  • 支那陶器図譜 第1~10輯 東方美術工藝會 1946年。

共編著編集

  • 呉須赤繪大皿 倉橋藤治郎共編 工政會出版部 1932年。
  • 古久谷 倉橋藤治郎共編 工政會出版部 1932年。

挿絵編集

  • 燈臺日記 戸川博と共著 増進堂 1943年。

関連書籍編集

  • 文庫版「青山二郎と文士たち 骨董交友録」里文出版
 
石丸重治と青山二郎

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 麻布中学の同級生。
  2. ^ さらに昭和6年(1931年)創刊の日本民藝協會発行の雑誌『工藝』第1号・2号を石丸と青山とで編集した。
  3. ^ 青山と永井龍男の2人のみが社員。
  4. ^ 他に工政會出版部(普及版)がある。
  5. ^ 横河民輔コレクションからの精選名品図録60点。

出典編集

  1. ^ a b c d e 港区ゆかりの人物データベースサイト・人物詳細ページ (青山二郎)”. 2018年10月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 森 1997, p. 228.
  3. ^ 青山の1929年2月14日付け口述筆記「富本憲吉先生に」『アトリヱ』アトリヱ社、1929年3月特輯號所収 の中で、由来不明の「三吉」という自称を用いて富本を批判し、さらに持っていた焼物を売り払ったことを言い添えている。
  4. ^ a b 人事興信所(編) 『人事興信録』 4版 人事興信所、大正4年、あ三一。
  5. ^ a b 猪野三郎監修『第十二版 大衆人事録』(昭和12年)東京・一四頁
  6. ^ a b c 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)ア・四八頁
  7. ^ 森 1997, p. 246.
  8. ^ 人事興信所(編) 『人事興信録』 第11版 上 人事興信所、昭和12年、ア七十。
  9. ^ 森 1997, p. 93.

参考文献編集

  • 『青山二郎の素顔』森孝一編、里文出版、1997年2月。ISBN 4898060536

関連項目編集

外部リンク編集