青山 俊春(あおやま としはる)は、江戸時代中期の大名丹波国亀山藩2代藩主。官位従五位下因幡守。青山家宗家6代。

 
青山俊春
時代 江戸時代中期
生誕 元禄13年(1700年
死没 享保15年7月18日1730年8月31日
戒名 栄岳紹適玉雲斎
墓所 東京都品川区北品川東海寺
官位 従五位下下野守因幡守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
丹波国亀山藩
氏族 青山氏
父母 青山忠重、上田氏
兄弟 俊春伊達村豊正室、青山貞信室、
九鬼隆直正室ら
忠朝
テンプレートを表示

略歴編集

元禄13年(1700年)、初代藩主・青山忠重の四男として誕生。俊春の3人の兄が全て早世した後、忠重は弟の忠貴を養子にしていたが、忠貴が正徳3年(1713年)に死去したため、正徳4年(1714年)9月1日に父から世子に指名され、12月に従五位下・下野守に叙位・任官する。享保7年(1722年)6月18日、父の隠居により家督を継ぎ、6月21日に因幡守に遷任する。

享保15年(1730年)7月18日に死去した。享年31。跡を養子・忠朝が継いだ。

系譜編集