メインメニューを開く

青山 幸正(あおやま ゆきまさ)は、江戸時代前期の旗本寄合

 
青山幸正
時代 江戸時代前期
生誕 元和6年(1620年
死没 貞享3年2月11日1686年3月5日
官位 信濃守
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川家光家綱綱吉
氏族 青山氏
父母 父:青山幸成
兄弟 幸利幸通幸正幸高堀親昌継室、水谷勝宗正室、松平信久正室(後山口重直室)
大炊御門経孝
幸豊宮崎重清
テンプレートを表示

生涯編集

元和6年(1620年)、摂津国尼崎藩初代藩主・青山幸成の三男として誕生。父・幸成は寛永20年(1643年)に死去する前に次男・幸通、三男・幸正、四男・幸高にそれぞれ3000石、2000石、1000石を分与して青山三分家を創設し、2月16日に死去。

家督を継いだ長男・幸利は遺言を守り、弟に領地を分与した。幸正は、摂津菟原・武庫・川辺郡内2,000石を分知され、別家を創設した。

貞享3年(1686年)、死去。家督は子・幸豊が継いだ。