青山 忠講(あおやま ただつぐ)は、江戸時代中期の大名丹波国篠山藩3代藩主。青山家宗家9代。

 
青山忠講
時代 江戸時代中期
生誕 明和2年10月17日1765年11月29日
死没 天明5年7月18日1785年8月22日
改名 春橘(幼名)、忠講
戒名 岱岳院智観紹勇
墓所 兵庫県丹波篠山市岡屋の幡龍庵
官位 従五位下伯耆守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治
丹波篠山藩
氏族 青山氏
父母 父:青山忠高、母:桂香院
兄弟 岡部長備正室、忠講(次男)、
牧野忠精正室、忠裕(三男)、
松平信弥正室、武田信誼
正室:なし
松平信行継室
養子:忠裕(実弟)
テンプレートを表示

略歴編集

明和2年(1765年)10月17日、2代藩主・青山忠高の次男として江戸で誕生。安永9年(1780年)12月18日、従五位下・伯耆守に叙位・任官する。天明元年(1781年)6月24日、父が病気で隠居したため、家督を継いだ。

しかし在職4年で父に先立って、天明5年(1785年)7月18日に江戸で死去した。享年21。実子がなかったため、同母弟で養子・忠裕が家督を継いだ。