メインメニューを開く

青山 忠重(あおやま ただしげ)は、江戸時代前期から中期にかけての大名遠江浜松藩3代藩主。後に丹波亀山藩初代藩主となる。青山家宗家5代。

 
青山忠重
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 承応3年5月23日1654年7月7日
死没 享保7年10月28日1722年12月6日
改名 忠重、清林(法号)
戒名 清林義泉真正院
墓所 東京都品川区北品川東海寺
官位 従五位下下野守因幡守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
遠江浜松藩主→丹波亀山藩
氏族 青山氏
父母 父:青山宗俊、母:大河原氏
養父:青山忠雄
兄弟 忠丸、忠雄忠重貞俊忠貴
永井尚長正室(後半井成明室)
養兄弟:本多忠隆稲葉一通娘)
正室:青山幸通
継室:青山幸実
側室:上田氏
俊春(四男)、伊達村豊正室、青山貞信室、九鬼隆直正室(後酒井忠菊継室)
養子:忠貴(実弟)

生涯編集

承応3年(1654年)5月23日、浜松藩初代藩主[1]青山宗俊の三男として小諸で誕生。天和3年(1683年)8月5日、兄で浜松藩2代藩主である忠雄の養子となり、12月に従五位下・下野守に叙位・任官する。貞享2年(1685年)、兄の死去により家督を継いだ。

元禄15年(1702年)9月7日、浜松藩から亀山藩に移封される。正徳4年(1714年)9月に因幡守に遷任する。享保7年(1722年)6月18日に家督を四男・俊春に譲って隠居し、出家して清休と号したが、直後の10月28日に死去した。享年69。

人物編集

丹波亀山藩主時代の宝永2年(1705年)、農業振興の一環として、東中(ひがしなか)村[2]の小豆の優秀さに目をつけ、庄屋に一石を上納させ、その中から精選したもの一斗を5代将軍・徳川綱吉に献上したところ、幕府の評判になった。綱吉この中からさらに粒を選んで朝廷に献上し、朝廷でも激賞されたことから大納言小豆と称されたのが、丹波大納言小豆の由来とされる。

脚注編集

  1. ^ 当時は信濃国小諸藩主。
  2. ^ 現在の丹波市春日町東中。