メインメニューを開く

青山 正明(あおやま まさあき、1960年6月27日 - 2001年6月17日)は、日本編集者ライター東京公司代表。鬼畜系ムック危ない1号』初代編集長。本名は大塚 雅美(おおつか まさみ)。

青山 正明
(あおやま まさあき)
誕生 大塚 雅美
1960年6月27日
日本の旗 日本 神奈川県横須賀市
死没 2001年6月17日
日本の旗 日本 同上
職業 編集者
ライター
言語 日本語
最終学歴 慶應義塾大学法学部
活動期間 1981年 - 2000年
ジャンル 鬼畜系
代表作突然変異
危ない薬
危ない1号
青山正明全仕事
デビュー作六年四組学級新聞
公式サイト 青山正明アーカイヴ
ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ドラッグロリコンスカトロフリークスからカルトムービーテクノオカルト辺境音楽異端思想精神世界まで幅広くアングラシーンを論ずる鬼畜系文筆家の草分け的存在。1980年代から1990年代にかけてのサブカルチャーに与えた影響は大きく、生前より稀代の天才編集者と謳われた[1]

ドラッグに関する文章を書いた日本人ライターの中では、実践に基づいた記述と薬学的記述において特異であり快楽主義者を標榜していた。2001年6月17日神奈川県横須賀市の自宅で縊死。40歳没。

概要編集

1960年神奈川県横須賀市生まれ。1983年慶応義塾大学法学部法律学科卒業。大学在学中、高杉弾の伝説的自販機本Jam』『HEAVEN』に大いなるショックを受け、慶応大学と専修大学の学生4人でミニコミ誌突然変異』を創刊し、物議を醸す。

以来、ロリータ雑誌、音楽情報誌ビデオ雑誌、スカトロ雑誌、成人向け漫画雑誌、株式情報専門誌、海外旅行雑誌高校生向けの学習雑誌など様々な雑誌編集に携わりながら、マイナー一筋のライター稼業に従事。1992年には処女単行本『危ない薬』をデータハウスより上梓する。

不定期刊『危ない1号』(データハウス)初代編集長であり、その他「東京公司」名義の編著書として『別冊宝島EX タイ読本』(宝島社)や『アダルトグッズ完全使用マニュアル』(データハウス)などがある。

ドラッグを含むサブカルチャーの領域を渉猟し、知性に裏打ちされた“快楽主義者”であることをつらぬいた。

生涯編集

神奈川県横須賀市生まれ。海上自衛官の父親と子煩悩な母親のもとで生まれ育つ。小学3年生の時、父親が南山宏の著書『超自然のなぞ』を買い与えた事がきっかけで、怪奇やオカルトなどの超常現象に強い興味を持つ[2]。勉強は全くしなかったが、幼少期より神童ぶりを発揮し、九九の計算を25秒で言える少年として学校中で有名となる[2]通信簿の成績は常にオール5であった。中学時代の統一模試では2年連続で県内1位を獲得する[2]

『突然変異』創刊編集

1981年4月慶應義塾大学法学部在学中にキャンパスマガジン『突然変異』(突然変異社)を創刊する[3]小学校盗撮差別用語クロスワードパズル(パズルを解くと皇太子の顔写真になる)といった鬼畜企画を始め、障害者奇形ドラッグロリコン皇室揶揄まで幅広くタブーを扱った[4]。青山は『突然変異』創刊号の編集後記に以下の文章を寄稿する。

私にとっては、過激こそ真実。この表現がどのように誌面に反映されるのか? まずは人を怒らせる事から始めよう。

その後『突然変異』は順調に売り上げを伸ばし、当時のロリコンブームに乗ってマスメディアからの取材も殺到、熱狂的な読者を獲得したものの『突然変異』に嫌悪感を抱いた椎名誠が同年8月朝日新聞紙上で「こういうのは典型的なビョーキ雑誌というのである。ゴミ雑誌、ゴキブリ雑誌。バイキンをまき散らすだけの雑誌なのだ。書店はもっと中身をきちんと見て扱った方がいい」と一方的に断罪、糾弾する内容の批判文を発表する[5]。これに追従する形で抗議や脅迫の電話が殺到し、直販先の書店が取り扱いを拒否するなどしたため、わずか4号で休刊に追い込まれた。一方で『突然変異』編集部は椎名に対し以下の批判文を誌上で発表した。

権威の頂点に立つ天皇も、弱者である精薄児も同じレベルでチャカしているわけで、そこには差別意識はないとハッキリ言っておきます。すべてを同等と考える上で、これは一つの試みである筈です。あなたが「良識」を振り回すなら、こちらにもこちらの「良識」があるのです。

1982年2月、青山ら『突然変異』編集部は『週刊プレイボーイ』『Hey!Buddy』誌上にて公開挑戦状を掲載。椎名に決闘を申込み、上野動物園キリン舎前にて待合わせをするも、椎名は現れずに終わった[6]

ロリコンブーム到来編集

1981年12月、『突然変異』2号掲載の「六年四組学級新聞」を見た白夜書房の中崎至からロリータ記事を依頼され、ロリコンブームの一翼を担った『Hey!Buddy』誌12月号の特集「少女の時代」に幼女愛好快楽追求法「HOW TO LOLITA」を寄稿、これが商業誌デビューとなる。

Hey!Buddy1982年2月号からは『突然変異』スタッフと共同で「6年4組学級新聞」の連載を始める[7]。連載中に同誌もロリータ総合情報誌に路線変更。「6年4組学級新聞」の連載は1982年9月号まで続き、10月号からは「Flesh Paper」(肉新聞)に改題する。内容もロリータから大きく外れ、ドラッグフリークスカルトムービーの紹介など青山独自の路線となった。また本誌以外にも『ぺぴ』『VIDEOロリータ』『ロリータスナイパー』『ロリータスクランブル』『にんふらばあ』『なおこちゃん』など各ロリコン誌で執筆活動を行う[8]

1982年8月に発売された日本初のロリータビデオ『あゆみ11歳 小さな誘惑』ではヒロインに懸想する青年役として出演する[9][10][11]。青山によると、3万円という高額なビデオにも関わらず4000本が即完売したという[12]

大学卒業後は自然食品メーカーやソフトウェア会社でプログラマーとして働くなど転々とするが、1984年11月よりフリーライターとして独立する。

その後はスーパー変態マガジン『Billy』(白夜書房)や『にんふらばあ』(麻布書店)などに原稿を書きながら、1985年創刊のスカトロ系エロ雑誌『フィリアック』(求龍社)で編集長を務めたほか[13]、『スカトピア』『スカトロスペシャル』『コプロラビア』『フィーメール』『MASPET』など各スカトロ誌でも執筆活動を行う[13]

しかし、主な活躍の場であった『Hey!Buddy』が1985年11月号をもって廃刊となり、青山もロリコンライターを事実上廃業する[8]。なお『Hey!Buddy』廃刊の原因は増刊『ロリコンランド8』に掲載された少女の無修正ワレメ写真がわいせつ物と判断され発禁回収処分となり、性器の露出が許されなくなった為である[8]1987年には児童エロチカの最後の砦であった少女ヌード写真集プチトマト42』が警視庁から摘発され発禁となり[14]、第1次ロリコンブームは終焉を迎えた[15]

『Hey!Buddy』廃刊以降編集

1985年11月にSMマニア増刊として異端文化研究エロ雑誌『サバト』(三和出版)を創刊。作家陣に高杉弾永山薫秋田昌美丸尾末広蛭児神建日野日出志栗本慎一郎らを招き、妊婦SMからスカトロ獣姦死体奇形妖怪呪術拷問魔女狩り黒魔術ドラッグロリコンホラー映画まで総合的に変態趣味を扱った。雑誌のサブタイトルは「超変態世紀末虐待史」。結局『サバト』は創刊号のみで廃刊となったが、本誌のスタイルは後に青山が編集長を務める『危ない1号』にそのまま引き継がれることになる。

1986年にはJICC出版局(現・宝島社)よりカルト映画ホラー映画をまとめた処女単行本が刊行予定だったが、締め切りに間に合わず幻に終わる[13]。同年より大正屋出版に入社し、特殊エロ漫画誌『阿修羅』『カリスマ』の編集を行う[16]

同社の倒産後は株式投資関連の情報誌『産業と経済』などの編集に関わる一方で『Crash』(白夜書房)や『BACHELOR』(ダイアプレス)に鬼畜変態コラム「Flesh Paper」の連載を再開する[17]。この頃は10誌以上の雑誌で映画評論の仕事を持つなど映画評論家としての側面も強かった[16]1987年5月には『エイズ最新情報と怖くない生活法』(主婦の友社)をゴーストライターとして執筆する[18]

東京公司結成編集

1990年より特殊海外旅行誌『エキセントリック』(全英出版/中央法科研究所)の編集をした縁から後に右腕となる吉永嘉明と知り合う。その後『エキセントリック』編集部を母体とした編集プロダクション東京公司」をデータハウス内に設立。東京公司の名義で『アダルトグッズ完全使用マニュアル』(データハウス)などの編集を行う。『エキセントリック』の経験は別冊宝島の『タイ読本』『裏ハワイ読本』(宝島社)など特殊海外旅行ムックに活かされる。

1992年にはドラッグの実用的なノウハウをまとめた処女単行本『危ない薬』をデータハウスより上梓する。「全て体験済み!!」と銘打った本書はジャンキーのバイブル的存在となり、現在までに15万部を超えるロングセラーとなっている[19]

『危ない1号』創刊編集

1995年7月より鬼畜系ムック危ない1号』(データハウス東京公司)を創刊。同誌は「鬼畜系」を標榜し、徹頭徹尾にわたり鬼畜・変態・悪趣味を等価に扱った。東京公司は創刊号冒頭に以下の声明文を発表している。

この世に真実などない。だから、何をやっても許される」(史上初のカルトグルハッサン・イ・サバーの言葉)

全ての物事には、数え切れないほどの意味やとらえ方、感じ方などがある。例えば、自殺。これを「悲しいこと」「負け犬がすること」とみなすのは、無数にある“自殺のとらえ方”のほんの一部に過ぎない。この世には、祝福されるべき自殺だってあるのだ。

あらゆる物事は、その内に外に、無数の“物語”を秘め、纏っている。『危ない1号』では、これら無数の物語の中から、他の本や雑誌ではあまり語られない物語だけを選びだして語るようにした。さらにその際、一つの物事が含み持つ無数の物語の全てを“等価”と考えるように心掛けた。(中略)

この世に真実などない。あらゆる物事は、その内に外に“数限りない物語”を秘めている。そして、それらの物語は、人間様中心の妄想であるという意味で“全て等価”なのである。だから何を考えても許される。これが当ブックシリーズの編集ポリシーだ。

妄想にタブーなし! — 東京公司「はじめに」『危ない1号』第1巻 データハウス 1995年 2-3頁

文中に登場するハサン・イ・サバーという人物は、かつてイスラム教シーア派イスマーイール派の分派ニザール派に存在した暗殺教団の最初の指導者で、東京公司はハサンの「真実などない。すべては許されている」という言葉を引用して「妄想にタブーなし!」と宣言した。

このムックが大ヒットしたことにより、青山は鬼畜ブーム・悪趣味ブームの立役者となるが、第1巻の校了直前に大麻取締法違反で逮捕される[20]。結果的に執行猶予処分となり、同年8月末には保釈されたが、逮捕されたショックから青山はドラッグライターを事実上廃業し[21]、これを境に仕事の打ち合わせに来なくなるなど引きこもりに近い状態になっていく[22]

また1994年11月には多発性後極部網膜色素上皮症(MPPE)という日本全国で症例50名前後という極めて希少な眼病を患い、後に青山が精神世界に傾倒する要因の一つとなった[23]

その後『危ない1号』に端を発した大々的な鬼畜ブームが起こるなか、仕掛人である青山はブーム化して濫造された悪趣味に幻滅する[24]1997年には『危ない1号』の愛読者であった酒鬼薔薇聖斗が神戸連続児童殺傷事件を起こす[25]

同年『危ない1号』第3巻の編集途中にドロップアウトし編集長を降板。東京公司データハウスに吸収される形で消滅する。青山は東京公司の母体であったデータハウスに移籍するが重度の薬物乱用で出社せず自宅に引きこもり、そのまま会社を辞職する[26]。この頃になると青山は何一つ生産的なことを行わなくなっていた。

晩年編集

1999年9月には作り手不在のまま過去発表済みの原稿を寄せ集めた『危ない1号』第4巻「青山正明全仕事」が刊行される。第4巻の内容は青山が1982年から1996年にかけて「何を書いても構わない」という方針で各誌に連載したコラム「Flesh Paper」から自選した記事を年代順に並べたものが中心で、この一冊において大体の仕事や文章の特徴が分かる。第4巻のサブタイトルは「少女買春から常温核融合まで」。これをもって『危ない1号』は完結し、後継誌『危ない28号』(データハウス)も刊行済みだった第5巻を最後に同年廃刊となった[27]

その後『BURST2000年9月号において久々にメディアに登場し、精神神経免疫学分子生物学仏教的諦観に基づいた精神世界にまつわる幸福論を唱えた原稿を寄稿する[28][29]。また同誌のインタビューでは「鬼畜系にもう新鮮さはない。これからは癒し系で行く」と宣言していた矢先であった[22]

2001年6月17日神奈川県横須賀市の自宅で好物の「赤いきつね」を食べた後、首つり自殺[30]。享年40。

人物編集

  • 語録は「妄想にタブーなし!」「人生なんてしょせん死ぬまでの暇つぶし」「夢精は寝て待て」「開いた膣が塞がらない」「セックスは膣を使ったオナニーだ」「百に一つの個性は尊重されるが、万に一つの個性は抹殺される」。
  • 数あるドラッグの中でも大麻を好んだ。
  • 惰眠を貪る余り、布団の裏側にキノコが生えていたという逸話がある[26]
  • 晩年は様々な欲望の中で、睡眠欲を思う存分に満たすことが最大の快楽であると書いていた。
  • バブル時代は毎月のようにタイに遊びに行っていた。主な目的は少女買春ヘロインだった[31]
  • 学生時代から大変な読書家であり、二階の書斎の本の重みで一階のトイレのドアが開かなくなったこともある[32]
  • 特殊漫画家の中では根本敬山野一を最も高く評価していた[33][34]
  • 1970年代からのプログレッシブ・ロックのファン。1990年代以降はテクノファンであった。遺作となった『危ない1号』第4巻「青山正明全仕事」には本人自選のレコードやCDのリストとして「音キチのあなたに捧ぐ……音源360選」と題した書き下ろし記事が収録されている。
  • 青山と共に鬼畜ブームの一翼を担った村崎百郎は雑誌に寄稿した追悼文の中で「青山の本性は優しい善人で、決して俺のようにすべての人間に対して悪意を持った邪悪な鬼畜ではなかった。『危ない1号』に「鬼畜」というキーワードを無理矢理持ち込んで雑誌全体を邪悪なものにしたのはすべてこの俺の所業なのだ」と語っていた[35]
  • 吉永嘉明は青山について「日本一のマザコン」「変態というより変態好きの少年」「真の鬼畜というにしては、あまりに感じやすい人だった」と述べており、東京公司のスタッフ達からは「24時間フル稼働の心配事製造工場」という綽名も付けられていた[26]。吉永は著書『自殺されちゃった僕』の第3章「青山正明の思い出」の中「死に顔」で青山が自殺した原因を以下の様に推察している。
    青山さんの葬儀で、僕は棺桶に入った冷たい遺体を見た。その顔は苦痛に歪み、ホラー映画のようで、いかにも苦しい、という顔をしていたのだ。顔色もドス黒い緑色をしており、化学物質の摂りすぎという不健康な印象を与えた。青山さんの死に顔は、まるでムンクの「叫び」のような恐怖でゆがんだ表情だった。健康に気を遣いすぎるほど気を配る人だった。缶の日本茶を飲むときでも「空気に長時間触れると、缶が酸化して体に毒だから」とわざわざ移し替えていたほどの人が、いったいなんでこんなに化学薬品をとりすぎて破滅したのだろう。これは推測でしかないけれど、僕がつき合ってきて見てきた性格とか、デスマスクの表情を基に判断すると、青山さんはやっぱり死ぬのが怖かったんじゃないかと思う。僕は青山さんの二人の元・奥さんに、僕が推察した彼の自殺の原因を確認してみた。総合すると、「心配事製造工場」たる青山さんは、種々の悩みをかかえ、その上でヘロインと覚醒剤のリバウンドとドラッグ購入のための借金苦が重なり、どうにもたまらなくなって死んだのではないだろうか。僕にはそう思える。

著書編集

編著編集

  • エキセントリック 第6号 バンコクびっくりショー!(中央法科研究所 1990年8月
  • タイ読本 絶対保存版!(別冊宝島EX/WT 1992年8月吉永嘉明との編著)
  • 気もちいいクスリ(別冊宝島173 1993年3月
    • 「クスリ」という快楽(宝島社文庫 2000年5月)
  • 裏ハワイ読本 ディープに取材した楽園の素顔(別冊宝島EX 1993年8月、吉永嘉明との編著)
  • 薬のウラがわかる本(別冊宝島191 1994年2月
  • アダルトグッズ完全使用マニュアル(データハウス 1994年7月、吉永嘉明との編著)
  • 地獄のハリウッド Sexと殺人とスキャンダルの映画史(洋泉社 1995年1月大久保賢一大内稔越智道雄江戸木純との共著)
  • 危ない1号 第1巻 ドラッグ(データハウス 1995年7月、吉永嘉明との編著)
  • 危ない1号 第2巻 キ印良品(データハウス 1996年4月、吉永嘉明との編著)
  • 危ない1号 第3巻 快感(データハウス 1997年9月、吉永嘉明との編著)※企画のみ
  • 続・危ない薬―SEX&ドラッグ併用マニュアル(データハウス 1997年7月、黒野忍著)※下段の補遺を村崎百郎と共同執筆(無署名)[36]

編集・執筆編集

雑誌連載・寄稿編集

記事名 所載
ロリコンの恋ものがたり[37] 慶応大学ジャーナリズム研究会『突然変異』創刊号
西井幼名の海外ポルノ情報
ついに実現! 突然変異VSピチピチロリータ
六年四組学級新聞[38] 突然変異社『突然変異』2-3号
白夜書房Hey!Buddy』1982年2月号-9月号
趣味の医学書 突然変異社『突然変異』2号
トイレットペーパーの巻き方
母乳愛序説[39] 突然変異社『突然変異』3号
HOW TO LOLITA 幼女愛好快楽追求法―幼女の意識を制御― 白夜書房『Hey!Buddy』1981年12月号
ふゅーじょんぷろだくと編『ロリコン白書―ロリコン同人誌ベスト集成』エンドレス企画/白夜書房 1982年7月発行
アメリカのポルノ男優名勝負 平凡出版BRUTUS』1982年4月15日号
父よ、あなたも乳が出る!
ロリコンを知らずして80年代の性は語れない[40]
Flesh Paper(肉新聞) 白夜書房『Hey!Buddy』1982年10月号-1985年11月号(推定37回)
白夜書房→コアマガジン『Crash』1986年6月号-1996年3月号(全150回)[41]
大亜出版『BACHELOR』1986年8月号-1995年8月号(全101回)[42]
データハウス危ない1号』第4巻「特集/青山正明全仕事」1999年9月発行(上記雑誌掲載分から147回分を収録)
グログロ映画評→グログロビデオ評[43] 白夜書房『Hey!Buddy』1983年7月号-1985年11月号
死体写真コーナー 不幸な人々 白夜書房『ビデオ・ザ・ワールド』1983年11月創刊号-1984年4月号
少女のオシッコ、いーかげん大研究!! 白夜書房『Hey!Buddy』1984年1月号
超法規美少女ビデオのマニヤ度 白夜書房『ビデオ・ザ・ワールド』1984年1月号
海外ロリータポルノビデオ紹介 白夜書房『Hey!Buddy』1984年2月号-1985年11月号
ヘイ!バディー廃刊記念座談会 白夜書房『Hey!Buddy』1985年11月号
ルックルック驚いた ツインガールズ くっつき姉妹、びっくりヌード! 白夜書房『Billy』1984年2月号
神秘かグロか! 誕生の瞬間[出産ビデオ] 白夜書房『ビデオ・ザ・ワールド』1984年3月号
鬼畜ファックビデオのすごさ!! 親が観たら泣く、ロリータ本番[44] 白夜書房『ビデオ・ザ・ワールド』1984年5月号
医学ビデオにエッチな期待! ビデオで観る「家庭の医学」
ホラービデオが大好きッ!
D・CUP乳しぼり!ミルクタンク大爆発?! 入手方法つき、デカパイマニヤ必見 白夜書房『Billy』1984年7月号
ロリータ・ビデオのすすめ![ワレ目を合法的に観賞できる] 白夜書房『ビデオ・ザ・ワールド』1984年11月号
とってもボイン? 日米Dカップビデオ研究 白夜書房『ビデオ・ザ・ワールド』1984年12月号
あくまでワレ目! ヨーロッパ・チャイルド・ビデオ!!
デンマーク発ほとんど犯罪ビデオ 白夜書房『ビデオ・ザ・ワールド』1985年1月号
ロリータFUCKビデオを楽しく観賞してみよう!!
オー、こわッ! 血だらけ恐怖ビデオ、ショック場面に首ったけ!! 白夜書房『ビデオ・ザ・ワールド』1985年2月号
クソ生意気なホテトル売春娘が本番!
無残にかき出された胎児!! 堕胎の現場──局部アップ!! 実際の中絶手術の現場にカメラが潜入! 白夜書房『Billyボーイ』1985年2月号
オー、くわばら! スプラッターB級ビデオのショック場面に首ったけ!! 白夜書房『ビデオ・ザ・ワールド』1985年3月号
デカパイ洋物ビデオが大好きだ!!
目がつぶれそうに恐い女体バラバラ誌上試写 実写!人間切り刻み現場!! 白夜書房『Billyボーイ』1985年3月号
超残酷ワンダーランド 血しぶき飛び交うB級スプラッタービデオに大興奮 白夜書房『ビデオ・ザ・ワールド』1985年4月号-6月号
「母乳愛」空論 大亜出版『BACHELOR』1985年5月号-8月号
My Favorite Movie 東京ニュース通信社『ビデオコレクション』1985年6月号-1985年9月号
SM少女は楽しい玩具だ! 人間犬を連れて真夜中のお散歩 ワンワン少女を調教!! 自宅で飼える人間犬!! 白夜書房『Billyボーイ』1985年8月号
変態雑誌 現在・過去・未来(青山正明×永山薫 白夜書房『Crash』1985年10月創刊号
WHO'S WHO ビデオソフト怪紳士録 東京ニュース通信社『ビデオコレクション』1985年10月号-1987年9月号
青山正明の焚書抗快→青山正明の新・焚書抗快[45] 大亜出版『BACHELOR』1985年9月号-1995年8月号
無差別イタズラ講座 英知出版『VIVIAN』1985年10月号-11月号
ドラッグ考「意識の彼方へ」 三和出版サバト』1985年11月創刊号
幼児ポルノ&幼児嗜好 大亜出版『DEEP SPECIAL』1986年1月号
Sexology 大亜出版『DEEP SPECIAL』1986年2月号-5月号?
良い子のための変態実践教室 大亜出版『BACHELOR』1986年2月号-7月号
CULT MOVIE 白夜書房『METAL KIDS!』1986年3月20日発行
地下ビデオの展望 桃桜書房『ロリータ大鑑』1986年4月発行
奇跡の千摺り──青山正明のもっと気持ち良く射精するためのへんたいゼミナール 白夜書房『Crash』1986年3月号-5月号
境界線上の往還者たち/恐怖映画における死後の世界 東京デカド社『月光』12号 1986年8月20日発行
彷徨する異種性愛者たち/第三の性の実態を探る 大亜出版『DEEP SPECIAL』1986年10月号
スカトロ人間学 求龍社『スカトピア』創刊号 1987年発行[46]
コプロラグニアへの憧景 求龍社『スカトロスペシャル』1987年発行
桃桜書房『コプロラビア』創刊記念号 1987年発行
絵画教室をわざわざ開いてロリータをユーワク 桃桜書房『ZOPHY』創刊号(セーラー服ギャクタイ特集号)1987年発行
内臓感覚 D・クローネンバーグ 三和出版『ベストビデオ』1987年3月増刊
ファナティックの方舟 少年出版社『VZONE』1987年5月号
青山正明の人生相談 ペガサスブック『フィメール』創刊号 1988年発行
ポセイドンブック『MASPET』1989年発行
せっかくディスク、だったらディスク エコー企画『シティロード』1989年-1990年頃
バンコクびっくりショー! 中央法科研究所『エキセントリック』Vol.6 1990年8月1日発行
過剰なる刺激を求めて──危ない本の10年を振り返る アレック情報出版『えじゃないか』1992年1月号
ドッキリ幻覚キノコ教室 アレック情報出版『えじゃないか』1992年3月号
タイ・ユース・カルチャー コンサートから暴走族まで JICC出版局別冊宝島EX タイ読本 絶対保存版!』1992年8月22日発行
宝島社文庫『タイ極楽ガイド 表も裏もまるかじり』2000年7月26日発行
タイ王国ロック・シーン見聞録
プリミティヴなパワーに満ちたタイ出版業界 その物と金の流れを鳥瞰する
No.1の部数を誇る“男と女”の情報誌『クー・サーン・クー・ソム』
エロ・メディアと法規制 裏本も裏ビデオもどっさり
小さい仏様 プラ・クルアン
エイズは対岸の火事にあらず
少女売春と人身売買の実態
禁断のスパイス ドラッグ 大麻、ヘロイン、覚醒剤…
バンコク名物“交通渋滞”慢性的な便秘に悩む天使たち
バンコクの歓楽街
アンチ・スモーキング・キャンペーン 煙草を吸うのはブルーカラーの証
ハイ&ロウ・イン・バンコク 金持ちと貧乏人
コンドミニアム・ラッシュ
児童労働エレジー
在タイ日本人ビジネスマンの憂鬱
さらば、ジープン・ユンピー
タイ人の味覚 オムレツと焼き魚
童話に学ぶタイ人の『常識』 抄訳『シータノン・チャイ』&『サントーン』
要点暗記・在タイ華僑の歩み
値札をつけたタイ美人 ビューティー・コンサートの裏に渦巻く“欲とカネ”
賄賂はびこるタイ社会 “泣く子も黙る”警察官
民族と人種の交差点 バンコクっ子の異民族&外国人ウォッチング
孤独なアウトサイダー ペヨトル工房『銀星倶楽部16 クローネンバーグ』1992年8月31日発行
ツインズ・フィードバック JICC出版局『地獄のハリウッド!』1993年2月11日発行
ほのかなトリップを薬局で 大衆薬に含まれる向精神物質 宝島社別冊宝島173 気持ちいいクスリ』1993年3月発行
ドラッグの王国へようこそ この蠱惑的な国に足を踏み入れる前に、知っておきたい八つの基礎知識
代表的ドラッグ基礎講義 覚醒剤・コカイン・LSD・ヘロイン・マリファナの「傾向と対策」
いままで誰も書かなかった 最も危険な観光ガイド
NY、ロンドン、アムステルダムから南米、モスクワまで、世界のドラッグ名所・完全ガイド
(取材・構成/青山正明・小松由利香・武宮龍彦)
ハードコア・ドラッグ・カクテル ジョン・ベルーシをブッ飛ばせ!(体験・構成/青山正明)
【ドラッグ鼎談】日本には“シャブ・カルチャー”しかなかった! 夏原武×ソーマ・ヒカリ×青山正明
クスリの常識・非常識 Q&A30 水虫の治療薬でノーベル賞ってホント?
監修/堀美智子(帝京大学薬学部)
宝島社『別冊宝島191 薬のウラがわかる本』1994年2月10日発行 
タイ・イカサマバクチ地獄めぐり 宝島社『別冊宝島197 裏ギャンブルの世界』1994年5月8日発行
逸脱のシンボル クスリ 短絡的快楽装置 福武書店『季刊子ども学』Vol.4夏号 1994年7月1日発行
セックス・サプリメント データハウス『アダルトグッズ完全使用マニュアル』1994年7月25日発行
セックスレスとアダルトグッズ
ロリータをめぐる冒険 宝島社『宝島30』1994年9月号
真正ロリコン列伝
鼎談/受験と女権とロリータ文化[47]
“性は生なり、性は脳なり”大島清インタビュー 宝島社『宝島30』1994年11月号
Sex,Drug and My Life 快楽原則の此岸 青土社imago』1995年6月号
情報超捻転 東京公司編集『危ない1号』、遂に出る! 衝撃の妄想爆裂ブック、特集は『ドラッグ』だ コアマガジン『熱烈投稿』1995年8月号(1995年6月26日発売)
奇形児のホルマリン漬けや全身剝き身の死体標本がズラリ タイはバンコクの「犯罪&外科博物館」 データハウス『危ない1号』第1巻「特集/ドラッグ」1995年7月発行
優雅ニシテ安泰ナル人生トハ 惰眠のススメ 世界文学教養編 同上
月刊『バチェラー』(ダイアプレス/90年前後の暮れあたりの号)
裏テクノ専門学校・石野卓球VS青山正明 太田出版Quick Japan』vol.5 1995年12月24日発行
身体的差異を乗り越えたお付き合い "彼ら"から目をそらすな! データハウス『危ない1号』第2巻「特集/キ印良品」1996年4月発行
フリークス写真館
全盲青年がウンコ喰らって勃起する!!『ハンディキャップをぶっとばせ!〜僕たちの初体験〜』
露出の限界に挑戦!? 健康雑誌『ターザン』の体育系身体障者特集号
なくそう差別! 使わないぞ差別用語!! 大メディアにおける身体障害者関連差別用語言い換え集
路上で"哀れみ"を競い合う──乞食と障害者
これが“テイストレス”の実態だ! 障害者を笑いのネタにした米製ジョーク集
主なフリークス&ニセフリークス出演映画
開錠テクから爆弾製造法、殺人術まで鬼畜系趣味人たちのネタ元ライブラリー アルバン
読むエクスタシー イスラム神秘主義詩人ルーミー
史上最悪のキャンパス・マガジン『突然変異』の受難 レイアウターが自殺未遂!? キリンにいいとこ見せたくて──ロリコン/スカトロ──大変態時代 お岩の呪い 史上最低のゲス海外旅行雑誌『エキセントリック』そして東京公司……(青山正明×村崎百郎) 鬼畜ナイト実行委員会+東京公司編『別冊危ない1号 Vol.1 鬼畜ナイト─新宿でいちばんイヤ〜な夜』1996年8月発行 データハウス
帰ってきた男・対談 怒られっぱなしの拘置所生活 シャバはいいな〜本当でよかった○○○ 3回狂いました 人間やめた方々 女の子にやさしいおまわりさん シャ○好きの猫(青山正明×石丸元章
ゲス、クズ、ダメ人間の現人神・『危ない1号』の編集長 青山正明氏に聞く! コアマガジン『世紀末倶楽部』Vol.2 1996年9月発行
LOVE&DRUG 第一回 エクスタシー 祥伝社フィール・ヤング』1996年9月号
鬼畜カルチャーの仕掛け人が語る欲望の行方(青山正明×村崎百郎) 扶桑社SPA!』1996年12月11日号
ジャンク・カルチャーの送り手が語る 残酷なものを“見たがる”欲望の深層(青山正明×木村重樹 アスキー週刊アスキー』1997年7月28日号
バリ島でキノコトリップ[48] 黒野忍『続・危ない薬―SEX&ドラッグ併用マニュアル』データハウス 1997年7月
LSDヨタ話[48]
鍵のありか[48]
バリ島のはまりかた[48]
バラナシのはまりかた[48]
カルカッタのハマリかた[48]
デプレニルではハルマリンの代用不可[48]
酒なんてやめて眠剤でGO![48]
大麻党を結成せよ!![48]
睡眠薬の間違った使い方講座 睡眠薬自由自在 データハウス『危ない1号』第3巻「特集/快感」1997年9月発行
アニアから初心者へ愛を込めて……飛ぶか沈むか眠剤ホロ酔い講座
若者よ横になろう! 惰眠のススメ
解説 ねこぢるねこぢるだんご朝日ソノラマ 1997年11月1日初版発行
アンダーグラウンドでいこう! 自販機本からハッカー系まで(青山正明×永山薫) 宝島社『別冊宝島345 雑誌狂時代!』1997年11月15日発行
今をときめく天才編集者のエロ本原風景 エロ雑誌とオナニーと私 ワニマガジン社『エロ本のほん』1997年12月20日発行
セックスとドラッグとイヌ 垂脇書店『月刊タルワキ』Vol.2 1997年12月25日発行
“偉大なるゲスマンガの金字塔”元『危ない1号』編集長・青山正明氏かく語りき コアマガジンBUBKA』1998年1月号
「愛すべき自分」を創造・構築するために 心と体に“効く”ブック・ガイド データハウス『危ない1号』第4巻「特集/青山正明全仕事」1999年9月発行
ナチュラル・ハイ=クリーンを目指して……『危ない薬』(92年刊)以降のドラッグ事情
音キチのあなたに捧ぐ……音=楽
音キチのあなたに捧ぐ……音源360選
本作りは芸、編集者もモノ書きも芸人ですよ
単行本第2弾を出版した青山正明インタビュー
(聞き手・構成/靍師一彦
創出版『』1999年12月号
シャバはいいけどシャブはいけません─帰ってきた? 天才編集者 青山正明 コアマガジン『BURST』2000年9月号
イメージの治癒力──「諦観」と「リズム」でハイな毎日を

ロリータビデオ編集

  • あゆみ11歳 小さな誘惑(1982年8月 三田プロダクション) - 青年役
  • テレ美少女コレクション(1983年11月 いちご通信社) - 司会進行役

参考文献編集

関連人物編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 天才編集者 故青山正明インタビュー 平野悠. BURST 2000年9月号
  2. ^ a b c 吉永嘉明『自殺されちゃった僕』(幻冬舎アウトロー文庫)第3章「青山正明の思い出」の中「慶応ボーイ」より。
  3. ^ このミニコミ誌は伝説的自販機本Jam』『HEAVEN』の影響を色濃く受けており、方向性だけでなく共通の内容も両誌には見られる(例としてアメリカ西海岸アンダーグラウンド・マガジンWET英語版』の記事を勝手に翻訳して誌面に載せるなど)。青山は『別冊宝島345 雑誌狂時代!』(宝島社 1997年)掲載の永山薫との対談記事の中で「面白かった時代っていうと、やっぱり『ジャム』『ヘヴン』の頃。要するに、エロとグロと神秘思想と薬物、そういうものが全部ごちゃ混ぜになってるような感じでね。大学生の頃にそこらへんに触れて、ちょうど『ヘヴン』の最終号が出たくらいのときに、『突然変異』の1号目を作ったんです」と語っている。また青山は出版業界に入った理由について「僕自身は『HEAVEN』という自販機本があって、その前身の『Jam』だったっけ? あそこらへんで、かたせ梨乃とか山口百恵ゴミ箱あさって……たしか、かたせ梨乃のタンポンとか、山口百恵の妹の学校のテストが二十点とかいう、すっげえ成績悪いやつを全部並べて写真撮って載せてるような……そういうメチャクチャな自販機本があったんですよ。それ見てね『あっ、こんな楽しいことやってて、食っていけるんだなー』って思って、うっかり入っちゃったんだよね。そのあとも、うっかり続きで(笑)」と1996年のトークイベント『鬼畜ナイト』にて語っている。
  4. ^ 吉永嘉明『自殺されちゃった僕』(幻冬舎アウトロー文庫)第3章「青山正明の思い出」の中「幻のキャンパス・マガジン」より。
  5. ^ ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界 第3回
  6. ^ 谷地淳平 キリン舎前の決闘
  7. ^ 谷地淳平 ミニコミ誌の思い出 その19 青山正明「六年四組学級新聞」
  8. ^ a b c ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界 第11回
  9. ^ 谷地淳平 ミニコミ誌の思い出 その12 青山正明のこと3
  10. ^ ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界 第5回
  11. ^ アリスビデオのデータベース メーカー別ガイド
  12. ^ 『宝島30』1994年9月号 青山正明「ロリータをめぐる冒険」167頁。
  13. ^ a b c ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界 第12回
  14. ^ 青山正明「ロリータをめぐる冒険」『宝島30』1994年9月号 164-168頁。
  15. ^ ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界 第33回 ロリコンにおける青山正明(5)
  16. ^ a b ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界 第13回
  17. ^ ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界 第45回 青山正明と「Flesh Paper」/『Crash』編(1)
  18. ^ ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界 第42回 ホラー/カルト映画における青山正明(5)
  19. ^ 吉永嘉明『自殺されちゃった僕』(幻冬舎アウトロー文庫)第3章「青山正明の思い出」の中「バブル崩壊、失速」より。
  20. ^ 吉永嘉明『自殺されちゃった僕』(幻冬舎アウトロー文庫)第3章「青山正明の思い出」の中「大麻取締法違反」より。
  21. ^ ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界 第55回 青山正明と「Flesh Paper」/『Crash』編(11)
  22. ^ a b 速水由紀子新人類世代の閉塞 サブカルチャーのカリスマたちの自殺」『AERA』2001年11月19日号
  23. ^ 「94年11月に日本全国で症例50名前後という眼病疾患、奇病MPPEを患い、失明の恐怖を背負いこんで加速度的に“悟り”の境地へ。本書を最後に、“路線変更”を決意……と、まあ、そんなこたぁ、どうでもいいか……」『危ない1号』第4巻「青山正明全仕事」あとがき
  24. ^ 高橋淳子世紀末カルチャー 残虐趣味が埋める失われた現実感」『AERA』1997年6月23日号
  25. ^ 吉永嘉明『自殺されちゃった僕』(飛鳥新社)第1章「妻・早紀のことⅠ」の中「出会い」より。
  26. ^ a b c 吉永嘉明『自殺されちゃった僕』(幻冬舎アウトロー文庫)第3章「青山正明の思い出」の中「ひきこもる日々」より。
  27. ^ 2000年1月に発生した一連の爆弾事件で、犯人が同誌を参考に爆発物を製造したと供述したため、廃刊を余儀なくされた。
  28. ^ イメージの治癒力──「諦観」と「リズム」でハイな毎日を BURST 2000年9月号
  29. ^ ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界 第22回
  30. ^ 吉永嘉明『自殺されちゃった僕』(幻冬舎アウトロー文庫)第3章「青山正明の思い出」の中「死に顔」より。
  31. ^ 吉永嘉明『自殺されちゃった僕』(幻冬舎アウトロー文庫)第3章「青山正明の思い出」の中「仕事に燃えた日々」より。
  32. ^ マガジンハウス『自由時間』1995年6月15日号 26-27頁
  33. ^ ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界 第21回
  34. ^ コアマガジンBUBKA』1998年1月号
  35. ^ 村崎百郎「非追悼 青山正明──またはカリスマ・鬼畜・アウトローを論ずる試み」『アウトロー・ジャパン』第1号(2002年1月18日発行/太田出版
  36. ^ 伝説の編集者・青山正明と村崎百郎との想い出 - Togetter
  37. ^ 青山正明の旧友を名乗る人物が青山の高校時代から大学時代までのロリコン遍歴を綴る自作自演の無署名原稿。
  38. ^ 「6年4組学級新聞」の表記揺れあり。
  39. ^ 西井幼名名義。
  40. ^ 突然変異』編集スタッフ(青山正明+谷地淳平+車田正一+佐々木正代)の共同制作。
  41. ^ 1995年7月号は村崎百郎による代筆。95年9-12月号は休載。
  42. ^ 1995年8月号は村崎百郎による代筆。94年2-3月、8月号、11月号、95年3月号、7月号は休載。
  43. ^ 「Flesh Paper」内での連載。1984年4月号から「グログロビデオ評」に改題。
  44. ^ 全米で上映禁止となった13才少女が出演するポルノ映画『ザ・ロリータ〈姦痛〉』の紹介記事。
  45. ^ 「Flesh Paper」内での連載。1987年12月号より「青山正明の新・焚書抗快」に改題。1995年8月号は村崎百郎による代筆。
  46. ^ 群雄新社の同名誌とは無関係。
  47. ^ 志水一夫斉田石也との鼎談。
  48. ^ a b c d e f g h i 無署名原稿。

外部リンク編集