メインメニューを開く

青島農業大学(チンタオのうぎょうだいがく、英語:Qingdao Agricultural University)は中華人民共和国山東省青島市に所在する農業大学であり、「山東省有名学校プロジェクト」に基づく最初の大学で、中国国務院によって学士号を授与された最初の大学の1つでもある。学校には城陽区莱陽市(独立系大学)の2つのキャンパスがあり、平度市にもキャンパスを建設中である。 青島農業大学はの分野に一定の影響力を持つ。

青島農業大学
Qingdao Agricultural University logo.gif
校訓 厚德、博学、篤行、致遠
学校種別 省属重点多科性大学
設立年 1951年
学長 宋希雲
理事会人数
1078人
学生数 2.4万余人
所在地 中華人民共和国の旗 中国山東省青島市城陽区永城路700号
山東省莱陽市文化路65号
キャンパス 城陽キャンパス
莱陽キャンパス
ウェブサイト http://www.qau.edu.cn/
テンプレートを表示

概要編集

1951年に開校した萊陽農業學校が前身[1]。そこから、4度の改名を経て、2001年に山東省政府の承認によって青島キャンパスの設立が承認され、2007年3月に教育省によって青島農業大学と改名された[1]。その後、学校の本部は莱陽市から青島市の城陽区に移された。

2016年1月現在、学校には青島と莱陽の2つのキャンパスがあり、3,616の面積と790,000平方メートルを超える校舎がある。機器の総価格は3億4,700万に達した。図書館には2,272,200冊の書籍があり、2,486,300冊の電子書籍がある。専任教員は1506人で、そのうち上級職は662人、学部生は77人である。

統計によると、2015年の青島農業大学の技術資金は1億7,560万に達し、山東省で2番目にランクされた。

2018年11月15日の基礎科学指標データベースの最新のデータによると、2008年1月1日から同年8月31日までの期間、青島農業大学の動植物学および農業科学はESI Globalでの世界1位を獲得していた。

著名な卒業生編集

  • 李登海 - 最初の全国トップ10の優秀な若者、優れた貢献を持つ若いと中年の専門家、山東省東海種子有限公司の会長、国立トウモロコシ工学技術研究センター(山東省)のディレクター
  • 徐會連 - 東京大学博士、日本自然農業法国際研究

脚注編集

  1. ^ a b 历史沿革” (中国語). www.qau.edu.cn. 青岛农业大学. 2019年3月22日閲覧。