青州(せいしゅう)は、中国にかつて存在した

先秦時代編集

上古の中国の九州の一つに数えられている。具体的な区域については、『尚書』では「海岱」すなわち泰山から黄海までの区域とし、『周礼』では「正東」すなわち中原から真東側にあたる地域であるとする。なお、『尚書』は州名の由来について東方は五行の木に属し、木は青色に対応するためであると説明している。

漢代編集

紀元前106年元封5年)、武帝が全国を13州に分割し各州に刺史を設置した際、おおむね現在の山東省にあたる地域を青州刺史部とし、平原千乗済南斉郡北海東萊菑川膠東高密の9郡を管轄した。

前漢滅亡後の混乱期には赤眉軍の根拠地となったが、光武帝に破られた。後漢に入って臨朐を州治とした。後漢末期、青州は黄巾賊が大流行しており、青州の黄巾賊が中国北部を大いに荒らし、兗州に攻め込み192年に兗州刺史劉岱を殺したが、兗州刺史となった曹操に黄巾賊の兵30万人、非戦闘員100万人が降伏している。曹操は、その中から精鋭を選んで自軍に編入し、「青州兵」と名付けた。その後、袁紹の子の袁譚田楷孔融との争いに勝利し、青州を支配したが、曹操に敗れて青州を奪われた。その後も青州は賊の巣窟となり治安が悪かったが、曹操の部将の臧覇孫観夏侯淵呂虔牽招らが賊を討伐し、青州刺史となった王淩が優れた政治を行い、ようやく治安が回復した。

魏晋南北朝時代編集

永嘉以後の動乱の中で、青州は曹嶷後趙段龕前燕前秦南燕などと目まぐるしく支配者を変えることになった。劉裕の北伐により東晋が青州を占領すると、東晋は既に現在の淮安市周辺に僑州として青州を置いていたため、本来の青州を「北青州」とし、僑州を「南青州」とした。北魏が青州を占領した後も、この区分を襲い、青州と南青州を併置した。東晋の安帝時期に州治を東陽城に移した。北斉天保7年(556年)に州治を南陽城に移した。南朝宋文帝時期に冀州(後の斉州)、470年皇興4年)に光州に分割されるなど細分化が進んだ。

隋代編集

初には、青州は3郡7県を管轄した。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、青州は北海郡と改称され、下部に10県を管轄した[1]。隋代の行政区分に関しては下図を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
青州 北海郡
斉郡 北海郡 楽安郡 益都県 臨朐県 寿光県
北海県 下密県 都昌県
営丘県 博昌県 千乗県
臨淄県
益都県 昌国県 下密県 都昌県 楽安県 千乗県
高陽県

唐代編集

621年武徳4年)、により北海郡は青州と改められた。742年天宝元年)、青州は北海郡と改称された。758年乾元元年)、北海郡は青州の称にもどされた。青州は河南道に属し、益都・臨朐・寿光・北海・博昌・千乗・臨淄の7県を管轄した[2]。唐末には淄青平盧節度使の王師範が割拠したが、後梁に滅ぼされた。

宋代編集

のとき、青州は京東東路に属し、益都・臨朐・寿光・博興・千乗・臨淄の6県を管轄した[3]

金代編集

が青州を占領すると、1138年天眷元年)に青州は益都府に昇格した。益都府は山東東路に属し、益都・臨朐・穆陵・寿光・博興・楽安・臨淄の7県と広陵・博昌・淳化・新鎮・高家港・清河・王家の7鎮を管轄した[4]。金末には軍閥の李璮が割拠したが、モンゴル帝国に滅ぼされた。

元代編集

1266年至元3年)、モンゴル帝国により益都府は益都路と改められた。益都路は中書省に属し、録事司と6県8州州領15県を管轄した[5]1367年朱元璋により益都路は青州府と改められた。

明代以降編集

のとき、青州府は山東省に属し、直属の益都・臨淄・臨朐・寿光・博興・高苑・楽安・昌楽安丘諸城蒙陰の11県と莒州に属する沂水日照の2県、合わせて1州13県を管轄した[6]

のとき、青州府は山東省に属し、益都・博山・臨淄・臨朐・寿光・博興・高苑・楽安・昌楽・安丘・諸城の11県を管轄した[7]

1913年中華民国により青州府は廃止された。

脚注編集

  1. ^ 隋書』地理志中
  2. ^ 旧唐書』地理志一
  3. ^ 宋史』地理志一
  4. ^ 金史』地理志中
  5. ^ 元史』地理志一
  6. ^ 明史』地理志二
  7. ^ 清史稿』地理志八

関連項目編集