青年 (1962年の映画)

青年』(せいねん、Hemingway's Adventures of a Young Man)は1962年アメリカ合衆国ドラマ映画。 監督はマーティン・リット、出演はリチャード・ベイマーポール・ニューマンなど。 文豪アーネスト・ヘミングウェイの短編シリーズ『ニック・アダムス物語』から10本を再構成した作品である[2]

青年
Hemingway's Adventures of a Young Man
監督 マーティン・リット
脚本 A・E・ホッチナー英語版
原作 アーネスト・ヘミングウェイ
ニック・アダムス物語
製作 ジェリー・ウォルド英語版
出演者 リチャード・ベイマー
ポール・ニューマン
アーサー・ケネディ
ジェシカ・タンディ
ダイアン・ベイカー
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 リー・ガームス英語版
編集 ヒュー・S・ファウラー
製作会社 ジェリー・ウォルド・プロダクションズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1962年7月18日シカゴ
アメリカ合衆国の旗 1962年7月25日ニューヨーク
日本の旗 1962年9月22日
上映時間 145分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
製作費 $4,100,000[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

ミシガン州の田舎町で両親と暮らす19歳の青年ニック・アダムスは、いつまでも自分を子供扱いして縛り付けようとする威圧的な母親やそんな母親に全く逆らえない父親、そして田舎町での生活の全てに嫌気がさし、かねてから夢見ていたニューヨークで新聞記者になることを目指して家出する。旅の途中で様々な人々と出会い、様々な経験をしたニックは、ニューヨークで新聞記者の職を探すが経験のない彼は門前払いされる。その後、第一次世界大戦中のイタリアに、赤十字の仕事を支援する志願兵として赴くこととなる。戦争について深く考えずに志願したニックだったが、戦場の悲惨さを目の当たりにして、戦争とは何かについて深く考えるようになる。そんな中、ニックは戦場で大怪我を負い、病院に入院すると、そこで出会った看護師ロザンナと恋に落ちる。ところがニックが彼女に結婚を申し込もうとした矢先、病院が爆撃され、ロザンナはニックの腕の中で亡くなる。帰国したニックを地元の人々は英雄として大歓迎する。しかし、その場に父親の姿がないことに疑問を抱いたニックは母親から父親が自殺したことを既に手紙で伝えてあったはずと言われる。手紙はニックのもとに届いておらず、ショックを受けたニックは歓迎レセプションの場から立ち去り、家で父親が自殺したときの様子を母親から聞く。その後、しばらくは実家でぶらぶらしていたニックだったが、仕事を世話してやるという母親に遂に決別を宣言し、改めてニューヨークでこれまで見聞きして来たことを文章に書くと告げると、生まれ育った故郷を後にする。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
NETテレビ
ニック・アダムス
(物書きを目指す青年)
リチャード・ベイマー 森功至
ヘンリー・アダムス
(ニックの父親で医師)
アーサー・ケネディ 筈見純
アド・フランシス
パンチドランカーの元ボクシングチャンピオン)
ポール・ニューマン 中田浩二
ヘレン・アダムス
(ニックの母親)
ジェシカ・タンディ 京田尚子
バグズ
(フランシスの面倒を見ている男)
ファノ・フェルナンデス英語版 加藤正之
伯爵夫人
(イタリアに派遣する志願兵を募集)
コリンヌ・カルヴェ英語版  沢田敏子
キャロリン
(ニックの既に関係の冷めている恋人)
ダイアン・ベイカー 青木明子
エディ・ボールトン マーク・キャベル英語版 熊倉重之
ジョージ マイケル・J・ポラード 八代駿
ビリー・キャンベル
バーレスクの旅巡業一座の広告宣伝係)
ダン・デイリー英語版 野本礼三
ターナー
(キャンベルの雇い主で相棒の興行師)
フレッド・クラーク英語版 石井敏郎
モリス バルーク・ルメット英語版 野本礼三
ロザンナ
(ニックと結婚を誓い合った看護師で伯爵令嬢)
スーザン・ストラスバーグ 渋沢詩子
パドュラ少佐
(ニックが命を救った上官)
リカルド・モンタルバン 家弓家正
ジョヴァンニ(ジョン)・ブラッチャ伍長
(ニックの従卒で気のいいイタリア人)
イーライ・ウォラック 加茂喜久
グリッフィ伯爵 チュリオ・カルミナチ 塩見竜介
電信技手
(ニックが父親に電報を打とうとした際の担当)
ジェームズ・ダン
マネラ 細井重之
市長 藤本譲
編集長   国坂伸
看護婦(1) 北見順子
看護婦(2) 落合美穂
女(1)   中村美和子
バーレスク・クイーン シャロン・テート
(クレジットなし)
ナレーション N/A  中田浩二
演出 好川阿津志
翻訳 九鮎子
効果 PAG
調整 栗林秀年
制作 グロービジョン
解説
初回放送 1973年11月4日11日
『ニューシネマサロン』

出典編集

  1. ^ Solomon, Aubrey (1989) (英語). Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History (The Scarecrow Filmmakers Series). Lanham, Maryland: Scarecrow Press. p. 253. ISBN 978-0-8108-4244-1 
  2. ^ 青年”. WOWOW. 2013年5月24日閲覧。

外部リンク編集