メインメニューを開く

青春の光と影」(原題: Both Sides, Now)は、ジョニ・ミッチェルが作詞作曲した楽曲。ジュディ・コリンズによって最初にレコーディングされ、以後多くのミュージシャンにカバーされた。

青春の光と影
ジュディ・コリンズシングル
初出アルバム『Wildflowers
B面 Who Knows Where the Time Goes?
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ニューヨーク(1967年)
ジャンル フォークロック
時間
レーベル エレクトラ・レコード
作詞・作曲 ジョニ・ミッチェル
プロデュース マーク・アブラムソン、デヴィッド・アンダール[1]
チャート最高順位
ジュディ・コリンズ シングル 年表
Hard Lovin' Loser
(1971年)
青春の光と影
(1968年)
Someday Soon
(1969年)
ミュージックビデオ
「Both Sides, Now」 - YouTube
テンプレートを表示
青春の光と影
ジョニ・ミッチェル楽曲
収録アルバム 青春の光と影
リリース 1969年5月[2]
録音 ロサンゼルス、A&Mスタジオ
ジャンル フォークロック
時間 4分32秒
レーベル リプリーズ・レコード
作詞者 ジョニ・ミッチェル
作曲者 ジョニ・ミッチェル
プロデュース ジョニ・ミッチェル[2]

青春の光と影 収録曲
Side 1
  1. 「ティン・エンジェル」
  2. チェルシーの朝
  3. 「我を忘れて」
  4. 「ザット・ソング・アバウト・ザ・ミッドウェイ」
  5. 「ローゼズ・ブルー」
Side 2
  1. 「ギャラリー」
  2. 「私は判っている」
  3. 「年老いていく子供たちへ」
  4. 「フィドルとドラム」
  5. 青春の光と影
ミュージックビデオ
「Both Sides, Now」 - YouTube

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では171位にランクされている[3]

概要編集

1967年3月、ミッチェルは飛行機の中で「青春の光と影」を書き上げた。「I've looked at clouds from both sides now」という歌詞はソール・ベローの小説『雨の王ヘンダソン(Henderson the Rain King)』から来ている。彼女は次のように述べている[4][5]

私は飛行機でソール・ベローの『雨の王ヘンダソン』を読んでいた。本の初めで雨の王ヘンダソンもちょうど飛行機に乗っていた。彼はアフリカに向かう途中で、下に広がる雲を眺めていた。私は本を置き、同じように窓の外の雲を見た。それからすぐさま曲を書き始めたの。その時にはこの曲が有名になるなんて全く分からなかった。

1967年10月発売のジュディ・コリンズのアルバム『Wildflowers』に初めて収録された。その1年後の1968年10月にシングルカットされ、コリンズのバージョンは12月21日付のビルボード・Hot 100で8位を記録した[6]。ビルボードのイージーリスニング・チャートで3位、カナダRPMチャートで6位、イギリスで14位を記録した。B面はサンディ・デニーが書いた「Who Knows Where the Time Goes?」。

彼女のバージョンは1969年2月公開のアメリカ映画『Changes』(邦題:青春の光と影)に使用された[7]

ミッチェル本人が歌ったものは1969年5月1日発売のアルバム『青春の光と影Clouds)』に収められている[8]。1974年発売のライブ・アルバム『マイルズ・オブ・アイルズ』にライブ・バージョンが、2000年発売のアルバム『ある愛の考察~青春の光と影(Both Sides Now)』に再録音バージョンが収録されている。また、1974年4月22日にロンドンのニュー・ヴィクトリア・シアターで演奏したときの映像がBBCの番組『The Old Grey Whistle Test』で放映された[9]

その他のカバー・バージョン編集

1968年
1969年
1970年
1971年以降

脚注編集

  1. ^ a b 45cat - Judy Collins - Both Sides Now / Who Knows Where The Time Goes - Elektra - USA - EK-45639
  2. ^ a b Joni Mitchell - Clouds
  3. ^ Joni Mitchell, 'Both Sides Now' | 500 Greatest Songs of All Time | Rolling Stone
  4. ^ Hilburn, Robert (1996年12月8日). “Both Sides, Later”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1996-12-08/entertainment/ca-6804_1_early-songs 2017年8月10日閲覧。 
  5. ^ Bellow, Saul (1985). Henderson the Rain King. Penguin Books. p. 280. ISBN 0-14-007269-1. https://books.google.com/books?id=cdTdn-eVBJAC&q=%22We+are+the+first+generation+to+see+the+clouds+from+both+sides.%22&dq=%22We+are+the+first+generation+to+see+the+clouds+from+both+sides.%22&hl=en&ei=5p30TZSSIYbuuAPzo4DuBg&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1&ved=0CCkQ6AEwAA. "We are the first generation to see the clouds from both sides."  .. more likely "And I dreamed down at the clouds, and thought that when I was a kid I had dreamed up at them, and having dreamed at the clouds from both sides as no other generation of men has done, one should be able to accept his death very easily." Chapter 5 para 7.
  6. ^ Music: Top 100 Songs | Billboard Hot 100 Chart | THE WEEK OF DECEMBER 21, 1968
  7. ^ Changes - IMDb
  8. ^ Joni Mitchell / ジョニ・ミッチェル「CLOUDS / 青春の光と影」|ワーナーミュージック・ジャパン
  9. ^ Joni Mitchell - A Chronology of Appearances - 1974.04.22 New Victoria Theatre London, England
  10. ^ Claudine Longet - Colours (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  11. ^ Nana Mouskouri - Dans Le Soleil Et Dans Le Vent (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  12. ^ Skeeter Davis - "maryfrances" (Vinyl, LP) at Discogs
  13. ^ Marie Laforêt - Marie Laforêt Vol. VII (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  14. ^ Tom Clay - What The World Needs Now Is Love (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  15. ^ Katja Ebstein - Katja (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  16. ^ Both sides,now〜青春の光と影 | MURAKAMI YUKI 村上ゆき
  17. ^ Mary Hopkin - Live At Royal Festival Hall 1972 (CD, Album) at Discogs