メインメニューを開く

青春の坂道」(せいしゅんのさかみち)は、岡田奈々の4枚目のシングルである。1976年(昭和51年)3月10日発売。発売元はNAVレコード(現・ポニーキャニオン)。

青春の坂道
岡田奈々シングル
初出アルバム『握手しようよ』
B面 恋はかくれんぼ
リリース
録音 1976年
ジャンル アイドル歌謡
時間
レーベル NAV
作詞・作曲 中司愛子、松本隆森田公一
チャート最高順位
岡田奈々 シングル 年表
くちづけ
1975年
青春の坂道
1976年
若い季節
(1976年)
テンプレートを表示

概要編集

作詞はデビュー曲「ひとりごと」から引き続き松本隆、作曲は前作「くちづけ」から引き続き森田公一、編曲はシングル初参加の瀬尾一三による。ジャケット撮影は加納典明による。リリースナンバーはNA-32、定価600円[1]

表題曲「青春の坂道」は、月刊誌明星』(集英社)で歌詞を一般公募し、入選した中司愛子の歌詞を原案に松本隆が作詞したもの。B面「恋はかくれんぼ」も同様で、村上伊津子の原案による。ジャケット表面に「『明星』募集歌」と明記されている[1]

リリース当時、テレビドラマ『俺たちの旅』(ユニオン映画日本テレビ1975年 - 1976年)にレギュラー出演していたが、岡田を主人公にした第22話『少女はせつなく恋を知るのです』(1976年3月7日)の劇中歌として使用された。この劇中歌は歌詞のヴァージョンが違い、一方的な恋の相手であるカースケ(中村雅俊)に向けた真弓(岡田)の思いを描くために「きみ」が「あなた」に変わる等、細部に手が施されている。このヴァージョンは音源としては発表されなかった。この第22話の放映の3日後に本作は発売され、ドラマでの人気も得て、本シングルは彼女の代表的なヒット曲となった。なお、同年の松竹映画『青春の構図』でも挿入歌とされ、主演の岡田が歌うシーンがあるが、これもギターの弾き語りで始まるオリジナルヴァージョン。

なお、岡田が『夜のヒットスタジオ』に初出演したのは第395回、同年5月31日であり[2]、「青春の坂道」発売から2か月半が経過していたが、それだけ本作は息の長いヒットとなっていた。

収録曲編集

  1. 青春の坂道
    • 原案:中司愛子、作詞:松本隆、作曲:森田公一、編曲:瀬尾一三
  2. 恋はかくれんぼ
    • 原案:村上伊津子、作詞:松本隆、作曲:森田公一、編曲:竜崎孝路

CD化音源編集

  • 『岡田奈々 スーパーベスト』 (1986年11月5日発売、廃盤) - 「青春の坂道」
  • 『岡田奈々』 (1989年8月21日発売、廃盤) - 「青春の坂道」
  • 『お元気ですか? 岡田奈々with Love』 (1990年11月21日発売、廃盤) - 「青春の坂道」
  • 『MYこれ!クション 岡田奈々 BEST』 (2001年10月17日発売) - 「青春の坂道」
  • 『ぼくらのベスト アルバム復刻シリーズ 岡田奈々1 (2004年4月21日発売)
アルバム『セブンティーン! 岡田奈々バースディコンサート』 - 「青春の坂道」
アルバム『握手しようよ』 - 「青春の坂道」「恋はかくれんぼ」
  • 『「岡田奈々」SINGLESコンプリート』 (2007年7月18日発売) - 「青春の坂道」「恋はかくれんぼ」
  • 『憧憬+シングルコレクション』 (2008年7月16日発売) - 「青春の坂道」
  • GOLDEN☆BEST 森田公一 ヒット&シングルコレクション』 (2010年1月20日発売) - 「青春の坂道」

関連項目編集

  • 俺たちの旅
  • 守谷佳央理(現・守谷香)(1989年、アルバム『キューティーズ・イン・バリエーション』で「青春の坂道」をカバーした)

編集

  1. ^ a b 同シングルのジャケットの記述を参照。
  2. ^ 夜のヒットスタジオ出演歌手一覧」の項の記述を参照。

外部リンク編集