メインメニューを開く

青春花道」(せいしゅんはなみち)は、ポルノグラフィティの38作目のシングル2013年9月11日SME Recordsから発売された。

青春花道
ポルノグラフィティシングル
初出アルバム『PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary "ALL TIME SINGLES"
B面 エピキュリアン
おいでよサンタモニカ
青春花道(オリジナル・カラオケ)
リリース
規格 マキシシングル
デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POPロック
時間
レーベル SME Records
作詞・作曲 新藤晴一(作詞・詞曲)[1]
岡野昭仁(作詞)[1]
プロデュース 田村充義[1]
チャート最高順位
ポルノグラフィティ シングル 年表
瞬く星の下で
2013年
青春花道
(2013年)
東京デスティニー
(2013年)
ミュージックビデオ
「青春花道(short ver.)」 - YouTube
テンプレートを表示

目次

概要編集

前作「瞬く星の下で」からおよそ6か月ぶりとなる、2013年2作目のシングル。同時にメジャーデビュー15年目突入に向けた2か月連続シングルリリースの第1弾シングルである[3][4][5]。本作のイメージは「昼」となっており、次作「東京デスティニー」は「夜」で、本作とは対の関係にある[6][6]。タイトルが漢字のみの曲がシングルとなるのは、2003年に発表した「」以来2作目。

本作は表題曲「青春花道」をはじめ、カップリング曲に「エピキュリアン」、インスト曲「おいでよサンタモニカ」の3曲に加え、表題曲の「オリジナル・カラオケ」を収録した4トラックス構成。また、付属DVDにはポルノグラフィティ初の海外公演「アニメ・エキスポ2013 in ロサンゼルス」のダイジェスト映像が収録されている[3][4]。リリース形態は、CDのみの「通常盤」、DVDが付属する「初回生産限定盤」の2種類[3][4]。 また、後日談で晴一が「ファンクラブの会報の告知通りに、7月(会報では“夏”)に発売する予定だったけど、なぜかいつの間にか2ヶ月ずれ込む形になった。」と語っている。

収録曲編集

全作曲:新藤晴一

Disc 1(CD)
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「青春花道」(bayfm 2013年9月第1週パワープレイ)新藤晴一 tasuku, Porno Graffitti
2.「エピキュリアン」(BMW「MINI」CMソング)岡野昭仁 篤志, Porno Graffitti
3.「おいでよサンタモニカ (instrumental)」- tasuku, Porno Graffitti
4.「青春花道 (オリジナル・カラオケ)」   
合計時間:

Disc 1(CD)編集

  1. 青春花道 [4:04] [1]
    • 作詞:作曲:新藤晴一、編曲:tasuku, Porno Graffitti
    • bayfm 2013年9月第1週パワープレイ
    仮タイトルは「放課後DAYS」。テーマはポルノグラフィティの2人が青春を過ごした「1980年代」をテーマに、『80'sの懐かしさ漂うメロディと、現代のサウンドが融合した楽曲』[3][4][7]
    『B-PASS』は、「時間の流れの中でがむしゃらだった青春の残像を懐かしい想い出にかえている主人公の歌」と評しており[8]、曲は80年代風の懐かしい雰囲気を漂わせつつ現代的なスタイリッシュなサウンドに仕上がっており、歌詞は良いも悪いも含めた青春の日々を回想し、それを肯定することで今の自分を肯定するメッセージが込められた曲となっている[7][5]
    PV監督はウルフルズスピッツなどのアーティストも手掛ける竹内鉄郎で、次作「東京デスティニー」も手掛けていて、同日に撮影が行われた。
    2013年12月31日の第64回NHK紅白歌合戦では本曲が歌唱された。
  2. エピキュリアン [3:45] [1]
    • 作詞:岡野昭仁、作曲:新藤晴一、編曲:篤志, Porno Graffitti
    • BMW「MINI」CMソング
    本曲では、新藤が作曲した曲に岡野が作詞する形となっている[5]。タイトルの「エピキュリアン(epicurean)」は、「快楽主義者」という意味[9]。作曲した新藤曰く、「今年の夏にしか出せない曲」とのこと[9]。また、「シングルを7月に発売する予定だったから、夏をイメージして作ったけど、もう(発売日周辺は)夏じゃないね。夏じゃないけど、まだ残暑が続くから平気かな?」と語った。
  3. おいでよサンタモニカ (instrumental) [2:35] [1]
    インスト曲[5]。ポルノグラフィティにとって初めての海外公演が行われたロサンゼルスの情景を新藤が書き起こした曲[10]。間奏では、ロサンゼルス公演で会場内に流れたアナウンスが盛り込まれており、また初回生産限定盤に付属する特典DVD(ダイジェスト映像)ではBGMとして用いられている[10]
    • 作曲:新藤晴一、編曲:tasuku, Porno Graffitti
  4. 青春花道 (オリジナル・カラオケ) [4:04] [1]

Disc 2(DVD)編集

  1. ポルノグラフィティ in Los Angels [16:34]

収録アルバム編集

タイアップなど編集

楽曲 タイアップ
青春花道」(M-1 bayfm 2013年9月第1週パワープレイ
エピキュリアン」(M-2 BMW「MINI」CMソング

脚注編集

注釈
参照・出典
リンクを選択すると、詳しい資料を参照できます。
  1. ^ a b c d e f g ポルノグラフィティ『青春花道 【初回生産限定盤】 (SECL-1387〜1388)』 「歌詞カード」記載内容より (SME Records Inc. 2013年9月11日)
  2. ^ 「青春花道」”. オリコン. 2013年12月29日閲覧。
  3. ^ a b c d Sony Music Online Japan「ポルノグラフィティ『青春花道 【初回生産限定盤】』」(2013年9月)
  4. ^ a b c d Sony Music Online Japan「ポルノグラフィティ『青春花道 【通常盤】』」(2013年9月)
  5. ^ a b c d ナタリーポルノ2カ月連続シングル1発目「青春花道」で80年代風に」(2013年8月20日 14:33)
  6. ^ a b STAFF REPORT「10月リリースシングルトラックダウン☆ by マネージャーK (2013-08-25 23:42:59)」(http://6109.jp/pornograffitti/?blog=306972)
  7. ^ a b STAFF REPORT「新曲初フルオンエア!!!! by マネージャーK (2013-08-13 00:40:08)」(http://6109.jp/pornograffitti/?blog=305806)
  8. ^ シンコーミュージック・エンタテイメント『バックステージ・パス B-PASS 2013年10月号(425号)』P.136-141掲載、「B-PASS 2013 OCTOBER Disc Rush!!」(139ページ上から二段目左)
  9. ^ a b STAFF REPORT「「エピキュリアン」音源解禁しました!!! by マネージャーK (2013-08-28 01:35:45)」(http://6109.jp/pornograffitti/?blog=307297)
  10. ^ a b STAFF REPORT「38thシングル「青春花道」リリース!!!!! by マネージャーK (2013-09-11 20:09:46)」(http://6109.jp/pornograffitti/?blog=308686)

参考資料編集

書誌
  • 伊藤博伸、宮本英夫、山口哲夫、山本祥子、吉田可奈「B-PASS 2013 OCTOBER Disc Rush」、『バックステージ・パス B-PASS 2013年10月号(425号)』第29巻第10号、シンコーミュージック・エンタテイメント2012年8月27日、 139頁、 JAN 4910175570436、雑誌 17557-10。
公式サイト・作品
その他の関連ウェブサイト
成文のない情報源

外部リンク編集