青木 一在(あおき かずあり)は、江戸時代中期の摂津国麻田藩の世嗣。

 
青木一在
時代 江戸時代中期
生誕 寛延2年(1749年
死没 明和3年3月26日1766年5月4日
別名 左近(仮名
摂津麻田藩
氏族 青木氏
父母 青木一新
兄弟 一在、お薗ら5男1女[1]
テンプレートを表示

略歴編集

寛延2年(1749年)、麻田藩8代藩主・青木一新の嫡男として誕生。

明和2年(1765年)に江戸幕府10代将軍徳川家治御目見した。しかし、翌年早世した。享年18。

一在没後、伊予国宇和島藩主・伊達村年の三男・一貫が一新の婿養子に迎えられ嫡子となった。

脚注編集

  1. ^ または2女。