青木 一都(あおき かずくに)は、江戸時代中期の大名摂津国麻田藩の第6代藩主。官位従五位下甲斐守出羽守

 
青木一都
時代 江戸時代中期
生誕 享保6年(1721年
死没 寛延2年10月26日1749年12月5日
改名 源五郎(幼名)、一都
戒名 覚翁院殿大徹浄真大居士
官位 従五位下甲斐守出羽守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
摂津麻田藩
氏族 青木氏
父母 青木一典冷泉為経
兄弟 一都見典一新加藤明義室、寅太郎、亀三郎、井上正岑下間頼寛下間仲一
谷衛衝
見典
テンプレートを表示

略歴編集

享保6年(1721年)、第5代藩主・青木一典の長男として誕生した。

享保21年(1736年)、15歳の時に父の死で跡を継いだ。寛延2年(1749年)10月26日、死去。享年29。

嗣子が無かったため、家督は弟の見典が養嗣子として継いだ。

系譜編集