メインメニューを開く

青木三兄弟(あおき さんきょうだい)とは、1990年代に世界的活躍をした群馬県北群馬郡子持村(現在の渋川市)出身の兄弟モーターサイクルロードレースライダー。

長男・青木宣篤(あおき・のぶあつ、1971年8月31日-)、次男・青木拓磨(あおき・たくま、1974年2月24日-)、三男・青木治親(あおき・はるちか、1976年3月28日-)の3名を指す。

目次

長男・青木宣篤編集

現在はスズキ・MotoGPテストライダー及びライディングスクール主催。現役ライダーだが、2010年はシリーズ戦にエントリーしていない。2009年鈴鹿8耐優勝(酒井大作徳留和樹)、ロードレース世界選手権・GP500クラス及びMotoGPクラスの年間ランキング最高位は1997年の3位、1993年マレーシアGP・GP250クラス優勝。

次男・青木拓磨編集

1998年シーズン前のテスト中に下半身不随の重傷を負い、ライダーは引退。ロードレース世界選手権「最高峰クラス」年間ランキング最高位は1997年GP500クラス5位、1995年-1996年全日本ロードレース選手権スーパーバイク2年連続年間チャンピオン。ホンダのレーシングチーム助監督を経て、現在は手動操作が可能な改造車で、四輪レースに出場。2009年ダカール・ラリーに参戦(リタイア)、2010年はスーパー耐久(ST4クラス)にエントリーし、第1戦・筑波で総合23位=クラス9位完走(土屋武士Takamori.com)。吉本興業所属。

三男・青木治親編集

現在はオートレース選手川口オートレース場所属)。1995年-1996年のロードレース世界選手権GP125クラス2年連続年間チャンピオン(GP125クラス通算9勝)。2004年オートレースデビュー、2006年第30回日刊スポーツキューポラ杯争奪戦(川口オートレース場)で記念初優勝。オートレース転向後の2005年鈴鹿8耐に出場し、総合3位・JSB1000クラス優勝(安田毅史/監督は森且行)。

参照編集

外部リンク編集