メインメニューを開く

青木 亮太(あおき りょうた、1996年3月6日 - )は、東京都町田市出身(出生地は愛知県名古屋市)のプロサッカー選手Jリーグ名古屋グランパス所属。ポジションは、ミッドフィールダー

青木 亮太 Football pictogram.svg
名前
カタカナ アオキ リョウタ
ラテン文字 AOKI Ryota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-03-06) 1996年3月6日(23歳)
出身地 東京都町田市
身長 170cm
体重 58kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 名古屋グランパス
ポジション MF
背番号 19
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014- 名古屋グランパス 49 (11)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜 7 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

来歴編集

5歳の時に鶴川FCでサッカーを始めた[1]東京ヴェルディジュニア時代には全日本少年サッカー大会を制し、日本一を経験。中学校卒業後にジュニアユースからユースへ昇格することもできたが、「高校で自分を鍛えたい」という思いから流通経済大学付属柏高校へ進学[2]。1年時は走力不足を理由にBチームに落ちたこともあったが、2年時からはレギュラーを獲得した[1]。3年時の高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグでは、東地区で得点ランク2位の15得点を挙げ、リーグ優勝に貢献。ヴィッセル神戸U-18とのチャンピオンシップも制した。

流通経済大学への進学も一時検討したが、その後プロ入りの意思を固め、2014年より名古屋グランパスへ入団[3][4]。同年2月、J3に参戦するJリーグ・アンダー22選抜に選手登録された[5]。2015年3月の練習中に左膝の前十字靭帯断裂および外側半月板断裂、膝蓋骨脱臼という重傷を負った[6]

2017年になると風間八宏新監督の元でチャンスをつかむと、6月25日のV・ファーレン長崎戦でプロ入り初得点を決めた[7]。この得点から得点力が開花し、アビスパ福岡戦で5試合連続ゴールを達成した[8]。10月29日、第31節のザスパクサツ群馬戦で2得点をあげて、自身初の二桁得点をあげた[9]

所属クラブ編集

ユース経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 名古屋 23 J1 4 0 1 0 0 0 5 0
2015 0 0 0 0 0 0 0 0
2016 1 0 0 0 0 0 1 0
2017 J2 26 11 - 2 2 28 13
2018 J1 18 0 2 1 0 0 20 1
2019 19
通算 日本 J1 23 0 3 1 0 0 26 1
日本 J2 26 11 - 2 2 28 13
総通算 49 11 3 1 2 2 54 14

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2014 J-22 - J3 7 0 7 0
2015 0 0 0 0
通算 日本 J3 7 0 7 0
総通算 7 0 7 0

タイトル編集

クラブ編集

東京ヴェルディジュニア
千葉県国体選抜
流通経済大学付属柏高校

個人編集

代表歴編集

  • 2010年 U-15日本代表
  • 2011年 U-16日本代表
  • 2013年 U-18日本代表候補
  • 2014年 U-19日本代表

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集