メインメニューを開く

青木 健(あおき たけし、1972年 - )は、日本宗教学者静岡文化芸術大学教授(2017年4月着任)。 東京大学文学部卒業、同大学大学院人文社会系研究科博士課程修了[1]2003年「中世インドのイスラーム的ゾロアスター教 アーザル・カイヴァーン学派の思想とサーサーン王朝時代ゾロアスター教からの連続性」で博士(文学)[2]慶應義塾大学言語文化研究所兼任所員[3]。専門はゾロアスター教、イラン・イスラーム思想[4]

目次

著書編集

  • 『ゾロアスター教の興亡 サーサーン朝ペルシアからムガル帝国へ』刀水書房, 2007
  • 『ゾロアスター教』講談社選書メチエ, 2008
  • 『ゾロアスター教史 古代アーリア・中世ペルシア・現代インド』刀水書房・刀水歴史全書, 2008、
    • 『新ゾロアスター教史』同, 2019。全面改稿版
  • 『アーリア人』講談社選書メチエ, 2009
  • マニ教』講談社選書メチエ, 2010
  • 『古代オリエントの宗教』講談社現代新書, 2012
  • 『ゾロアスター教ズルヴァーン主義文献研究 イラン・インドのペルシア語写本蒐集と校訂』刀水書房, 2012

翻訳編集

  • ニコラス・J・ベーカー=ブライアン『マーニー教 再発見された古代の信仰』青土社, 2014

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 青木健『古代オリエントの宗敎』講談社現代新書, 2012年, そで
  2. ^ http://www.l.u-tokyo.ac.jp/postgraduate/database/2002/202.html
  3. ^ 青木健『古代オリエントの宗敎』講談社現代新書, 2012年, そで
  4. ^ 青木健『古代オリエントの宗敎』講談社現代新書, 2012年, そで

参考編集