メインメニューを開く

略歴編集

青木書店創業者である青木春男の二女として東京都神田神保町で生まれた[2][1]。大学[どこ?]卒業後に神保町の出版社[どこ?]へ勤務した後、1981年にデビュー作となる『ライカでグッドバイ』を発表した[1]。第2作である『アメリアを探せ』発表後の1984年に渡米、『ニューズウィーク日本版』ニューヨーク支局長を3年間務める。ニューズウィーク在職中から『諸君!』で「たまらなく日本人」の連載を始め、退職後はフリーランスとして取材・執筆活動を続けている。1987年に作家のピート・ハミルと結婚[1]。ニューヨーク在住。

2003年平成15年)、石井四郎の身の回りの世話をしていた女性に出会い、石井本人が1945年に書いた大学ノート2冊に及ぶ「終戦メモ」を発見した[3]

著者名のクレジット編集

初期の著書には、著者名のクレジットが〈青木貴子〉となっているものも存在する。また、書店のオンラインショップで〈青木冨貴子〉名の検索結果がないサイトもある。

著書編集

  • 『ライカでグッドバイ―カメラマン沢田教一が撃たれた日』文藝春秋、1981年。文春文庫、1985年。ちくま文庫、2013年
  • アメリアを探せ―甦る女流飛行作家伝説』文藝春秋、1983年。改訂版・文春文庫、1995年 
  • 『たまらなく日本人』文藝春秋、1988年。文春文庫、1992年
  • 『ニューヨーカーズ』新潮社、1990年
  • 『星条旗のアメリカ』文藝春秋、1990年
  • デンバーの青い闇―日本人学生はなぜ襲われたか』新潮社、1993年
  • 『ジャーナリスティック・アメリカ U.S.A.通信'90~'94』文藝春秋、1994年
  • 『「風と共に去りぬ」のアメリカ―南部と人種問題』岩波新書、1996年
  • 『ガボものがたり―ハミル家の愛犬日記』新潮社、1997年
  • 『目撃 アメリカ崩壊』文春新書、2001年
  • 『FBIはなぜテロリストに敗北したのか』新潮社 2002年
  • 『731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く』新潮社、2005年。新潮文庫、2008年
  • 『ジョン・アルパート 戦争の真実を映し出す』日本放送出版協会〈NHK未来への提言〉、2008年
  • 昭和天皇とワシントンを結んだ男―「パケナム日記」が語る日本占領』新潮社、2011年。新潮文庫、2013年
  • GHQと戦った女 沢田美喜』新潮社、2015年。新潮文庫、2018年 

脚注編集

  1. ^ a b c d 青木冨貴子. “BIOGRAPHY”. 青木冨貴子オフィシャルウェブサイト. 2012年9月20日閲覧。
  2. ^ “青木春男氏死去/青木書店創業者、同社相談役”. 47NEWS. (2006年5月1日). http://www.47news.jp/CN/200605/CN2006050101001050.html 2012年9月20日閲覧。 
  3. ^ 京都府保険医協会「特集(2)講演録 731部隊の戦後と医の倫理 青木冨喜子氏(作家・ジャーナリスト)」”. 2019年8月11日閲覧。

外部リンク編集