メインメニューを開く

青木 和彦(あおき かずひこ、1961年11月6日 - )は日本のゲームクリエイタースクウェア・エニックス所属。

目次

略歴編集

坂口博信田中弘道と同時期にスクウェアに入社。以後、同社でゲームデザイナーとして活動する。当初は坂口のアシスタント的な役割だったが、チーム分割の際にいわゆるCチームを任され(Aチームは坂口、Bチームは田中が担当)、『半熟英雄』などを制作する。 その後チーム再編成により、『FF』チームに合流。『FFIII』、『FFIV』にてゲームデザインを担当。その後は様々な部署を渡り歩き、数多の作品でチーフ級の役職を務める。煙草の吸い過ぎで『FFIII』の開発中にハードディスクを故障させてしまい、全社禁煙騒ぎを起こしたほどのヘビースモーカーでもある。イベントプランを担当することが多いが、それぞれの人生を持ったNPC同士の物語の展開がシナリオライティングの手法としている。

中村光一堀井雄二すぎやまこういちといった『ドラゴンクエストシリーズ』の開発チームと仕事をした経験を持つ。

作品編集

リメイク作品編集

関連項目編集

外部リンク編集