メインメニューを開く

青木町公園総合運動場(あおきちょうこうえんそうごううんどうじょう)は、埼玉県川口市西青木に所在する運動場である。

目次

施設概要編集

陸上競技場編集

  • 全天候型(400mトラック、8レーン)
  • フィールド(芝生105m×68m)
  • スタンド(2,500人収容)
  • 走り幅跳び
  • 棒高跳び
  • 砲丸投げ
  • 管理棟
    • 会議室
    • 選手更衣室(大会用)
    • シャワー室(大会用)他

野球場編集

  • 硬式軟式野球場(人工芝、両翼95m、中堅118m)
  • ブルペン(1、3塁側)
  • スタンド、バックネット裏(2,000人収容)、内野(1,000人収容)
  • 身体障害者観覧席(12席)
  • 磁気反転式スコアボード
  • ナイター照明6基
  • 管理棟
    • 会議室
    • 選手更衣室
    • 審判員室
    • バットスイング室

庭球場編集

  • 砂入り人工芝コート(12面)
  • 夜間照明塔
  • コンクリートスタンド(1,120人収容)
  • 身体障害者観覧席(6席)
  • クラブハウス
    • 1階役員室・放送室
    • 2階会議室・更衣室
    • 選手更衣室(大会用)
    • シャワー室(大会用)

弓道場編集

  • 射場、近的5人立ち
  • 的場
  • 控室
  • 師範室
  • 鑑的
  • 矢取塚、他

相撲場編集

  • スタンド(100人収容)
  • 本部室、他

ランニングコース編集

  • 全長1,000m、幅2m-4m

アクセス編集

京急車両編集

京浜急行電鉄デハ230形が1979年に川口市に譲渡され、旧市立児童文化センター前に設置された。2003年に川口市立児童文化センターが川口市立科学館に組織変更されてからは、管理がされなくなり、窓ガラスが割れ、塗装がはがれるなどボロボロになった。完全に補修するには1000万円以上かかることから、車両、線路枕木砕石をセットで無償譲渡する公募が行われたが、[1]譲渡先が京浜急行電鉄に決まり、当時を知るOB社員及び総合車両製作所の協力で整備・復元を実施し、みなとみらい地区に完成予定の新本社ビルで保存・展示されることとなった。[2]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集