メインメニューを開く

青柳 正規(あおやぎ まさのり[1]1944年11月21日 - )は、日本の美術史学者、東京大学名誉教授。独立行政法人国立美術館理事長、国立西洋美術館館長、文化庁長官を歴任。2017年度から朝日賞選考委員、山梨県立美術館館長[2]。2019年から学校法人多摩美術大学理事長[3]橿原考古学研究所所長[4]

目次

来歴・人物編集

関東州大連生まれ。1963年東京都立新宿高等学校卒業。1967年東京大学文学部美術史学科卒、1969年同大学院修士課程修了、ローマ大学へ三年間留学、ポンペイ遺跡の発掘に携った。

1972年博士課程退学、東大文学部助手、1979年筑波大学専任講師、1985年東大文学部考古学研究室助教授、1991年教授(文化交流)、東京大学総合研究資料館長(1993年4月 - 1996年3月)、学部長、副学長を経て、2005年定年退官。この間、京都造形芸術大学客員教授を務める。2005年4月国立西洋美術館長。2008年独立行政法人国立美術館理事長。日本学術会議会員。2013年国際学士院連合副会長(2017年10月まで)。2013年から2016年まで文部科学省文化庁長官(民間出身5人目の長官)。2017年山梨県立美術館長。2019年学校法人多摩美術大学理事長、橿原考古学研究所所長。

1977年「エウローパの舟の家」で地中海学会賞受賞、1984年イタリア、ポルト・エンペドクレ賞受賞。1991年「古代都市ローマ」でマルコ・ポーロ賞浜田青陵賞受賞、1992年同書で文学博士号取得。1993年『皇帝たちの都ローマ』で毎日出版文化賞受賞。2002年イタリア共和国功績正騎士勲章受章。2006年紫綬褒章受章。2007年日本学士院会員。2008年イタリアSebetia Ter国際賞受賞。2010年1月の講書始の儀では「ローマ帝国の物流システム」を講義した。2011年NHK放送文化賞受賞。2017年4月、瑞宝重光章を受章。2017年7月イタリアTorquato Tasso賞を受賞。

著作編集

単著編集

共著・監修編集

  • NHK大英博物館 3 ギリシャ・パルテノンの栄光 責任編集 NHK取材班編 日本放送出版協会 1990年12月
  • 「ポンペイの壁画―ヴェスヴィオ山噴火で埋没した地域の壁画集成」岩波書店 1991年3月
  • 新編名宝日本の美術 第33巻 原始美術 小学館 1992年
  • 東アジアの形態世界 西野嘉章共編 東京大学出版会 1994年10月
  • 東京大学コレクション 「描かれたギリシア神話-写真絵巻」平山東子・写真小川忠博 講談社 1998年
  • 世界美術大全集西洋編 第1巻 先史美術と中南米美術 大貫良夫と責任編集 小学館 1995年12月
  • 世界美術大全集西洋編 第5巻 古代地中海とローマ 責任編集 小学館 1997年6月
  • 親子で訪ねる美術館 大原美術館監修 クレオ 1999年
  • 「ポンペイに学べ」糸井重里との対話 朝日出版社 2001年
  • 環流する文化と美 ロナルド・トビ共編 角川書店飛鳥企画 2002年3月
  • 日本海学の新世紀 「イタリアの歓び 美の巡礼中南部編」中村好文共著 新潮社とんぼの本〉 2003年
  • NHKスペシャル ローマ帝国」NHK「ローマ帝国」プロジェクト共著 日本放送出版協会(全3巻) 2004年
  • 「人類はどこへ行くのか 興亡の世界史20」講談社 2009年/講談社学術文庫「興亡の世界史」 2019年-※編集委員、座談会に参加

翻訳編集

参考編集

  • 『駒場1991』『駒場2001』東大教養学部

脚注編集

外部リンク編集


先代:
樺山紘一
国立西洋美術館館長
第9代:2005年 - 2013年
次代:
馬渕明子
先代:
辻村哲夫
国立美術館理事長
第3代:2008年 - 2013年
次代:
馬渕明子
先代:
蓑豊
全国美術館会議会長
第9代:2007年 - 2013年
次代:
建畠晢