青柳正規

日本の歴史学者

青柳 正規(あおやぎ まさのり[1]1944年11月21日 - )は、日本歴史学者考古学者西洋美術史西洋古典考古学)。勲等瑞宝重光章学位博士(文学)東京大学・1992年)。山梨県立美術館館長学校法人多摩美術大学理事長奈良県立橿原考古学研究所所長石川県立美術館館長、公益財団法人せたがや文化財団理事長、東京大学名誉教授日本学士院会員文化功労者

あおやぎ まさのり
青柳 正規
文化功労者顕彰に際して公表された肖像写真
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
生誕 (1944-11-21) 1944年11月21日(77歳)
日本の旗 関東州大連市
居住 日本の旗 日本
イタリアの旗 イタリア
国籍 日本の旗 日本
研究分野 歴史学
研究機関 東京大学
筑波大学
国立西洋美術館
文化庁
山梨県立美術館
奈良県立橿原考古学研究所
石川県立美術館
出身校 東京大学文学部卒業
東京大学大学院
修士課程修了
東京大学大学院
博士課程退学
主な業績 古代ローマ時代の
建築や美術の研究
主な受賞歴 マルコ・ポーロ賞
(1991年)
毎日出版文化賞
(1993年)
NHK放送文化賞
(2011年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

東京大学文学部助手筑波大学講師、東京大学文学部教授、東京大学総合研究資料館館長、東京大学文学部学部長、東京大学副学長国立西洋美術館館長、独立行政法人国立美術館理事長、文化庁長官などを歴任した。

概要編集

関東州出身で西洋美術史西洋古典考古学を専攻する美術史家である。東京大学名誉教授。独立行政法人国立美術館理事長、国立西洋美術館館長、文化庁長官[2]を歴任。2017年度から朝日賞選考委員、山梨県立美術館館長[3]。2019年から学校法人多摩美術大学理事長[4]橿原考古学研究所所長[5]。2020年9月から石川県立美術館館長[6][7]。2021年6月から公益財団法人せたがや文化財団理事長。

来歴編集

生い立ち編集

関東州大連生まれ。1963年東京都立新宿高等学校卒業。1967年東京大学文学部美術史学科卒、1969年同大学院修士課程修了、ローマ大学へ三年間留学、ポンペイ遺跡の発掘に携った。

研究者として編集

 
2021年11月4日、文化功労者顕彰式にて文部科学大臣末松信介(手前右)と

1972年博士課程退学、東大文学部助手、1979年筑波大学専任講師、1985年東大文学部考古学研究室助教授、1991年教授(文化交流)、東京大学総合研究資料館長(1993年4月 - 1996年3月)、文学部長、副学長を経て、2005年定年退官。この間、京都造形芸術大学客員教授を務める。2005年4月国立西洋美術館長。2008年独立行政法人国立美術館理事長。日本学術会議会員。2013年国際学士院連合副会長(2017年10月まで)。2013年から2016年まで文部科学省文化庁長官(民間出身5人目の長官)[2]。2017年山梨県立美術館長。2019年学校法人多摩美術大学理事長、橿原考古学研究所所長。2020年9月石川県立美術館長。2021年6月公益財団法人せたがや文化財団理事長。

1977年「エウローパの舟の家」で地中海学会賞受賞、1984年イタリア、ポルト・エンペドクレ賞受賞。1991年「古代都市ローマ」でマルコ・ポーロ賞浜田青陵賞受賞、1992年同書で文学博士号取得。1993年『皇帝たちの都ローマ』で毎日出版文化賞受賞。2002年イタリア共和国功績正騎士勲章受章。2006年紫綬褒章受章。2007年日本学士院会員。2008年イタリアSebetia Ter国際賞受賞。2010年1月の講書始の儀では「ローマ帝国の物流システム」を講義した。2011年NHK放送文化賞受賞。2017年4月、瑞宝重光章を受章。2017年7月イタリアTorquato Tasso賞を受賞。2019年10月イタリアポンペイ市名誉市民。2021年10月イタリアPremio Internazionale di Archeologia "Amedeo Maiuri"賞を受賞。2021年11月文化功労者

著作編集

単著編集

共著・監修編集

  • NHK大英博物館 3 ギリシャ・パルテノンの栄光 責任編集 NHK取材班編 日本放送出版協会 1990年12月
  • 「ポンペイの壁画―ヴェスヴィオ山噴火で埋没した地域の壁画集成」岩波書店 1991年3月
  • 新編名宝日本の美術 第33巻 原始美術 小学館 1992年
  • 東アジアの形態世界 西野嘉章共編 東京大学出版会 1994年10月
  • 東京大学コレクション 「描かれたギリシア神話-写真絵巻」平山東子・写真小川忠博 講談社 1998年
  • 世界美術大全集西洋編 第1巻 先史美術と中南米美術 大貫良夫と責任編集 小学館 1995年12月
  • 世界美術大全集西洋編 第5巻 古代地中海とローマ 責任編集 小学館 1997年6月
  • 親子で訪ねる美術館 大原美術館監修 クレオ 1999年
  • 「ポンペイに学べ」糸井重里との対話 朝日出版社 2001年
  • 環流する文化と美 ロナルド・トビ共編 角川書店飛鳥企画 2002年3月
  • 日本海学の新世紀 「イタリアの歓び 美の巡礼中南部編」中村好文共著 新潮社とんぼの本〉 2003年
  • NHKスペシャル ローマ帝国」NHK「ローマ帝国」プロジェクト共著 日本放送出版協会(全3巻) 2004年
  • 「人類はどこへ行くのか 興亡の世界史20」講談社 2009年/講談社学術文庫「興亡の世界史」 2019年-※編集委員、座談会に参加

翻訳編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 会員個人情報日本学士院
  2. ^ a b “文化庁長官に国立西洋美術館館長・青柳氏”. J-CASTニュース (株式会社ジェイ・キャスト). (2013年6月21日). https://www.j-cast.com/2013/06/21177771.html 2021年4月20日閲覧。 
  3. ^ “県立美術館:新館長に元文化庁長官の青柳氏 「気軽に来て」 /山梨”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年3月14日). https://mainichi.jp/articles/20170314/ddl/k19/040/105000c 2021年4月20日閲覧。 
  4. ^ 理事長の交代について”. 多摩美術大学 (2019年4月1日). 2021年4月20日閲覧。
  5. ^ 橿考研所長に青柳正規氏 奈良、元文化庁長官(2019年7月8日、日本経済新聞)
  6. ^ 「新館長に青柳前文化庁長 県立美術館来月1日付」(2020年8月25日付け北國新聞朝刊1面)2020年9月12日閲覧
  7. ^ 県立美術館新館長に青柳氏 国立工芸館との連携に意欲(2020年9月3日、北陸朝日放送)2020年9月12日閲覧

関連項目編集

参考編集

  • 『駒場1991』『駒場2001』東大教養学部

外部リンク編集

先代
樺山紘一
国立西洋美術館館長
第9代:2005年 - 2013年
次代
馬渕明子
先代
辻村哲夫
東京国立近代美術館館長
第11代:2008年 - 2008年
次代
加茂川幸夫
先代
辻村哲夫
国立美術館理事長
第3代:2008年 - 2013年
次代
馬渕明子
先代
蓑豊
全国美術館会議会長
第9代:2007年 - 2013年
次代
建畠晢