青柳隆志

日本の男性声優

青柳 隆志(あおやぎ たかし、1961年昭和36年)8月17日 - )は、日本国文学者東京成徳大学教授ディズニーキャラクターミッキーマウス[1]元専属声優

あおやぎ たかし
青柳 隆志
プロフィール
出生地 日本の旗 日本千葉県千葉市
生年月日 (1961-08-17) 1961年8月17日(59歳)
所属 フリー
活動
活動期間 1991年 -
デビュー作 ミッキーマウスディズニーシリーズ)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

来歴・人物編集

千葉県千葉市出身。千葉大学教育学部附属幼稚園卒園。千葉大学教育学部附属小学校卒業。千葉大学教育学部附属中学校卒業。千葉市立千葉高等学校卒業。千葉大学卒業。筑波大学大学院文芸・言語研究科各国文学専攻卒業。東京成徳大学人文学部長兼日本伝統文化学科長(教授)。専門は漢詩文の朗詠だが、近年は和歌及びその周辺要素の研究に取り組んでいる。また、星と森披講学習会講師も兼任している。平成11年度・第17回志田延義賞日本歌謡学会)、平成13年度・第19回田邊尚雄賞(東洋音楽学会)をそれぞれ受賞している。

1991年から2018年まで27年にわたり、副業として、ディズニーのキャラクター・ミッキーマウスの日本語吹替版声優を務めていた[1]。2018年の7月以降は出演を見合わせている。

著作編集

著書編集

単著編集

  • 『日本朗詠史 研究篇』笠間書院、1999年2月。ISBN 9784305701930
  • 『日本朗詠史 年表篇』笠間書院、2001年2月。ISBN 9784305702272

監修編集

  • 岡田崇花『えんぴつでなぞる・CDで歌える百人一首 手習い・耳習いで覚えられる!!』ナツメ社、2007年11月。ISBN 9784816344022

共著編集

  • 『和歌を歌う 歌会始と和歌披講 CDブック』日本文化財団編、笠間書院、2005年9月。ISBN 9784305702944

論文編集

  • 「「朗詠」という語について ―中国詩文から『和漢朗詠集』へ―」『中古文学』第47巻、中古文学会、1991年5月、 61-70頁、 NAID 130007610503
  • 「『朗詠集』に見えない朗詠曲 「朗詠譜本」の十曲」『筑波大学平家部会論集』第3号、筑波大学平家部会、1992年3月、 21-36頁、 NAID 110000526525
  • 「心喪と朗詠」『中古文学』第52巻、中古文学会、1993年11月、 21-30頁、 NAID 130007651058
  • 「朗詠における禁忌 「雲」の朗詠をめぐって」『筑波大学平家部会論集』第4号、筑波大学平家部会、1994年7月、 2-14頁、 NAID 110000526528
  • 「中世の「朗詠」 ―『ニ水記』を中心として―」『中世文学』第46巻、中世文学会、2001年6月、 53-62頁、 NAID 130006341105
  • 「後崇光院と朗詠」『日本文学』第53巻第7号、日本文学協会、2004年7月、 32-41頁、 NAID 110009896854
  • 「披講作法点描」『文彩』第2号、熊本県立大学文学部、2006年3月、 11-17頁、 NAID 120006477414
  • 「大永二年綾小路資能筆和歌披講譜をめぐって」『中世文学』第53巻、中世文学会、2008年6月、 49-57頁、 NAID 130006341276
  • 「山本啓介著『詠歌としての和歌 和歌会作法・字余り歌 ――付<翻刻>和歌会作法書――』」『日本文学』第58巻第6号、日本文学協会、2009年6月、 56-57頁、 NAID 110010027767

声優活動編集

太字は主役・メインキャラクター

吹き替え編集

ゲーム編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 正式な交代発表等は行われていないが、2018年以降、一部アニメやパークでのパレード、ショーにて声優星野貴紀に交代している。
  2. ^ 2019年発売の『キングダム ハーツIII』では収録中から休業に入ったため、担当しているのは一部のイベントシーンのみ。それ以外のボイスは星野貴紀に引き継がれている。

外部リンク編集