日本 > 埼玉県 > 草加市 > 青柳 (草加市)

青柳(あおやぎ)は、埼玉県草加市町名。現行行政地名は、青柳一丁目から青柳八丁目および青柳町。郵便番号は青柳が340-0002[2]、青柳町が340-0007[3]

青柳・青柳町
青柳新橋より望む葛西用水路
青柳新橋より望む葛西用水路
青柳・青柳町の位置(埼玉県内)
青柳・青柳町
青柳・青柳町
青柳の位置
北緯35度51分23.58秒 東経139度49分1.12秒 / 北緯35.8565500度 東経139.8169778度 / 35.8565500; 139.8169778
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Soka, Saitama.svg 草加市
人口
2017年(平成29年)10月1日現在)[1]
 • 合計 16,779人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
340-0002(青柳)[2]
340-0007(青柳町)[3]
市外局番 048(草加MA[4]
ナンバープレート 春日部

地理編集

埼玉県の東部地域で、草加市東部の沖積平野に位置する。地区の概ね中央部を南北に葛西用水路(東京葛西用水)が貫流し、東西に綾瀬川放水路が流れる。東端を南北に八条用水、西端を古綾瀬川屈曲しながら概ね南北に流れる。地内は主に戸建ての住宅地で、北部には水田などの農地も見られる。南部は草加八潮工業団地の区域に含まれ、工業地帯の様相を呈している。葛西用水路の両岸には桜が植栽され、桜並木が整備されている[5]。青柳町は全域が戸建ての住宅地で、境界線となる古綾瀬川の流路跡に緑道が整備されている。

地価編集

住宅地の地価は、2021年令和3年)の公示地価によれば、青柳4丁目12番14号の地点で9万8800円/m2となっている[6]

歴史編集

もとは江戸期より存在した武蔵国埼玉郡八条領に属する青柳村であった[7]

沿革編集

  • 1947年昭和22年)4月1日 - 地内に川柳村立川柳中学校(現、草加市立川柳中学校)が創立される[11]
  • 1955年(昭和30年)8月1日 - 川柳村が草加町に編入され、草加町の大字となる。
  • 1958年(昭和33年)11月1日 - 市制が施行され、同時に大字南青柳から青柳町に地名変更[12]
  • 1962年(昭和37年)4月1日 - 地内に埼玉県立草加高等学校が創立される。
  • 1967年(昭和42年)
    • 6月1日 - 南埼玉郡八潮町との市境変更を実施、青柳町の一部(字大広戸4385・4386)が八潮市に編入され、八潮町大字青柳町が成立[13]
    • 8月1日 - 八潮町との市境変更を実施、八潮市大字松ノ木(松之木)(字上ケ田北496の2他)および大字八条(八條)(字堤外4070他)の各一部を青柳町に編入する[13][7]
  • 1968年(昭和43年)9月1日 - 八潮町大字青柳町が八潮市大字新町の一部となり廃止される[13]
  • 1981年(昭和56年)4月1日 - 地内に草加市立青柳中学校が開校する[14]
  • 1982年(昭和57年)4月1日 - 地内に草加市立青柳小学校が開校する[15]
  • 1990年平成2年)11月1日 - 第6次住居表示が実施され[16]、青柳町の大部分が青柳一丁目〜八丁目に変更。一部に青柳町が半円形の残部として残存する。
  • 1992年(平成4年)11月27日 - 地内に東京外環自動車道が建設され、開通する。前日には国道298号も開通。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁丁目 世帯数 人口
青柳町 52世帯 113人
青柳一丁目・二丁目 493世帯 1,245人
青柳三丁目 673世帯 1,538人
青柳四丁目 650世帯 1,544人
青柳五丁目 980世帯 2,360人
青柳六丁目 1,275世帯 3,136人
青柳七丁目 1,515世帯 3,687人
青柳八丁目 1,287世帯 3,156人
6,925世帯 16,779人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[17]

町丁・丁目 番地 小学校 中学校
青柳町 全域 草加市立八幡小学校 草加市立川柳中学校
青柳一丁目 全域 草加市立青柳小学校 草加市立松江中学校
青柳二丁目 全域 草加市立川柳中学校
青柳三丁目 全域
青柳四丁目 12〜15番
20番〜30番
31番8号
31番11〜12号
31番15〜16号
31番19〜20
31番24号
31番26〜29号
31番32〜36番
その他 草加市立川柳小学校 草加市立青柳中学校
青柳五丁目 1〜23番
その他 草加市立八幡北小学校
青柳六丁目 全域 草加市立青柳小学校 草加市立川柳中学校
青柳七丁目 1〜4番
33〜40番
62〜66番
その他 草加市立川柳小学校 草加市立青柳中学校
青柳八丁目 全域

交通編集

鉄道編集

町域内に鉄道は敷設されていない。最寄り駅は東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)新田駅または同線獨協大学前駅[6]であるが、青柳4丁目12番14号の地点より新田駅までおよそ2.4 km[6]、青柳6丁目24番4号の地点より獨協大学前駅までおよそ3.0 km[6]それぞれ離れている。

道路編集

地域編集

寺社編集

  • 本門佛立宗妙源寺
  • 真言宗三覚院 - 武蔵国八十八ヶ所霊場11、12番
  • 八幡神社
  • 久伊豆神社
  • 白狐稲荷神社
  • 古峰神社

公園・緑地編集

  • 草加市総合運動場
  • 青柳四丁目ふれあい公園
  • 青柳町やなぎ児童遊園
  • 青柳公園
  • 青柳東公園
  • 青柳八丁目公園

※ ほかにも青柳第1公園などのポケットパークが地内に多数設けられている。

施設編集

 
草加警察署青柳交番
  • 草加市立川柳小学校
  • 草加市立川柳中学校
  • 草加市立青柳小学校
  • 草加市立青柳中学校
  • 埼玉県立草加高等学校
  • 学校法人草加青徳学園 青徳幼稚園
  • 草加市立あおやぎ保育園
  • 社会福祉法人浄縁会 じょうえん保育園
  • 草加市立知的障害児通園施設あおば学園
  • 草加八潮工業団地
  • 草加八潮消防局 草加消防署青柳分署
  • 草加警察署青柳交番
  • 草加市環境業務センター
  • 志茂会館
  • 青柳町出戸会館
  • 草加青柳郵便局
  • 草加工業団地内郵便局
  • 草加八潮工業団地福祉センター
  • 東京電力パワーグリッド青柳変電所
  • 草創庵博物館

※ 他にも8丁目に東京ガスの関連施設がある。

かつてあった施設
  • 青柳町山谷公民館 - 6丁目56番2の場所に所在した。墓地が残る。

脚注編集

  1. ^ a b 平成29年 町名別人口”. 草加市 (2017年10月3日). 2017年10月19日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月19日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月19日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  5. ^ 葛西用水桜並木”. 埼玉みどりのポータルサイト(埼玉県庁). 2022年2月27日閲覧。
  6. ^ a b c d 国土交通省地価公示・都道府県地価調査.2022年2月27日閲覧。
  7. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 60頁。
  8. ^ a b 「旧高旧領取調帳データベース」の検索結果も参照。
  9. ^ 学校のあゆみ”. 草加市立川柳小学校. 2022年2月27日閲覧。
  10. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 820頁。
  11. ^ 学校沿革 - 草加市立川柳中学校.2022年2月27日閲覧。
  12. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 1069頁。
  13. ^ a b c 新町 - 八潮市立資料館. 2023年2月26日閲覧。
  14. ^ 本校の概要 - 草加市立青柳中学校. 2022年2月26日閲覧。
  15. ^ 青柳小学校だより令和3年11月1日 第7号” (PDF). 草加市立青柳小学校. 2022年2月27日閲覧。
  16. ^ 住居表示整備事業”. 草加市役所 (2016年4月1日). 2017年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  17. ^ 通学区”. 草加市 (2016年12月12日). 2017年10月19日閲覧。

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104 
  • 『「街の達人」でっか字埼玉便利情報地図2013年2版2刷』昭文社、2013年、55,69頁。ISBN 978-4-398-60135-3 
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目編集

外部リンク編集