メインメニューを開く

青柴 憲一(あおしば けんいち、1912年9月1日 - 1945年11月1日)は、京都府出身のプロ野球選手

青柴 憲一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 (1912-09-01) 1912年9月1日
没年月日 (1945-11-01) 1945年11月1日(33歳没)
身長
体重
174 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1936年
最終出場 1938年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

1930年旧関西六大学野球連盟に加盟した立命館大学野球部に所属。当時の日本最速投手として天下に知られており、京都商業学校時代の沢村栄治(東京巨人軍投手)が目標とする程の存在だった[1]。またプロ野球審判の島秀之助も、戦前で最も印象に残った選手の一人として青柴憲一の名を挙げている[2]。大学時代のチームメイトに後藤正(後に名古屋軍)、村川幸信(後に大東京。社会人野球の明電舎でもバッテリーを組んだ)がいる。

1934年11月8日北海道函館市にある湯の川球場で行われたベーブ・ルース(英語表記: Babe Ruth、ニューヨーク・ヤンキース)率いる全米選抜チーム戦に全日本選抜チームの投手として先発。初回アール・アベリル(Earl Averill、クリーブランド・インディアンス)に満塁ホームランを打たれ、2-5で敗れた。

1934年12月26日、現在の読売ジャイアンツの前身「大日本東京野球倶楽部」が創設されると同時に入団を請われ、立命館大学を中退して入団したが、戦局の悪化にともない陸軍に召集され戦地へ。結局、プロ野球に復帰することなく1945年、平壌第一陸軍病院で病死した[3]喘息の持病があったと言われている。東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。

1947年秋、プロ野球の復活に際し、国民リーグへの参加を目的に元中部日本監督・竹内愛一が京都府出身者を中心に「京都団」というチームの結成を試みた。結局、チーム実現には至らなかったが、当時マスコミに発表されていたレギュラーメンバー予定者9名の中に、戦死したことが判明していなかった青柴の名も含まれていた[4]

野球殿堂博物館には、青柴が1936年に着用したユニフォームが収蔵されている[5]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1936 巨人 2 1 0 0 0 0 2 -- -- .000 19 3.2 8 1 1 -- 0 2 0 0 4 3 7.36 2.45
1936秋 5 2 0 0 0 1 1 -- -- .500 93 21.0 20 0 11 -- 1 8 0 0 7 3 1.29 1.48
1937 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 10 3.0 1 0 0 -- 0 0 0 0 0 0 0.00 0.33
1937秋 13 3 0 0 0 2 1 -- -- .667 215 53.1 35 2 18 -- 1 19 0 0 18 16 2.70 0.99
1938 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 13 3.2 2 0 1 -- 0 0 0 0 0 0 0.00 0.82
通算:3年 23 6 0 0 0 3 4 -- -- .429 350 84.2 66 3 31 -- 2 29 0 0 29 22 2.34 1.15

背番号編集

  • 9 (1935年)
  • 13 (1936年 - 1938年)

脚注編集

  1. ^ 「戦没野球選手慰霊」[1]
  2. ^ 「沢村の『憧れの投手』は青柴憲一」沢村栄治雑学図鑑[2]
  3. ^ 「野球体育博物館」[3]
  4. ^ 『京都団』「日本プロ野球団名一覧」[4]
  5. ^ 1936年のユニフォーム 週刊ベースボール(2006年2月25日発行 第7号)連載「ベースボール博物館」 - 野球殿堂博物館

関連項目編集

外部リンク編集