メインメニューを開く

青森県営スケート場(あおもりけんえいスケートじょう)は、青森県青森市に所在するスケート場である。豊産管理株式会社が指定管理者となっている。

盛運輸アリーナ

Aomori Prefectural Skating Rink1.JPG

施設情報
正式名称 青森県営スケート場
Aomori Prefectural Skating Rink
用途 スケートアイスホッケー
インラインスケート
収容人数 2,028席
事業主体 青森県
管理運営 豊産管理株式会社
構造形式 鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
敷地面積 43,500m²
建築面積 11,884.208m²
延床面積 13,139.325m²
階数 2階
竣工 1985年
所在地 030-0843
青森県青森市浜田字豊田地内
位置 北緯40度47分50.8秒 東経140度45分4.5秒 / 北緯40.797444度 東経140.751250度 / 40.797444; 140.751250座標: 北緯40度47分50.8秒 東経140度45分4.5秒 / 北緯40.797444度 東経140.751250度 / 40.797444; 140.751250
場内の様子

2011年よりサンワドー命名権(ネーミングライツ)を所有していて、2015年まで呼称をサンワアリーナ青森としていた。なお、命名権に関する詳細は後述する。2015年4月1日からは3年契約で市内の運送会社盛運輸が命名権を所有し、現在の呼称は盛運輸アリーナ(もりうんゆありーな)となっている。 [1]

1985年10月竣工。

2007年には世界カーリング選手権が開催された。

シーズンオフとなる夏季も、中古車展示販売会や物産展などの他、大物アーチストによるコンサート会場(2011年度実績より。2011年度よりほぼ毎年開催)等に幅広く利用されている。

なお、隣接地には、同じく盛運輸が命名権を取得している青森市屋内グラウンド(サンドーム)(2018年現在の呼称は盛運輸サンドーム)があるが、県と市とで管理は異なっている。

施設概要編集

  • 敷地面積 43,500m2
  • 建築面積 11,884.208m2
  • 延床面積 13,139.325m2
  • 競技施設
    • スケートリンク(冬期間:アイススケート、夏期間:インラインスケート)
    • スピードリンク(ダブルトラック12m×250m)
    • ホッケーリンク(国際規格30m×60m)
    • 夏期間:ハーフパイプ、ストリートセクション有
  • 観覧席
    • 総席数2,028席
    • 2階(固定席)1,058席
    • 1階観覧席(移動席:ベンチタイプ)690席・(移動席:椅子タイプ)280席

※但し、コンサートに使用の場合は1階観覧席数に変更が生じることがある。

  • 屋外施設
    • 運動広場:面積/3,900m2
    • ジョギングコース:1周/860m

命名権編集

青森県教育委員会2010年9月 - 10月にかけて、県営スケート場に加えて新青森県総合運動公園総合体育館(青い森アリーナ)青森県営野球場の3施設に対して命名権(ネーミングライツ)を募集したものの応募がなく、その後2回目(同年11月 - 12月の間にかけて、契約金額等を緩めた上で実施)の募集で、青森市に本社を置くホームセンターサンワドーが県営スケート場の命名権募集に応募(スケート場では同社以外の応募がなかった)。2011年3月2日に決定通知書が授与され、同年4月1日から2年契約(契約金・年間300万円)を結び、名称を「サンワアリーナ青森」とすることが決定した[1][2][3]

脚注編集

リンク編集