青森県立五所川原農林高等学校

青森県五所川原市にある高等学校

青森県立五所川原農林高等学校(あおもりけんりつ ごしょがわら のうりん こうとうがっこう, Aomori Prefectural Goshogawara Agriculture and Forestry High School)は、青森県五所川原市に所在する公立農林高等学校。通称は「五農」(ごのう)。

青森県立五所川原農林高等学校
Goshogawara-Agriculture-and-forestry-Senior-High-School-front-gate.jpg
過去の名称 北津軽郡立農学校
青森県立農学校
青森県五所川原農学校
青森県立五所川原農業学校
国公私立の別 公立学校
設置者 青森県の旗 青森県
併合学校 南津軽郡立農学校
校訓 正剛明朗
設立年月日 1902年
開校記念日 4月25日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 生物生産科
森林科学科
環境土木科
食品科学科
生活科学科
学期 3学期制
高校コード 02138F
所在地 037-0093 
青森県五所川原市大字一野坪字朝日田12-37

北緯40度49分8.64秒 東経140度29分6.07秒 / 北緯40.8190667度 東経140.4850194度 / 40.8190667; 140.4850194座標: 北緯40度49分8.64秒 東経140度29分6.07秒 / 北緯40.8190667度 東経140.4850194度 / 40.8190667; 140.4850194
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
青森県立五所川原農林高等学校の位置(青森県内)
青森県立五所川原農林高等学校

概要編集

歴史
1902年明治35年)創立の「北津軽郡立農学校」を前身とする。数回の改称を経て1948年昭和23年)の学制改革により、新制の農業高等学校となった。2012年平成24年)に創立110周年を迎えた。
設置課程・学科
全日制課程 4学科
  • 環境土木科
  • 森林科学科
  • 生物生産科
  • 食品科学科
校訓
「正剛明朗」
校章
花弁を背景にして、中央に「農高」の文字(縦書き)を置いている。

沿革編集

旧制・農業学校時代

  • 1902年(明治35年)
    • 1月31日 - 「北津軽郡立農学校」の設立が認可される。乙種農学校で修業年限を3年、定員を120名とする。
    • 5月7日 - 北津軽郡会議事堂を仮校舎として授業を開始。
  • 1913年大正2年)
    • 4月1日 - 南津軽郡立農学校を統合し、「青森県立農学校」と改称。
    • 4月25日 - 開校式を挙行し、以降この日を開校記念日とする。
  • 1919年(大正8年)4月1日 - 「青森県五所川原農学校」と改称。
  • 1929年昭和4年)10月 - 校歌を制定。
  • 1934年(昭和9年)4月1日 - 林業科を新設。
  • 1936年(昭和11年)4月1日 - 園芸科を新設。
  • 1943年(昭和18年)1月1日 - 「青森県立五所川原農業学校」と改称。
  • 1944年(昭和19年)
  • 1945年(昭和20年)
    • 3月 - 学校での授業を停止。ただし勤労動員は継続される。
    • 8月 - 終戦。
    • 9月 - 授業を再開。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 修業年限を5年とする(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)が行われる。
    • 農業学校の募集を停止。
    • 新制中学校を併設し(名称:青森県立五所川原農業学校併設中学校、以下・併設中学校)、農業学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
    • 併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 農業学校3・4年修了者はそのまま在籍し。4・5年生となった(4年修了時点で卒業することもできた)。

新制・農業高等学校

  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により農業学校は廃止され、新制高等学校青森県立五所川原農林高等学校」が発足。
    • 農業学校卒業者(5年修了者)を新制高校3年生、農業学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業者(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
    • 併設中学校を継承し(名称:青森県立五所川原農業高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に農業学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
  • 1949年(昭和24年)3月31日 - 併設中学校を廃止。
  • 1949年(昭和25年)4月1日 - 農村家庭科を新設。
  • 1962年(昭和37年)4月1日 - 農産製造科を新設。
  • 1963年(昭和38年)
  • 1970年(昭和45年)
  • 1972年(昭和47年)4月1日 - 文部省によりA型自営者養成農業高等学校に指定される。
    • (藤崎町立)青森県藤崎農芸高等学校を統合し、藤崎分校とする。
  • 1973年(昭和48年)8月3日 - 新寄宿舎が完成し、「菊水寮」と命名。
  • 1974年(昭和49年)
  • 1975年(昭和50年)8月4日 - 全国高等学校総合体育大会の相撲競技で優勝。
  • 1989年(平成元年)4月1日 - 畜産科を食品化学科に転換。生活科を生活科学科に改称。
  • 1990年(平成2年)4月1日 - 学科改編により、園芸科を生物工学科に転換。
  • 2002年(平成14年)
    • 1月30日 - 生徒会館「泪流合」が完成。
    • 10月20日 - 創立百周年記念式典を挙行。
    • 11月18日 - 女子合宿所「耕心庵」を改装。
  • 2005年(平成17年)4月29日 - 自然科学部、みどりの日自然環境功労者として環境大臣より表彰を受ける。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 学科改編に伴い、農業科と生物工学科の募集を停止。生物生産科を新設。
  • 2009年(平成21年)から2010年(平成22年)にかけて校舎の耐震補強工事を実施。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 学科改編に伴い、林業科・農業土木科・食品化学科の募集を停止。森林科学科環境土木科食品科学科を新設。
  • 2015年(平成27年)12月 - 高校では全国で初めて、農産物の安全性に関する国際的な認証規格「グローバルGAP」を取得[1]。認証とその取得に向けた活動を通じて、以前は半分以下だった農業関連の就職・進学率が6割に増加[2]

アクセス編集

著名な出身者編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集