青森県道203号常海橋銀線

日本の青森県の道路

青森県道203号常海橋銀線(あおもりけんどう203ごう じょうかいばししろがねせん)は、青森県北津軽郡板柳町から青森市浪岡に至る一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
青森県道203号標識
青森県道203号 常海橋銀線
制定年 1961年
起点 北津軽郡板柳町大字常海橋(地図
県道196号交点
終点 青森市浪岡大字銀(地図
県道285号交点
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道196号標識
青森県道196号五林平藤崎線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
都道府県道34号標識
青森県道34号五所川原浪岡線
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道285号標識
青森県道285号浪岡藤崎線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

北津軽郡板柳町常海橋で青森県道196号五林平藤崎線から分岐し、南津軽郡藤崎町福館を経由して青森市浪岡大字下十川で青森県道285号浪岡藤崎線に合流する。

路線データ編集

  • 起点:北津軽郡板柳町大字常海橋[1]
  • 終点:青森市浪岡大字銀[1]

歴史編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線の施設編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 県道の路線の認定”. 青森県 (1961年2月10日). 2014年5月17日閲覧。

関連項目編集