青森観光バス株式会社(あおもりかんこうバス)は、青森県青森市に本社を置く観光貸切専業バス事業者である。

青森観光バス 株式会社
Aomori Kanko Bus Inc.
AomoriKankoBus 346.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
038-0023
青森県青森市細越字栄山589-2
設立 1985年11月26日
業種 陸運業
法人番号 2420001004600 ウィキデータを編集
事業内容 一般貸切自動車旅客運送事業
代表者 代表取締役社長 木村英敬
資本金 4,000万円
外部リンク http://www.aomori-kanko-bus.co.jp/
テンプレートを表示

また、少数ながらもジャンボタクシー車両も保有している。

営業所編集

  • 本社(青森ナンバー)
    • 青森県青森市細越字栄山589-2
  • 三沢営業所(八戸ナンバー)

沿革編集

  • 1985年(昭和60年)11月26日 - 設立。
  • 2021年(令和3年)1月12日 - ねぶたん号と青森市市バスの一日乗車券(ねぶたん号は2日券も含む)のキャッシュレス決済での購入が可能になる[1]。但し、キャッシュレス決済で購入できるのは、フリールートカードなど青森市市バスで利用できる1日乗車券は、青森市営バスの窓口[2]の4か所、ねぶたん号1日乗車券・2日乗車券は、青森市観光交流情報センター(青森駅前)・あおもり観光情報センター(新青森駅構内)の2か所のみで、青森観光バスでは扱わない[3]
  • 2022年(令和4年)春 - ねぶたん号と青森市市バスで、青森地域連携ICカード「AOPASS」が使用可能となる(予定)[4]

運行受託編集

あおもりシャトルdeルートバス「ねぶたん号」編集

 
ねぶたん号
社会実験運行として青森市総合都市交通対策協議会から運行を受託し、2010年8月1日に運行を開始[5]
  • 運行経路(2014年8月1日改正)
    • コース1(志功館行き)・コース2(三内丸山行き)
三内丸山遺跡前 - 県立美術館前 - 新青森駅東口(3番乗り場) - 古川(6番乗り場。志功館行きのみ)/古川一丁目(三内丸山行きのみ) - 青森駅前(7番乗り場) - アスパム[6] - 県立郷土館前 - 棟方志功記念館
    • コース3(始発便のみ))
三内丸山遺跡前 - 県立美術館前 - 新青森駅東口(3番乗り場) - 津軽海峡フェリーターミナル前 - アスパム前 - 青森駅前(7番乗り場) - 県立郷土館前 - 棟方志功記念館
    • コース4(最終便のみ)
三内丸山遺跡前 - 県立美術館前 - 新青森駅東口(3番乗り場) - 津軽海峡フェリーターミナル前 - アスパム前 - 青森駅前(7番乗り場)
    • 大人:200円、小学生:100円、未就学児:無料(一日乗車券:大人500円・小学生250円あり)
  • 運行経路の変遷
    • 2010年8月1日 - 青森駅発着で運行開始。
    • 2010年12月4日 - 新青森駅発着に変更。一部便はフェリーターミナルに乗り入れ。
    • 2014年8月1日 - 三内丸山遺跡 - 新青森駅東口 - 青森駅 - 棟方志功記念館前のルートに変更。

青森市市バス(旧:青森市市民バス)編集

「青森市総合都市交通戦略」に基づき、一部市営バス路線の再編を実施した。

孫内地区市民バス編集

  • (古川 - 西滝 - 石江 - 新城駅前 - 戸門 - )鶴ヶ坂駅前 - 鶴ヶ坂山本 - 孫内
    • 孫内線の代替として運行。古川 - 孫内間と鶴ヶ坂駅前 - 孫内間の2系統。

岡町地区市民バス編集

  • 古川 - 駅西口通り - 沖館 - 新田 - 油川下町 - 油川小学校前 - 岡町 - 厚生病院前 - 新城駅前 - 西部営業所
  • (古川 -西上古川 - 西郵便局前 - ガーラタウン前 - 木材港前 - 油川下町 - 油川中学校前 - 油川市民センター前 - )油川中学校通り - 油川駅前 - 十三森 - 油川小学校前 - 岡町 - 厚生病院前 - 新城駅前 - 西部営業所
    • 岡町線の代替として運行。古川 - 西部営業所間、古川 - ガーラタウン - 西部営業所間、油川中学校通り - 西部営業所間の3系統。

高田地区市民バス編集

高田線
  • 古川 - 南旭町 - 甲田中学校通り - 大野十文字 - 農協会館前 - 青森朝日放送前 - 荒川筒井通り - 高田日野 - 高田小学校前 - 高田中学校前(南旭町・荒川バイパス・高田バイパス経由)
  • 古川 - 南旭町 - 甲田中学校通り - 大野十文字 - 農協会館前 - 青森朝日放送前 - 八ツ役 - 荒川十文字 - 荒川筒井 - 高田日野 - 高田教育福祉センター前 - 高田中学校前(南旭町・八ツ役・高田教育福祉センター経由)
  • 古川 - 柳町通り - 中央大橋 - 大野十文字 - 荒川筒井通り - 高田日野 - 高田小学校前 - 高田中学校前(中央大橋・荒川バイパス・高田バイパス経由)
  • 高田中学校前 → 高田小学校前 → 高田日野 → 荒川筒井通り → 青森朝日放送前 → 農協会館前 → イトーヨーカドー青森店前
  • 高田中学校前 → 高田小学校前 → 高田日野 → 荒川筒井 → 荒川十文字 → 農協会館前 → イトーヨーカドー青森店前
青い森病院線
  • 古川 - 柳町通り - 中央大橋 - 大野十文字 - 荒川筒井通り - 高田日野 - 高田小学校前 - 高田中学校通り - 追分 - 青い森病院前(中央大橋・荒川バイパス・高田バイパス経由)
大柳辺線
  • 古川 - 南旭町 - 甲田中学校通り - 大野十文字 - 農協会館前 - 青森朝日放送前 - 荒川筒井通り - 高田日野 - 高田小学校前 - 高田中学校前 - 大柳辺入口(南旭町・荒川バイパス・高田バイパス経由)
  • 古川 - 柳町通り - 中央大橋 - 大野十文字 - 荒川筒井通り - 高田日野 - 高田小学校前 - 高田中学校前 - 大柳辺入口(中央大橋・荒川バイパス・高田バイパス経由)
入内線
  • 古川 - 南旭町 - 甲田中学校通り - 大野十文字 - 農協会館前 - 荒川十文字 - 荒川筒井 - 高田日野 - 高田教育福祉センター前 - 高田中学校通り - 追分 - 入内(南旭町・荒川十文字・高田教育福祉センター経由)
  • 古川 - 柳町通り - 中央大橋 - 大野十文字 - 農協会館前 - 荒川十文字 - 荒川筒井 - 高田日野 - 高田教育福祉センター前 - 高田中学校通り - 追分 - 入内(中央大橋・荒川十文字・高田教育福祉センター経由)

歴史編集

  • 2012年10月1日 - 青森市営バスから孫内線と岡町線を委託。
  • 2013年10月1日 - 青森市営バスから高田線を委託。

車両編集

 
貸切車

関連会社編集

  • 三協運輸
  • 三協自動車工業
  • 三協クリーンサービス
  • 秋田観光バス

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 乗車券販売窓口でのキャッシュレス決済が始まりました (PDF)
  2. ^ 東部営業所・西部営業所・青森駅前案内所・NTT青森支店前発売所
  3. ^ また、バス車内など先述の発売箇所以外での購入は現金のみ。
  4. ^ “青森市交通ICカード、愛称「AOPASS」”. 東奥日報. (2021年4月24日). オリジナルの2021年4月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210424133708/https://www.toonippo.co.jp/articles/-/507790 2021年4月25日閲覧。 
  5. ^ 青森市内周回「ねぶたん号」出発[リンク切れ]東奥日報:2010年8月2日(2010年11月25日閲覧))
  6. ^ 乗り場は当館西側にあるバス乗り場ではなく、正面入り口前に専用バス停が設置されている。

外部リンク編集