メインメニューを開く

青竹 正一(あおたけ しょういち、1944年2月27日[1] - )は日本商法学者法学博士(名古屋大学)。小樽商科大学名誉教授。

目次

来歴[2]編集

北海道岩見沢市出身。1967年北海道大学法学部卒業。1969年、北海道大学大学院法学研究科修士課程終了(指導教授:平出慶道)。北海道大学法学部助手。1972年、小樽商科大学商学部専任講師。1973年、小樽商科大学商学部助教授。1980年名古屋大学で論文にて法学博士号を取得。1982年小樽商科大学商学部教授。1986年カリフォルニア大学バークレー校ロースクール客員研究員(~1987年)。1994年、小樽商科大学商学部企業法学科長(~1995年)。2002年、小樽商科大学名誉教授。千葉大学法経学部教授。2004年大阪大学大学院高等司法研究科(法科大学院)教授。2007年専修大学法学部教授。2014年専修大学を定年退職。2002年大隅健一郎賞受賞。

研究編集

専門は会社法株式に関する研究。特に小規模閉鎖会社を研究。

主著編集

  • 『小規模閉鎖会社の法整備』(文眞堂、1979年)
  • 『続小規模閉鎖会社の法整備』(文眞堂、1988年)
  • 『現代会社法の課題と展開』(中央経済社、1995年)
  • 『閉鎖会社紛争の新展開』(信山社出版、2001年)
  • 『現代会社法講義』(編著中央経済社、1996年初版・2001年第4版)
  • 『会社法』(信山社出版、2003年)
  • 『特別講義 改正商法総則・商行為法』(成文堂、2005年初版・2012年第3版)
  • 『新会社法』(信山社出版、2006年初版・2010年第3版)

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.294
  2. ^ 以下につき、『専修法学論集 第120号』(専修大学法学研究所、2014年3月)333~335頁

外部リンク編集