メインメニューを開く
この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

青緑1号(あおみどり1ごう)は、日本国有鉄道(国鉄)が定めた名称の一つである。

青緑1号
慣用色名称「エメラルドグリーン」
 
16進表記 #009786
RGB (0, 151, 134)
マンセル値 2BG 5/8
出典 鉄道ジャーナル通巻217号 特集「鉄道車両 色彩の美学」
青緑1号を地色とした常磐線103系
青緑1号の帯を巻いたお座敷列車「なのはな」

目次

概要編集

国鉄部内での慣用色名称は「エメラルドグリーン」である。マンセル値は「2BG 5/8」。

1967年(昭和42年)に常磐線103系が投入される際に、ラインカラーとして採用された。エメラルドとなったのは、当時の高度経済成長下、宝石がブームになっていたことが理由とされている[1]。その後、常磐線は1971年に常磐快速線常磐緩行線に分離したが、両線とも車体色に同じ青緑1号を使用している。

様々な場面で同じ色を使用していた国鉄色の中、この青緑1号については長らく常磐線の直流電化区間(および成田線我孫子 - 成田間)に使用される車両の色としてのみ使用され、他線区で使用されたことはなかった。1986年に千葉鉄道管理局がお座敷列車「なのはな」を登場させるにあたって窓下の帯に青緑1号を採用したことが、国鉄時代において「主として常磐線に用いられる目的でない車両」に塗られた唯一の事例である。また、通勤形に採用された5色の中で唯一、旧形国電への使用例が無い。

国鉄分割民営化後には、西日本旅客鉄道(JR西日本)の加古川線で使用される気動車の車体地色として採用され、同線電化後に投入された103系電車にも引き継がれている。

また、JR西日本和歌山地区の電車において、2010年以降の新塗装で用いられる色(青緑一色塗装)もこの色に近い色合いである。

使用車両編集

脚注編集

  1. ^ 鉄道ジャーナル」 1985年3月号 P.35


近似色編集

関連項目編集