青葉繁れる

井上ひさしの小説

青葉繁れる』(あおばしげれる)は、井上ひさしの小説である。

概要編集

江戸時代仙台藩一円知行かつ地方知行の本拠だった仙台城青葉城)の城下町を基礎に、明治以降は東北地方の拠点として発展した宮城県仙台市において、「日本一の名門校・日比谷高校」から「東北一の名門校・仙台一高[※ 1]」に転校してきた渡部俊介(わたべ しゅんすけ)が、仙台一高の落ちこぼれ4人組と巻き起こす明朗青春劇として描かれている。

この作品の原作は、井上ひさしの仙台一高在学時代(1950年 - 1953年)の経験をもとにしている[1]が、戦後占領期1945年 - 1952年)に一部重なり、当時の仙台には進駐軍が多く駐屯していた(仙台朝市#沿革参照)。

同校で同じ新聞部の一学年上の菅原文太らのエピソードが取り入れられており、同校に隣接する宮城県第二女子高校(現・宮城県仙台二華高校)で井上と同学年だった若尾文子がヒロイン・若山ひろ子のモデルとされる[2][3]

1973年(昭和48年)に文藝春秋にて単行本化[4]1974年(昭和49年)にて文庫本化[4]2008年(平成20年)にて文庫本の新装版[4]となった。

1974年(昭和49年)4月5日から5月31日までTBSにテレビドラマ化され、同年9月21日岡本喜八監督によって映画化された[5]。映画の製作は東宝映画、配給は東宝カラーで上映時間は87分[5]

テレビドラマ編集

放送時間編集

  • 金曜日 20:00~20:55 (全9話)

スタッフ編集

キャスト編集

放送局編集

特筆の無い限り全て同時ネット。

映画編集

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 原作や映画では"宮城一高"として描かれている。

出典編集

  1. ^ スクリーンに描かれた街 仙台 - せんだいメディアテーク
  2. ^ 佐藤忠男 (2011年1月4日). “スクリーンに風格を添える宮城出身の映画人たち 月形龍之介に始まり、菅原文太、鈴木京香、宮藤官九郎まで”. WEDGE Infinity. 2020年7月28日閲覧。
  3. ^ 西館好子. “元夫「井上ひさし」 名作の「ネタ元」だった菅原文太さん――盟友・戦友・旧友が語った素顔の「菅原文太」 『週刊新潮』2014年12月11日号”. 矢来町ぐるり. 新潮社. 2014年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月28日閲覧。
  4. ^ a b c 映画「青葉繁れる」観てきました”. 新・東雲(しののめ) (2010年6月6日). 2020年7月28日閲覧。
  5. ^ a b 映連データベース「青葉繁れる」一般社団法人 日本映画製作者連盟
  6. ^ 『北國新聞』1974年4月5日付朝刊、テレビ欄。
  7. ^ 『北日本新聞』1974年4月5日付朝刊、テレビ欄。

参考文献編集

関連項目編集